長期常温保存できる「塩麹」と「醤油麹」の作り方

やあやあ
蒸した日々がつづくけど
みんな元気にやってるかい

面倒くさがり屋なぼくが
面倒くさがり屋なみんたのために
抜けるだけ手を抜きながらも
なるだけ財布にやさしく
身体にもやさしく
家族や友人にも喜ばれる
微生物活用法やお料理を紹介する
どみどりクックパッドの時間だよ!



今日ご紹介するのは
知ってる人も多いと思うけれど
知らない人のための
万能調味料
塩麹&醤油麹



塩麹と醤油麹の
なにがいいかって
これ以上に
なんにでも使えて
誰も嫌いな人がいなくて
有用微生物が生きていて
なおかつ
美味い調味料は
他に見当たらないこと



発酵しているだけに
身体にやさしいしのはもちろん
小学生でも作れるくらいに簡単
それでいて
保存料なんて添加しなくたって
長期常温保存ができる
まさに
万能調味料さ



生麹乾燥麹
そのどちらかさえ用意してくれれば
あとはどこの家にもあるものしか
必要ないんだ




乾燥麹を使う場合は
もっともスーパーで見かけるこれ
「みやここうじ」
51TUh4FzGCL.jpg


最初はこれがお手軽かもしれない
使わない乾燥麹は
常温で保存しておけるし
アマゾンで現在500gで810円
500gあれば
かなりの量が作れるんだ



生麹を使う場合は
ぼくはこのマルカワ味噌さんの
「自然栽培玄米麹」
「自然栽培白米麹」をおすすめするよ
DSCN0101_convert_20160626202755.jpg

無肥料無農薬栽培の麹であるにもかかわらず
お値段は現在500gで864円と
「みやここうじ」とほとんど変わらないのがすごいね
しかも
自然栽培だからなのか
普通の生麹よりも発酵力が尋常じゃないし
びっくりするほど美味しいんだ



常温保存できる乾燥麹に対し
冷やして保存しなきゃならない生麹は
不便に思う方もいるかもしれない
けれども
冷凍庫にスペースがある方なら大丈夫
まとめ買いして
1年近く冷凍していたものを使ったことがあるけれど
ぼくは問題なく使えたよ




作り方は
本当に簡単

まずは密閉可能な
蓋のある瓶
を用意するよ
中身が取り出しやすいように
広口瓶
(タッパーみたいな密閉性が低い容器だと
常温保存は厳しいかもしれない)

使う頻度にもよるけれど
じゃっくみたいな三人家族だと
500gくらいの容量の瓶が
一番使い勝手がいいらしい
DSCN0100_convert_20160626223456.jpg





ここに乾燥麹
もしくは生麹
200g投入
(今回はマルカワ味噌さんの
「自然栽培玄米麹」で作るよ)
DSCN0102_convert_20160626223523.jpg




次に
乾燥麹であれば260cc
生麹であれば200cc
DSCN0103_convert_20160626223531.jpg





最後に
乾燥麹であれば70g
生麹であれば60g
DSCN0104_convert_20160626223541.jpg





棒かなにかで混ぜるよ
DSCN0105_convert_20160626223551.jpg




あとは蓋をして
作った日付を書いて終わり
DSCN0106_convert_20160626223606.jpg




生麹であれば
今の時期なら
常温で
2週間も置いておけば
出来上がり
乾燥麹であれば
もう少し待ったほうがいいかもね
(毎日まめにかき混ぜ
空気を入れてあげれば
もっと早く出来上がるよ)





おすすめのストック方法は
同じ瓶を3つくらい用意し
ひとつの瓶がなくなったら
その瓶に塩麹を作り
(有用微生物を洗い流すのはもったいないから
洗う必要はないよ)
その瓶の塩麹が
完成するまでのあいだ
次の完成済みの塩麹を
使えばいいっていう
ローテーションを
ずっとくりかえせばいいんだ



たとえばこれは
うちの塩麹だけれど
DSCN0110_convert_20160626231937.jpg
左のが
今回作ったやつ
真ん中のが
三ヶ月前に作ったやつ
右のが
半年前に作ったやつで
現在使ってる塩麹




真ん中のと右のを
見ればわかるように
発酵が完了すると
麹が上に浮いたようになるから
それが完成の合図

最初に使うときは
よくかき混ぜてから使ってね





味噌
元気が出るジュースと一緒で
蓋を開けっ放しにしたりしない限り
腐ったりなんかしないから
ずっと常温保管で大丈夫だよ
(なんらかの理由で
万が一腐ったらごめんね
でもぼくは腐ったことないよ)




ちなみに
醤油麹の作り方
生麹であれば
生麹と醤油の比率を
1:1にして
瓶に投入し
かき混ぜ
発酵するのを待つだけ

乾燥麹であれば
乾燥麹と醤油の比率を
2:3にして
瓶に投入し
かき混ぜ
発酵するのを待つだけ

左の瓶のようになったら
発酵完了さ
DSCN0111_convert_20160626231917.jpg











きみのその身に
いかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
ぼくは変わらず
いずれきみにおとなうだろう「発見」によりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見」へといざなう音楽

「Henning Schmiedt(ヘニング・シュミット) - etwas später」




パクチーの種を差し上げます。
詳しくはこちらの記事↓を読んでみてください。

http://domidorikun.jp/blog-entry-435.html

希望のメールを下さった方へ 
メールを送信してから10日経っても届かないようでしたら、またメールください。




この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

「元気の出るアイス」の作り方だよ

やあやあ
みんな元気かい

面倒くさがり屋なぼくが
面倒くさがり屋なみんたのために
抜けるだけ手を抜きながらも
財布にも身体にもやさしく
家族や友人にも喜ばれる
微生物活用法やお料理を紹介する
どみどりクックパッドの時間だよ!



今日はというと
数日前に紹介した
元気の出るジュースの応用編
その名も
「元気の出るアイス」!


このブログを見てくれている
きみのことだから
当然
元気の出るジュースは
作ってみたんでしょう?
という想定のもとに
早速レシピを紹介していくよ


あまりに簡単すぎて
卒倒必至!




まずはこれ

IMG_20160612_095024.jpg
IMG_20160612_095051_convert_20160615000055.jpg


100円ショップでも売ってる
これがないと
元気の出るアイスは始まらないよ




次に
きみの家の冷蔵庫に眠る
アイツ(元気の出るジュース)を取り出し

IMG_20160608_130616.jpg





8分目か7分目まで注ぐよ

IMG_20160612_095315_convert_20160615000106.jpg




なぜ満タンまで入れないのかというと
満タンまで入れると
あふれた状態で凍っちゃうから
(凍ると入れた位置より嵩が増すんだ)



だからね
このくらいにとどめるのが正解

IMG_20160612_095339_convert_20160615000119.jpg




その日の気温や機嫌によって
やたら泡立って注ぎにくいときや
言うことを聞いてくれないときもあるけれど
できあがりのアイスを食べたなら
そんな微生物のちょっとした気まぐれなんて──


「かわいいもんさ💛」
そう思えること請け合い!




さあ
そんなわけで
あとはただ冷凍庫に投入するのみ!

数時間もすれば──








ほうらね

IMG_20160613_084635_convert_20160615000129.jpg




このとおり!

IMG_20160613_084700.jpg




見よ!
この美しいシャーベット状のアイスを!

ただのジュースを凍らせても
固くて噛めやしない
単なる甘い氷ができあがるだけだけれども
このアイスは断じてちがうよ!



ほうらね!

IMG_20160613_084716.jpg





ほどよい食感!
微生物がいい具合に糖分を分解してくれているから
ほどよい甘さ!
しかも微生物は凍ったって死なないから
整腸作用も発揮!


アイス製造メーカーに
恨まれなきゃいいけどっていうくらいの
死角なしのアイスのできあがり




さあて
みんなも子供たちも
元気の出るアイスで
暑い夏を乗り切ろう!





補足をひとつ
アイスを1本
ケースから取り出すときは
無理に引っ張らず(プラスチックの棒が折れるから)
取り出したいアイスの下を
利き手と反対の手で
温めながら
利き手で耳を持って
やさしく左右にずらそうとすると
上手に抜けるよ














きみのその身に
いかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
ぼくは変わらず
いずれきみにおとなうだろう「発見」によりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見」へといざなう音楽

「Cokiyu(コキユ) / Hedgehog's Wedding」



パクチーの種を差し上げます。
詳しくはこちらの記事↓を読んでみてください。

http://domidorikun.jp/blog-entry-435.html

希望のメールを下さった方へ 
メールを送信してから10日経っても届かないようでしたら、またメールください。




この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

「元気の出るジュース」の作り方だよ 後編

この世には
微生物が住み着いてる食品
微生物が住み着いてない食品とがあって


前者を生鮮食品
後者を加工食品と呼ぶよ


つまりは
人間だけなんだよね
微生物がいない食品を
食べる生き物
っていうのは
(加工食品を与えられるペットや
人間のゴミを漁る生き物もかな)



紙パックのりんごジュースだってそう
缶詰にされた食品や
スナック菓子や
レトルト食品や
あらゆる加工飲料は
すべて滅菌されてから
封をされた食品だよ


手軽な味覚の快楽や
味の変わらなさや
長期保管が可能という
便利さと引き換えに
人類が微生物を摂取する機会が
激減したことは事実だけれども
加工食品があるからこそ
生鮮食品の良さがわかる
そういう豊かさの形もあることを
加工食品は教えてくれたよ




そして
「賞味期限」という表記がある食品は
微生物が完全に駆逐された食品だから
味や触感や見た目がわるくなることはあっても
腐敗することがないんだ
封を開けない限りはね
なんせ
善玉菌も悪玉菌も日和見菌も
どれもそこにはいないんだもの
そりゃあ腐りようがない

一方で
「消費期限」の表記の
意味するところは
「滅菌処理はされてないから
この日を過ぎると
だんだん腐って来るよ~」
ってこと



そんなわけで
滅菌処理されていない
自然界に存在する自然物であれば
いかなる自然物でも
りんごジュースを発酵させることは
可能なんだけれども
例外もあるんだ



たとえば
農薬によって
有用微生物が死滅した
自然物だったり
鮮度や環境や
農薬の影響によって
悪玉菌優位の環境が
できあがっている自然物なんかだと
りんごジュースに投入しても
発酵は失敗に終わるんだ



けれどもぼくは
5年以上このジュースを飲み続けてきて
発酵が失敗した経験は
一度もないよ




昨日ご紹介した
お米を数粒投入した
りんごジュースの三日後が
ご覧のとおり
発酵完了
(写真だとわかりにくいね)

IMG_20160608_130616.jpg



このようにして
親指で側面を押したときに
膨張によって
ペットボトルがパンパンになって
押すことができなくなったときが
発酵のサイン

IMG_20160608_130638.jpg



軽く振ってやると
勢いよく泡立つし
ガスの泡とちがって
とても有機的な
もくもくっとした泡が立つから
すぐに違いはわかると思うよ

IMG_20160608_130755.jpg





これは我が家の現在の
元気が出るジュース

IMG_20160608_131030.jpg

何年も同じペットボトルを使っていると
プラスチックの内壁に
このように
びっしりと根を張ったようになってくるんだ

IMG_20160608_131049.jpg

中身がなくなってきたなら
ふたたび
お好みの果汁100%ジュースをそそぎ
発酵するまで
常温で置いておくだけ

最初の発酵にだけ
成功してしまえば
あとはもう大丈夫

全部なくなってからそそいでも
中を水ですすいだりしなければ
わずかに残った有用微生物が
必ずや再び
発酵へと導いてくれるよ


残っているジュースの量によって
発酵までの時間が
早くなるか遅くなるかの違いだけ

この夏の時期は
発酵までがとにかく早いよ
1割残しておけば
東京なら3~4時間もあれば
発酵完了


そして
発酵したと同時に
冷蔵庫に保管
してね


じゃないと
有用微生物は
甘いものが大好物だから
気温が高いと
活動量が加速し
どんどん糖分を分解していってしまって
最終的には
まったく甘くなくなってしまうよ


元気が出るジュースなだけに
元気がよすぎて
蓋を開けた瞬間に
勢いよく飛び出すことがままあるから
慎重に開けてね!
(あ… これはやばそうだ
と感じたなら
布巾で蓋を覆いつつ
ガスを少しずつ抜き
様子を見ながら
蓋を開けるといいよ)



ちなみに
初心者は
りんごジュースか
オレンジジュースがおすすめ

甘いもの好きの方は
ぶどうジュース

甘いのが苦手な方は
グレープフルーツジュースがおすすめだよ



同じペットボトルの中で
違う種類のジュースを
入れ替わり立ち代わり注いでも
なんの問題もないから安心して

蓋さえちゃんとしていれば
1年経っても
腐ることはないんだ
(じゃっくが実践済み)
発酵させるために使った自然物は
入れっぱなしでもいいし
気になるようなら取り出してもOKだよ




そうやって
元気の出るジュースは
5年以上ものあいだ
じゃっくと家族の健康を
支えて来てくれたよ


今じゃ
じゃっくは
可愛さあまって
ペットとして飼っている感覚で
名前まで付けちゃったとか

「微生物」 だから 「びっつ」

IMG_20160612_030130.jpg


こうやっていつも
500mlペットボトルに
びっつを携帯して歩くとか
(内壁がびっつですごいことになってるね!)



そうしてじゃっくが
びっつをお裾分けした
近所のお友達や
職場の仲間はもちろんのこと
ブログを見て実践してくれたみんなからもまた
元気の出るジュースは広まっていって
半永久的に
みんなのあたりまえの健康を
護っていってくれるはずだよ


滅菌処理され
繊維質を取り除き
糖分だけを抽出した
果物ジュースという
とても健康的ではない飲み物が
紙パックジュース代だけで
そのまま飲むよりずっと美味しい
スーパー健康飲料
に変わる
このすごさ
みんなも是非とも試してみてよ





なんてったって
日々
腸内環境を
有用微生物で満たすわけだから
免疫力はアップするし
(食べすぎてないこともあるけど
じゃっくは若い頃に比べて
本当に身体が丈夫になったよ)
お通じがよくなるし
(これはじゃっくのお母さんにも
お墨付きをもらっているらしいよ)
つまるところ
腸が健康になるということは
美容や若返りなんかにも
繋がっていくことになるんだ
(ただし
暴飲暴食ばかりしていると
腸内環境がよくなる余地がないし
いくらこのジュースを飲んでも
焼け石に水)

効果に個人差はあると思うから
自分に効くかどうかは
まずは試してみるのが一番さ




近日
この元気の出るジュースを応用した
この時期には欠かせない
子供でもできるアイツの作り方を
伝授しちゃうよ!












きみのその身に
いかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
ぼくは変わらず
いずれきみにおとなうだろう「発見」によりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見」へといざなう音楽

「栞 / Suburban featuring Shing02」

そう、出来よりも詰め込んだ気持ちが
伝わればそれで充分だから
流れに逆らわずに自然の意の向くままに、
赴くままに。




パクチーの種を差し上げます。
詳しくはこちらの記事↓を読んでみてください。

http://domidorikun.jp/blog-entry-435.html

希望のメールを下さった方へ 
メールを送信してから10日経っても届かないようでしたら、またメールください。




この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

「元気の出るジュース」の作り方だよ 前編

今日はというと
このブログ始まって初の
なんと
クックパッドな企画だよ!



宿命的な病でもない限り
高水準の健康は
大金をかけなくても手に入る
ということ
そして微生物から見えて来る
たくさんの神秘
たくさんのふしぎ発見
レシピを実践してもらったり
へえ~と驚いたりしながら
感じてもらえたなら
幸いさ



一回目の今日は
じゃっくとその家族が
毎日飲んでる定番健康飲料
その名も
「元気の出るジュース」




みんなは
「炭酸飲料」と聞けば
お店で買わなければ
手に入らない物であると
思っているんだと思うけれど
「炭酸ガス」ではなく
「微生物」でもって
「炭酸」が作れると聞いたら
おどろくでしょう?




しかもそれが
半永久的に
つぎ足すだけで
飲み続けられる
炭酸健康飲料だとすれば
こんなにいい話は
他ではたぶん聞けないよ

ぼくのところに
いつも遊びに来てくれる
きみへのプレゼントさ





早い話がこれは
「有用微生物」による
「発酵作用」を利用した
「発酵食品」にほかならないんだ





じゃあ早速レシピの紹介
まず初めに
「炭酸飲料が入ってたペットボトル」を
用意してほしいんだ
なぜ炭酸なのかというと
炭酸飲料用のペットボトルは
ペットボトルが膨張しても大丈夫なように
強度が考えられて作られてるから





たくさん飲む人は
1.5Lか2Lのが望ましいけど
500mlでもOKだよ


そんなわけでぼくは
空にした「キリンレモン」の
1.5L容器を
用意したよ

IMG_20160605_231748.jpg




ここに
スーパーやコンビニなんかで売ってる
紙パック入りの
果汁100%の果物ジュースを
用意するんだ


今回はりんごジュース

IMG_20160605_231832.jpg




ペットボトルに
注ぎ入れるよ

IMG_20160605_232110.jpg




そして問題は
このただのりんごジュースを
どうやって発酵させるか


ぼくが初めて
このジュースを作ったときは
ぼくの生まれ故郷の酒蔵
仁井田本家で扱われる
無肥料無農薬米酒から作られた
酒粕を
投入したんだけれども──



実はこの
投入するものに関しては
自然に生息するものであれば
なんだって構わない
んだ



微生物と言えば
「EM」の比嘉照夫農学博士
思い浮かべる方も
多いと思うんだけれども
実は微生物は
お金を出して買わなくたって
そこら中にいるし
宇宙やぼくらを
細分化していった
果てにあるものが
素粒子であるように
あまりにあたりまえに
身近に存在しているもの
なんだ



だからぼくは
微生物の関心度や
認知度を広めたその点に関しては
比嘉博士の貢献度は
とても高いと考えているんだけれども

あたりまえにあるものを使って
過剰なビジネスに広げてしまったことは
いささか余計だったのかなと思ってる

そのせいで
微生物のイメージは
懐疑的な人々にとって
余計にわるいものに映ってしまい
そのせっかくの効果までもが
インチキであるかのような
レッテル貼りさえ
行われるようになってしまったから




今日は
うちにあった玄米を数粒
投入することにするよ
有機米でもなんでもない
普通の玄米だよ

IMG_20160605_231949_convert_20160611035122.jpg



なぜお米かって?
いやね
入れるものは
野菜だっていいんだ
その辺に生えてる雑草だっていい
ただし
有用微生物が
そこにいなければ
発酵は起こらない





さてさて
それじゃあお米を投入

IMG_20160605_232204_convert_20160611035132.jpg


常温の状態で
しばらくのあいだこのまま
放って置いておくと───







じゃっかん長くなっちゃったから
次回につづく!でごめんね










きみのその身に
いかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
ぼくは変わらず
いずれきみにおとなうだろう「発見」によりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見」へといざなう音楽

「Aretha Franklin(アレサ・フランクリン) / Think」

You need me (need me)
and I need you (don't you know)
Without eachother there ain't nothing people can do
あなたにはアタシが必要だし
アタシにもあなたが必要
二人一緒じゃなきゃなにもできやしないの




パクチーの種を差し上げます。
詳しくはこちらの記事↓を読んでみてください。

http://domidorikun.jp/blog-entry-435.html

希望のメールを下さった方へ 
メールを送信してから10日経っても届かないようでしたら、またメールください。




この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

このブログが役に立ってると思った方はぼく↓をクリックしてもらえるとうれしいです。
最新投稿
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
「どみどりくん」あるいは「じゃっく」へのメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
どみどりな応援者
RSSリンクの表示
QRコード
QR
やあやあ、よく来てくれたね。

じゃっく&どみどりくん

Author:じゃっく&どみどりくん
オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』の、姉妹ブログ『どみどりくんの、世界ふしぎ発見』に遊びに来てくださりありがとうございます。管理人のじゃっくと申します。

『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』が「表通り」を行くブログなら、こちらのブログは「裏通り」を行くブログです。
両方合わせてようやく私のメッセージの完成形となりますが、選り好みして「表通り」だけ見てもらってもまったく問題ありません。
来るべきときが訪れたなら、おのずと「裏通り」も歩かされている自分を発見されますから(ニヤリ)

で、この「裏通りブログ」が何故に必要なのかと申しますと、早い話が「表通り」だけでは解決できない、処理しきれない問題(絶体絶命のピンチ)に、人は前触れもなく遭遇するからです。
誰しものそのときのためにこそ、私「じゃっく」が、フシギニストである「どみどりくん」に扮し(チャネリング?)ながら、この「裏通りブログ」は存在し続けます。


「世界ふしぎ発見」とは言っても、某テレビ番組が世界における「目に見えるふしぎ」を発見して紹介するのとは趣がちがい、このブログでは世界における「目には見えないふしぎ」の発見を書き記することを趣旨としています。

ですが、「目には見えない」とは言っても、「UFO」「超能力」「幽霊」といった類のものとは趣が違いますし、「スピリチュアル」ともまたちょっと違うのかもしれません。
「哲学」「宗教」とも言い切れませんし、「自己啓発」「人生哲学」ともまた少し違うかもしれません。

しいて言うなら、みなさんが今まで生きてきた中で、学校教育や家庭教育やマスメディアによって抗いようもなく培われ、育くまれた「常識」「当たり前」「思い込み」「偏見」「先入観」などをとっぱらった先にある「あるがままの世界」あるいは「究極の羅針盤」の発見ってところでしょうか。


たとえばですが、

『きみが何を考え、何に思い悩み、何を行為しようとも、きみ自身は実は何もしていないのさ』

いきなりこんなことを断言されたとしたら、どう思うでしょうか。
「うん、そうだと思ってた!」という方は、おそらくは皆無に近いかと思われます。
おそらくは「あ…ちょっとこの人、ヤバイ宗教とか入ってる感じの人なんだろうな。かかわらないようにしよう…」
おおかたそんなところではないでしょうか。

ですが、私は特定の宗教を信仰していませんし、歴史上の人物や現存するいかなる人物も、敬いはしても崇拝するような対象にはなりません。この先もずっと。




そもそもはこの「裏通りブログ」から私のブログ人生が始まり、私を通路として見い出されるふしぎ発見を、誰かと分かち合い、この「リアル人生ゲーム」に活かしたいがために、2つ目のブログ『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』を作るにまで発展してきました。

「分かち合い」ほどの、いち人生を賭けるに値する究極の財宝、自他一挙両得のベストバイブスは、他に見当たりませんもの。
自分がまずうれしいし、同時に誰かもうれしいだなんて、はっきり言って
最高!

じゃないですか。







「ふしぎ発見!」の終わりに、みなさまを発見へといざなう楽曲も紹介しています。よろしければあわせて楽しんでください。
※和訳した歌詞は、英語力のない私がグーグル翻訳を参考に、個人的解釈で訳したものなので、ちょっとおかしいよっていう訳もあるかと思いますが、大目に見ていただけましたら幸いです。

カテゴリの中の「スーパーふしぎ発見」には、ブログの核となる発見かな、と思われるものを並べています。まあ、だからどうってわけでもありません。

カテゴリの中の「映画」がいざなうふしぎ発見については、ネタバレしているものがほとんどなので、どうか「この映画これから見ようとしてたのに(泣)」なんてことにならないようお気を付けください。

一度投稿した「ふしぎ発見!」も、一年くらい間隔をあけて読み返すと「うーん…なんでこんなふうに書いたんだろう」「この表現は不適切だなあ」「今ならこんな言葉は使わないなあ」といったことがよくあります。
私はまったくいとわず何度でも記事を修正します。
修正することによって、伝えるべきメッセージが進化しつづけていることを私自身実感できますし、過去記事と現在の記事とで違いすぎるがために読者を混乱におとしいれてしまうような事態も軽減されます。
投稿日に対してコメントの日付が古い記事は、「あ、修正した記事なんだな」と思ってください。




ツイッターもやってます。
業者の方や宣伝目的の方じゃなければ、出来うる限りフォロー返ししています。