ここからはきみ次第。きみがきみの「命にふさわしい」選択をする番だよ。

なんだかんだ言っても結局のところ
お金がすべてだよねっていう
そういう価値観の人は
このブログは読まないだろうけれども
そういう価値観で生きる人たちを
きみだったら軽蔑するだろうか
こころが貧しい人間だと思うだろうか

ぼくはというとね
「そういう人生もあるよね」っていう
ただそれだけのこと
なんだ



結局のところ
地位と権力を勝ちえた人こそが
もっとも幸福で
もっとも安全で
人生の勝者であると
言い聞かせられ
育まれてきた
そんな人は
このブログは読まないだろうけれども
そういう価値観で生きる人たちを
きみだったら軽蔑するだろうか
こころが貧しい人間だと思うだろうか

ぼくはというとね
「そういう人生もあるよね」っていう
ただそれだけのこと
なんだ



自分さえよければ
他人を蹴落としたっていい
他人を見殺しにしてもいい
この世界は
弱肉強食であると
裏切りや背徳にもまれ
あらゆる負の要素を
当たり前の前提に
生きざるをえなかった
そういう人は
たぶんこのブログは読まないだろうけれども
そういう価値観で生きる人を
きみだったら軽蔑するだろうか
こころが貧しい人間だと思うだろうか

ぼくはというとね
「そういう人生もあるよね」っていう
ただそれだけのこと
なんだ



どんな残念な人だろうと
どんな気取った人だろうと
どんな立派な人だろうと一緒だよ
このぼくが
今の肉体ではなく
ほかの別な誰かとして
まったく同じ肉体を享受し
まったく同じ時代
まったく同じ環境や文化
まったく同じ人間関係の中で生きたならば
寸分たがわぬ歯車の噛み合いの中で
寸分たがわぬ人生を生きるのだから
その肉体を得たぼくは
たとえば他人を蹴落とし
たとえば他人を見殺しにし
たとえば地位と権力にしがみつく
その肉体の人生と同じ人生を生き
その肉体の人生と同じ最期を迎える
んだ


どうしてかって?
肉体が個としてのその人を象っている
鋳型のようなもの
だからね

肉体をとっぱらってしまえば
誰しもに個性なんてものはなくて
みんながたったのひとつだけの存在



肉体を失ったなら
魂や霊体やエーテル体のようなものとして
「個」は保たれるんじゃないかって?

それもまた先の話とおんなじ
魂や霊体が見える人には
魂や霊体が見える人の真実があって
守護霊や高次元の存在と会話ができる人には
守護霊や高次元の存在と会話ができる人の真実があって
どれが正しいわけでもないし
どれが間違っているわけでもない




ぼくにとっては
魂も霊も高次元も神も命も空(くう)も仏も真理も
どの言葉もみんなおんなじ

今日はペペロンチーノにしようかな
ナポリタンもいいな
でもやっぱりジェノベーゼかなっていう
そのていどのちがい

そしてそれもまた
「ぼくにとっての真実」にすぎない




さあ
ここからはきみ次第
きみがきみの「命にふさわしい」選択をする番だよ

だいじょうぶ
きみがいかなる選択をしようとも
真の意味できみから何かが失われるようなことは
決してないんだから








きみのその身に
いかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
ぼくは変わらず
いずれきみにおとなうだろう「発見」によりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見」へといざなう音楽

「命にふさわしい / amazarashi」
作詞 秋田ひろむ

友達ができた
理想を分かち合った
向かうべき場所に
歩幅すら共にした
裏切られたっていいと
道端ひれ伏すような
酩酊の夜明けこそ
命にふさわしい




パクチーの種を差し上げます。
詳しくはこちらの記事↓を読んでみてください。

http://domidorikun.jp/blog-entry-435.html

希望のメールを下さった方へ 
メールを送信してから10日経っても届かないようでしたら、またメールください。




この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

きみの肉体よりも近い場所で きみによりそう者がいるよ ☆

世界に内包された
すべての存在する者たちはね

自立してるとか
他人任せだとかに関係なく

お互いに依存しあっていて
お互いに依存しあっていない存在なんて
どこにもひとつもなくて

その相互の依存()によって
日々の出来事はきつづけていてね
だから釈迦はこのことを縁起と呼んだんだ



でね
たとえばだけれど
一個のボールを動かすには
外側からそのボールへと
なんらかの力が加わわらないといけないよね

そしてまた
そのボールがそこに存在してなければ
ボールの外側に存在する力は
そのボールへと
力を加えることができないよね



ボールが
ボール自身だけで
何かをすることはできないし
外側にあったものも
外側にあったもの自身だけで
何かをすることはできない




つまりこの世界は
個が
個のみにて 
何らかの行為をすることが
絶対にできないシステム
ってわけ



こころという名の
不可視な力もまた同じさ

相互依存のシステムにしたがい
不可視と不可視を行き交っているこころ

この不可視な力もまた
目に見えて存在するものと同じく
目に見えずして存在するものなんだ



ところがその
思ったり考えたりするための 
対象になるイメージとなるもの 
それがないことには
そもそもの その
思ったり考えたりという行為 
それ自体を 
することができなくて



たとえばきみが
何も考えず 何もすることなく
お風呂やトイレでただ一人 
ぼおーっとするときがあるでしょう?

そんなときに
自分では思いもよらない
予想だにできなかった考えやアイデア
難しい問題の答えや解決方法が
きみの中に前触れもなく
ふと湧き起こる という体験

誰にでも一度はあるんじゃないかと思うんだけれど
きみはどうだろう

そしてそのことが
どういうことを意味するのかに
気づいてくれるといいな



ぼくが何を言いたいのかというとね
なんらかの思い 考えが
きみの中に起こるためには
外側から 
きみの精神へ触れえる
なんらかの力が 
加わらなきゃいけない

そしてまた
きみの精神が 
そこになければ
外側から力を加える者は
きみの精神に 
触れることができないということ




個が
個のみにて 
何かをすることはできないし
個が
個のみにて 
光りを灯すことはできないってこと


このことは つまりね
きみの精神
大切な何かを届けること
そのことをよりどころにして
そのことによって 
自らの存在意義を確認し
きみとともに 
共生する存在

きみの肉体よりも
きみに近い場所で 
きみによりそっている
ということにほかならないんだ



きみはもちろん 
共生者もまた
きみなしでは 
生きることができない
んだ


IMG_20161219_222554_convert_20161227162930.jpg












きみのその身に
いかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
ぼくは変わらず
いずれきみにおとなうだろう「発見」によりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見」へといざなう音楽

「Stella / Sketch Show(スケッチ・ショウ)」
作詞 細野晴臣
作曲 Sketch Show

Jingle Jungle 星の粉を
蒔いて いつか 人に育つ
Jingle Jungle 人は消えて
光る星とともに生きる




パクチーの種を差し上げます。
詳しくはこちらの記事↓を読んでみてください。

http://domidorikun.jp/blog-entry-435.html

希望のメールを下さった方へ 
メールを送信してから10日経っても届かないようでしたら、またメールください。




この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

誰かの孤独に寄り添うときにのみ、きみの孤独は消滅する世界だよ

当人が放つ
その
まばゆければ
まばゆいほどに
その光量に比例するがごとく
闇(孤独)ってやつは
どこまでもどこまでも深みを増し
当人ですら気がつかない間に
手遅れになってゆく
ものさ



SMAPの5人
長い年月に渡って
日本のマスメディアを席巻した
目が眩むほどの光輝は
同時に彼らに
絶望的なまでに
修復不可能な
深い深い闇(孤独)を
忍ばせていったのかもしれない



暴行事件を起こしてしまった
俳優の高畑裕太氏もまた
自らのポテンシャルを超え
日に日に増してゆく
名声と
名声には及ばない実際の自分との
誤魔化しようもないギャップに
さいなまれ
苦しんだ闇(孤独)のひずみから
自らの理性を
踏みつぶしてしまうほどの
ゆがんだ邪悪な欲望が
暴走してしまったのかもしれない





過剰にメディアは
ひと握りの成功者
ひと握りの勝ち組
日々ピックアップし
編集技術によって
更にピカピカに
彼ら彼女らを磨き上げ
常人の目には
眩しすぎる量の光を
たれ流しつづけ
煽りたてつづけ──

その光には
到底及ばない自らを
自己否定し
満たされない承認欲求を
怒りと闇(孤独)とともに
激しくつのらせる
犯罪者予備軍たちを
生み出している

けれども
メディアが映さないだけで
成功者や
勝ち組の者たちもまた
当人にしか理解しえない
闇(孤独)を抱えてるんだ






テレビやネットで
目撃する人たちだけじゃないよ




街ゆく
あの人や
あの人にも
その人や
この人にも
顔を合わせぬ日がない
家族や
仲間たち
大好きなあいつや
大嫌いなあいつにも
おのおのの人生があって
おのおのの闇(孤独)がある

例外なんてない



けれどもきみが
彼らや
彼女らの
闇(孤独)に寄り添うときにのみ
そこには
光の介入する余地はなく
闇の介入する余地もなく──





きみは
孤独なんかじゃないんだ


IMG_20160816_131103_convert_20160827010911.jpg












きみのその身に
いかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
ぼくは変わらず
いずれきみにおとなうだろう「発見」によりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見」へといざなう音楽

「GLIM SPANKY(グリム・スパンキー) / 闇に目を凝らせば」
歌詞 松尾レミ

闇に目を凝らせば
見えてきたんだ
ジオラマの様に
張りぼての孤独ならば
自分の意思で壊していく




パクチーの種を差し上げます。
詳しくはこちらの記事↓を読んでみてください。

http://domidorikun.jp/blog-entry-435.html

希望のメールを下さった方へ 
メールを送信してから10日経っても届かないようでしたら、またメールください。




この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

「想定内」と「想定外」の両方があることこそがリアル人生ゲームの妙味だよ

「想定内」のできごと
それのみしか起こらない人生なんて
考えただけでゾッとするね

だって
想定できることだけが
死ぬまでつづく
んだもの
目覚めの時間も
その日何を食べるかも
その日誰に会うかも
その日の排便の具合も
どんな不運に見舞われ
どんな幸運が用意されているのかも
どの程度の喜びが待ち受けていて
どの程度の涙を流すことになるのかも
すべてが
寸分の狂いなく
想定の範囲内でしか
起こってくれない
なんて
考えただけでもげんなりするし
針山地獄にも引けを取らない
なかなかの拷問だよね



いっぽうで
「想定外」のできごと
それのみしか起こらない人生もまた
考えただけでゾッとするね

だって
想定できないことだけが
死ぬまでつづく
んだもの
想定外の時間と場所で目が覚め
想定外の道順しか進めず
想定外の人物にしか出会えず
想定外のトラブルに見舞われ
想定外の時間と場所で眠りにつく
あげく
「想定外のことだけが起こることは
もうお見通しだぜ」

「想定外」の奴を見切ったつもりが
とどめの一撃とばかりに
「想定内の出来事が起こるという
想定外が起こる」
にちがいないもの
目まぐるしすぎて
身が持たないし
釜茹で地獄にも引けを取らない
なかなかの拷問だよね




創造主ってやつは
なかなかのキレ者みたいでさ
「想定内」と
「想定外」とが
絶妙なバランス配合で
誰しもにもたらされる
ように
考えに考え抜かれて
このリアル人生ゲームを
クリエイティブした
んだ



どうしてそこまで
考えに考え抜いてまで
リアル人生ゲームを
創らなきゃいけなかったかって?

答えは簡単さ





「自分(創造主)がゲームの主人公として
参加するから」
に決まってる


きみも
ぼくも
過去を生きたすべての人も
未来を生きるすべての人も
創造主が
その人として
その人をプレイした(生きた)
ひとつのなんだ


IMG_20160822_072509_convert_20160826010713.jpg









きみのその身に
いかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
ぼくは変わらず
いずれきみにおとなうだろう「発見」によりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見」へといざなう音楽

「Water lily / illion(イリオン)」
歌詞 illion

「僕らどこへでも行けると」
調子のいいことでも言おう
君が笑ってくれたなら 
もうけもんだ

「僕ら何にでもなれると」
とびっきりの嘘でも言おう
君が呆れてくれるなら
もうけもんだもうけもんさ




パクチーの種を差し上げます。
詳しくはこちらの記事↓を読んでみてください。

http://domidorikun.jp/blog-entry-435.html

希望のメールを下さった方へ 
メールを送信してから10日経っても届かないようでしたら、またメールください。




この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

「畏(おそ)れ」こそが「希望」になりえる世界だよ

透視能力
物質化能力
テレパシー
念写能力
念動力
量子力学
未知との遭遇
死後世界体験
予知体験
霊視体験
神秘体験
シンクロニシティ




これらすべての能力
これらすべての体験が
きみの好奇心や
きみの優越感や
きみの自己肯定感を
満たすだけのものでしかないなら
そんなものに
たいした価値なんてない
んだ



ただひとつだけ

「畏れ」

そのことを
きみに抱かせたものだけが
真に価値あるものだって
ぼくは太鼓判を押すよ



「恐れ」じゃないよ
「畏れ」なんだ



なぜならば
「この世には
わからないことがある」
という
畏敬をともなう
抗いようのない体感
こそが
それ以上のものは
どこにも見つからない
究極中の究極に値する
人類最後の宝物
だから




どうして
それほどの
宝物なのかって?


何を隠そう
「畏れ」の別名は
「希望」だからさ

med_ca9-6.jpg










きみのその身に
いかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
ぼくは変わらず
いずれきみにおとなうだろう「発見」によりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見」へといざなう音楽

「サザンオールスターズ / 希望の轍」
作詞 桑田佳祐

夢を乗せて走る車道
明日への旅
通り過ぎる街の色
思い出の日々



真夏の大感謝 希望の轍 投稿者 hamu-886646

パクチーの種を差し上げます。
詳しくはこちらの記事↓を読んでみてください。

http://domidorikun.jp/blog-entry-435.html

希望のメールを下さった方へ 
メールを送信してから10日経っても届かないようでしたら、またメールください。




この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

このブログが役に立ってると思った方はぼく↓をクリックしてもらえるとうれしいです。
最新投稿
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
「どみどりくん」あるいは「じゃっく」へのメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
どみどりな応援者
RSSリンクの表示
QRコード
QR
やあやあ、よく来てくれたね。

じゃっく&どみどりくん

Author:じゃっく&どみどりくん
オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』の、姉妹ブログ『どみどりくんの、世界ふしぎ発見』に遊びに来てくださりありがとうございます。管理人のじゃっくと申します。

『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』が「表通り」を行くブログなら、こちらのブログは「裏通り」を行くブログです。
両方合わせてようやく私のメッセージの完成形となりますが、選り好みして「表通り」だけ見てもらってもまったく問題ありません。
来るべきときが訪れたなら、おのずと「裏通り」も歩かされている自分を発見されますから(ニヤリ)

で、この「裏通りブログ」が何故に必要なのかと申しますと、早い話が「表通り」だけでは解決できない、処理しきれない問題(絶体絶命のピンチ)に、人は前触れもなく遭遇するからです。
誰しものそのときのためにこそ、私「じゃっく」が、フシギニストである「どみどりくん」に扮し(チャネリング?)ながら、この「裏通りブログ」は存在し続けます。


「世界ふしぎ発見」とは言っても、某テレビ番組が世界における「目に見えるふしぎ」を発見して紹介するのとは趣がちがい、このブログでは世界における「目には見えないふしぎ」の発見を書き記することを趣旨としています。

ですが、「目には見えない」とは言っても、「UFO」「超能力」「幽霊」といった類のものとは趣が違いますし、「スピリチュアル」ともまたちょっと違うのかもしれません。
「哲学」「宗教」とも言い切れませんし、「自己啓発」「人生哲学」ともまた少し違うかもしれません。

しいて言うなら、みなさんが今まで生きてきた中で、学校教育や家庭教育やマスメディアによって抗いようもなく培われ、育くまれた「常識」「当たり前」「思い込み」「偏見」「先入観」などをとっぱらった先にある「あるがままの世界」あるいは「究極の羅針盤」の発見ってところでしょうか。


たとえばですが、

『きみが何を考え、何に思い悩み、何を行為しようとも、きみ自身は実は何もしていないのさ』

いきなりこんなことを断言されたとしたら、どう思うでしょうか。
「うん、そうだと思ってた!」という方は、おそらくは皆無に近いかと思われます。
おそらくは「あ…ちょっとこの人、ヤバイ宗教とか入ってる感じの人なんだろうな。かかわらないようにしよう…」
おおかたそんなところではないでしょうか。

ですが、私は特定の宗教を信仰していませんし、歴史上の人物や現存するいかなる人物も、敬いはしても崇拝するような対象にはなりません。この先もずっと。




そもそもはこの「裏通りブログ」から私のブログ人生が始まり、私を通路として見い出されるふしぎ発見を、誰かと分かち合い、この「リアル人生ゲーム」に活かしたいがために、2つ目のブログ『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』を作るにまで発展してきました。

「分かち合い」ほどの、いち人生を賭けるに値する究極の財宝、自他一挙両得のベストバイブスは、他に見当たりませんもの。
自分がまずうれしいし、同時に誰かもうれしいだなんて、はっきり言って
最高!

じゃないですか。







「ふしぎ発見!」の終わりに、みなさまを発見へといざなう楽曲も紹介しています。よろしければあわせて楽しんでください。
※和訳した歌詞は、英語力のない私がグーグル翻訳を参考に、個人的解釈で訳したものなので、ちょっとおかしいよっていう訳もあるかと思いますが、大目に見ていただけましたら幸いです。

カテゴリの中の「スーパーふしぎ発見」には、ブログの核となる発見かな、と思われるものを並べています。まあ、だからどうってわけでもありません。

カテゴリの中の「映画」がいざなうふしぎ発見については、ネタバレしているものがほとんどなので、どうか「この映画これから見ようとしてたのに(泣)」なんてことにならないようお気を付けください。

一度投稿した「ふしぎ発見!」も、一年くらい間隔をあけて読み返すと「うーん…なんでこんなふうに書いたんだろう」「この表現は不適切だなあ」「今ならこんな言葉は使わないなあ」といったことがよくあります。
私はまったくいとわず何度でも記事を修正します。
修正することによって、伝えるべきメッセージが進化しつづけていることを私自身実感できますし、過去記事と現在の記事とで違いすぎるがために読者を混乱におとしいれてしまうような事態も軽減されます。
投稿日に対してコメントの日付が古い記事は、「あ、修正した記事なんだな」と思ってください。




ツイッターもやってます。
業者の方や宣伝目的の方じゃなければ、出来うる限りフォロー返ししています。