「好き」「嫌い」こそがヒエラルキーの頂点&パクチーの種差し上げます。

パクチーを愛好します。
同様にパクチーが好きな方を最近よく見かけますし、
パクチーを扱うお店も増えて来てます。



その一方で、ダメな方はとことんダメなのが、パクチーの面白いところです。
モーセが海を割ったがごとく、パクチーに対する「好き」「嫌い」は、美しく2分される例が多いように感じます。
この「好き」「嫌い」の力ほど侮れないものはありまあせん。
五感を超え、理屈を超えて、そのふたつは人間に影響を及ぼしつづけるからです。



人間界においてピラミッドの頂点に君臨する者は「通貨」を支配する者ですが、
人間の行動規範を支配するピラミッドの頂点に立つ者こそが、
「好き」と「嫌い」です。
このふたつこそが、人間行動規範界の王と王女です。

「善」「悪」、「正しさ」「間違い」よりも、「好き」「嫌い」は上にあります。
「好き」「嫌い」が、一人の人間のあらゆる行動はもちろん、
一人の人間の「善」「悪」、「正しさ」「間違い」の基準をも決定してしまうのです。

そして、いかなる「真理」がどこでどう語られようとも、それがいち個人から語られている言葉である限り、
どう足掻こうとも「好き」「嫌い」の下僕であることから逃れることはできません。

人間行動規範界においては「真理」ですらも、王にはなれないのです。





これは最近撮影した、私が育てているパクチーです。

IMG_20160514_145252_convert_20160516211632.jpg


パクチーとしての食べごろはとっくに過ぎてしまい、花が咲き、花が散ったところに、種となる実がなります。
つぶつぶの丸いのがそうです。これが茶褐色になったときが、種の収穫タイミングです。



ご覧のとおり、今年のものはまだ収穫期ではありませんが、
去年のパクチーの種が、たくさんあります。
ジップ付きビニールに入れ、冷蔵庫に入れておけば、3年くらい保管できます。
(それ以上も可能かもしれないのですが、3年以上保管した種を蒔いたことがありません)



植える場所が足りず持て余していたので、
もし育ててみたいという方がいらっしゃいましたら、
定形外郵便で郵送しますので、
「どみどりくん」あるいは「じゃっく」へのメッセージのところから、
「パクチーの種を希望」と記入のうえ、住所と名前を送信してください。

送り主の住所は書かずに郵送しますので、
変にお礼の気づかいなどしなくていいので安心です。
小分けにして10人くらいに送れると思います。



暑い時期は上手く育ったためしがないので、
9月下旬~10月上旬くらいに植えるのがお勧めです。
涼しい地域であれば今から植えてもうまく育つかもしれません。
試しに半分だけ、今植えてみるのもいいかもしれませんね。
で、残り半分は夏が過ぎた頃に。

東京でしか育てたことがありませんが、
たくましく冬を越します。
むしろ寒い方が好きなんじゃないかと思えるほどです。
冬の間は、ほったらかしです。水やりもしません。
それでも春になると、ごらんのとおり立派な花を咲かせ、たくさんの種を実らせます。
慣れれば私のように、毎年種が収穫でき、自家製パクチーにありつくことができますよ。



もし失敗したら、またメールください。
そのとき種が残っていればですが、再度郵送します。

IMG_20160509_091944.jpg













あなたのその身に、
いかなる逆境や順境が待ち受けているとしても、
どみどりくんは変わらず、
いずれあなたにおとなうであろう「発見」によりそっています。

今日のあなたを「ふしぎ発見」へといざなう音楽

「admire / EGO-WRAPPIN' (エゴラッピン)」
作詞 中納良恵

手をとり並び歩いたから
影ができた 2つ
大好きだから
あなたの影は踏まないように
ゆっくりと進む






この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

さよこさん

そのカードはアジア系の輸入雑貨のお店で買ったものだよ。
確か、インドのだったかな。

パクチーとはたぶん関係ないけれど、言われてみて「あ!パクチーの葉の形に似てるかも!」と思った!ほんとにパクチーだったりして。

10月はベストタイミングだよ。

ブログのような言葉だけじゃなく、自分が可愛がってる植物が広まっていくっていうのは、ささやかだけどうれしいね。


受け取ってくれてありがとう。


No title

どみどりくん

パクチーの種が届きました!!

ありがとう!!

とっても素敵なケルティック風なカードですね。

この絵柄がパクチーの葉っぱと実かな?

種が思ったより大きいです。

10月に入ったら蒔き始めますね。

わたしが育てた種も、誰かに送れるといいな。

さよこさん

連絡ありがとうございます。

東京だと9月下旬以降にならないと上手く育たない可能性大です。

ぼくが試しに植えた今月のパクチーは、暑さでほぼ全滅してます泣



到着楽しみにしていてください。

No title

どみどりくん

わたしもパクチーを育てて見たくなりました。

種を送ってください。

住所は
〒162-0041
新宿区早稲田鶴巻町564 蓮池ビル401
ちびまる行政書士事務所 上野小夜子

です。

楽しみにまってまーす。さよこ

sayamaさん

ぼくも生春巻きは大好物です。

というより、タイ料理やベトナム料理全般好きです。

自分でグリーンカレーを作ることもあります。

No title

たまに行くタイ料理屋のパクチーつつんだ生春巻きが絶品す。
ワンクリックいただけると励みになります。
最新投稿
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
「どみどりくん」あるいは「じゃっく」へのメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
どみどりな応援者
RSSリンクの表示
QRコード
QR
やあやあ、よく来てくれたね。

じゃっく&どみどりくん

Author:じゃっく&どみどりくん
オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』の、姉妹ブログ『どみどりくんの、世界ふしぎ発見』に遊びに来てくださりありがとうございます。管理人のじゃっくと申します。

『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』が「表通り」を行くブログなら、こちらのブログは「裏通り」を行くブログです。
両方合わせてようやく私のメッセージの完成形となりますが、選り好みして「表通り」だけ見てもらってもまったく問題ありません。
来るべきときが訪れたなら、おのずと「裏通り」も歩かされている自分を発見されますから(ニヤリ)

で、この「裏通りブログ」が何故に必要なのかと申しますと、早い話が「表通り」だけでは解決できない、処理しきれない問題(絶体絶命のピンチ)に、人は前触れもなく遭遇するからです。
誰しものそのときのためにこそ、私「じゃっく」が、フシギニストである「どみどりくん」に扮し(チャネリング?)ながら、この「裏通りブログ」は存在し続けます。


「世界ふしぎ発見」とは言っても、某テレビ番組が世界における「目に見えるふしぎ」を発見して紹介するのとは趣がちがい、このブログでは世界における「目には見えないふしぎ」の発見を書き記することを趣旨としています。

ですが、「目には見えない」とは言っても、「UFO」「超能力」「幽霊」といった類のものとは趣が違いますし、「スピリチュアル」ともまたちょっと違うのかもしれません。
「哲学」「宗教」とも言い切れませんし、「自己啓発」「人生哲学」ともまた少し違うかもしれません。

しいて言うなら、みなさんが今まで生きてきた中で、学校教育や家庭教育やマスメディアによって抗いようもなく培われ、育くまれた「常識」「当たり前」「思い込み」「偏見」「先入観」などをとっぱらった先にある「あるがままの世界」あるいは「究極の羅針盤」の発見ってところでしょうか。


たとえばですが、

『きみが何を考え、何に思い悩み、何を行為しようとも、きみ自身は実は何もしていないのさ』

いきなりこんなことを断言されたとしたら、どう思うでしょうか。
「うん、そうだと思ってた!」という方は、おそらくは皆無に近いかと思われます。
おそらくは「あ…ちょっとこの人、ヤバイ宗教とか入ってる感じの人なんだろうな。かかわらないようにしよう…」
おおかたそんなところではないでしょうか。

ですが、私は特定の宗教を信仰していませんし、歴史上の人物や現存するいかなる人物も、敬いはしても崇拝するような対象にはなりません。この先もずっと。




そもそもはこの「裏通りブログ」から私のブログ人生が始まり、私を通路として見い出されるふしぎ発見を、誰かと分かち合い、この「リアル人生ゲーム」に活かしたいがために、2つ目のブログ『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』を作るにまで発展してきました。

「分かち合い」ほどの、いち人生を賭けるに値する究極の財宝、自他一挙両得のベストバイブスは、他に見当たりませんもの。
自分がまずうれしいし、同時に誰かもうれしいだなんて、はっきり言って
最高!

じゃないですか。







「ふしぎ発見!」の終わりに、みなさまを発見へといざなう楽曲も紹介しています。よろしければあわせて楽しんでください。
※和訳した歌詞は、英語力のない私がグーグル翻訳を参考に、個人的解釈で訳したものなので、ちょっとおかしいよっていう訳もあるかと思いますが、大目に見ていただけましたら幸いです。

カテゴリの中の「スーパーふしぎ発見」には、ブログの核となる発見かな、と思われるものを並べています。まあ、だからどうってわけでもありません。

カテゴリの中の「映画」がいざなうふしぎ発見については、ネタバレしているものがほとんどなので、どうか「この映画これから見ようとしてたのに(泣)」なんてことにならないようお気を付けください。

一度投稿した「ふしぎ発見!」も、一年くらい間隔をあけて読み返すと「うーん…なんでこんなふうに書いたんだろう」「この表現は不適切だなあ」「今ならこんな言葉は使わないなあ」といったことがよくあります。
私はまったくいとわず何度でも記事を修正します。
修正することによって、伝えるべきメッセージが進化しつづけていることを私自身実感できますし、過去記事と現在の記事とで違いすぎるがために読者を混乱におとしいれてしまうような事態も軽減されます。
投稿日に対してコメントの日付が古い記事は、「あ、修正した記事なんだな」と思ってください。




ツイッターもやってます。
業者の方や宣伝目的の方じゃなければ、出来うる限りフォロー返ししています。