「初めての共同作業」だけしかない世界だよ

「初めての共同作業」

それは新郎新婦の
ケーキ入刀
その共同作業に限らないよ
そしてその
作業相手は
目に見え触れられる人間だけ
そんなことはありえないよ

この世界において
どんなに同じことを
くり返しているように
見えてしまう出来事でも
そっくりそのままの現象が
くり返されることは
起こりえないし
二十四時間年中無休で
初めての共同作業
それをくり返しているものが
きみをこうして
いまこの瞬間にも内包しつづけている
この世界

今日もきみが
コーヒーの入った
マグカップを手にしている
ということは
マグカップと
コーヒーと
コーヒーへの欲求を運んで来る者と
きみとの
初めての共同作業

他ならないんだ

今日もきみが
靴を履き
地面を蹴って歩いている
ということは
靴と
地面と
目的を運んで来る者と
きみとの
初めての共同作業

他ならないんだ

今日もきみが
恋人を想った
ということは
恋人と
その盲目的イメージ像を運んで来る者と
きみとの
初めての共同作業

他ならないんだ

今日もきみが
ある技術を上達させるために
努力した
ということは
その技術と
未来の展望を運んで来る者と
きみとの
初めての共同作業

他ならないんだ

この世界
それ自体が
「初めての共同作業」の連続
ただそれだけのことで
成り立っていて

だからこそ釈迦
すべての現象は
相互の共同作業(縁起)
それによって
起こることを説いたし
すべての現象が
常に最高鮮度(諸行無常)
であることを説いた
んだ

あえてきみが
きみ自身の力だけで
いかなる現象を起こすことも
かなわないようにしてある
それがこの世界の
どう足掻こうとも
やぶることができない
うけいれざるをえない
宿命的ルール









今日はどんな一日になるだろうね
あるいは どんな一日だったかな
きみにいかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
「ふしぎ発見!」は変わらず
きみの奥深くによりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見!」へといざなう楽曲を紹介するね

「Cryout / ONE OK ROCK(ワンオクロック)」
作詞作曲 ONE OK ROCK

叫んでよ
今すぐ僕に教えてよ
僕らは変わりたいって言ってるし
けっして同じままではいられない






この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

乗客(全)が運転手(全)に目的地を告げた世界だよ

タクシーの運転手
乗客の告げた目的地と
異なる目的地に向かう
そんなことは
まず起こりえないよね

この世界の仕組みも
それと同じようなもんさ

乗客(個)が 
運転手(個)
目的地を告げた 
のではなく

きみであり
世界でもある
乗客(全)が 
運転手(全)
目的地を告げた
んだ

命そのものである
乗客(全)が 
運転手(全)に告げた
その目的地へと 
運ばれてゆくという
ただそれだけの
自作自演の現象
だからこその
「運命」

まさかそこに
いいも 
わるい
あるはずもないよね








今日はどんな一日になるだろうね
あるいは どんな一日だったかな
きみにいかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
「ふしぎ発見!」は変わらず
きみの奥深くによりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見!」へといざなう楽曲を紹介するね

「すばらしくてNICE CHOICE / FISHMANS(フィッシュマンズ)」
作詞作曲 佐藤伸治

目的は何もしないでいること
そっと背泳ぎを決めて 
浮かんでいたいの
行動はいつもそのために起こす
そっと運命に出会い 運命に笑う






この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

「正解はない」けれども、「正解しかない」世界だよ

見えるものを信じる人
見えないものを信じる人

二つの平行線が
交わること

なによりもむずかしいことだよ

武装することを信じる人
非武装することを信じる人

二つの平行線が
交わること

なによりもむずかしいことだよ

質より量を信じる人
量より質を信じる人

二つの平行線が
交わること

なによりもむずかしいことだよ

お金を信じる人
お金じゃ買えないものを信じる人

二つの平行線が
交わること

なによりもむずかしいことだよ

梃子(てこ)でも動かない
相手の平行線
意固地になって
曲げようとすればするほどに
苦しむのは
自分自身だし
無理に曲げられようとしている
相手だって大迷惑

そんなことに
時間と労力を
ついやすくらいなら
ぼくなら放っておく

けれどもときには
避けては通れない相手に
遭遇してしまうのが
人生であるし
正面から
ぶつかることによって
正される何かがある
ということ
それもまた人生だよ

結局のところ
ここにも正解なんてものが
見当たることはなさそうだ

そしてね
正解なんてない世界
ということは
正解しかない世界
ということの
裏返しでもあるんだ









今日はどんな一日になるだろうね
あるいは どんな一日だったかな
きみにいかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
「ふしぎ発見!」は変わらず
きみの奥深くによりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見!」へといざなう楽曲を紹介するね

「平行 / アナログフィッシュ」
作詞 アナログフィッシュ

平行の上に立っている
交差する点へ向かっていく
平行の線が交差する点が
いつか僕らを待っている






この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

映画「マッドマックス 怒りのデスロード」が教えてくれたふしぎ発見!だよ

今日は映画に見るふしぎ発見!
ジョージ・ミラー監督作
「マッドマックス 怒りのデスロード」

※ネタバレありだよ※


MAX_convert_20150820110626.jpg

かつて国家が存在した頃
水と石油を巡って
核兵器による大戦争が勃発
現代文明は崩壊したよ

そしてその45年後──

生き残った者たちは
汚染された世界の中で
物資と資源を武力で奪い合い
砂漠化した荒野を
要塞シタデル(砦)を拠点に
独裁的に支配下に納めたのが
ヒュー・キース・バーン演じる
元軍人のイモータン・ジョー

ジョー
物資と資源の独占にとどまらず
あらゆる人々を奴隷化し 洗脳し
自らを崇拝対象の地位にあらしめ
一神教的社会を構築することに
成功したんだ

暴力と恐怖に支配された
ジョーの独裁帝国に反旗を翻したのが
シャーリーズ・セロン演じる
フュリオサ大隊長

フュリオサ
イモータン一族の支配を
盤石なものにするため
子産みのために軟禁されていた
5人の女たちと
ウォー・タンク(巨大トラック)を走らせ
逃亡することを企てるんだ

目指すはフュリオサの故郷
緑の地

フュリオサを追走する
ジョーの手下であり 信者でもある
戦闘集団ウォー・ボーイズの一人
ニュークスの人間輸血袋として
身柄を拘束されていた
トム・ハーディ演じる主人公
マックス・ロカタンスキー
逃走と追走の激闘のさなか
手足の枷を外すことに成功

利害的一致から
協力関係を築き始めた
マックスフュリオサ
その絆を徐々に深めてゆき
緑の地
すでに失われてしまっていることに
直面したフュリオサに対し
自分たちが向かうべき
本当の意味での
緑の地
の場所を
フュリオサに告げるよ

本当の意味での
緑の地
の場所はというと
イモータン・ジョーが支配する
要塞シタデル(砦)

マックスフュリオサ
来た道を引き返し
ジョーの軍団と相まみえ
物資と資源
奪われた人々の尊厳
それらを取り戻すことを
決断するんだ



ぼくら一人一人に
課せられた
人生という名の闘いも
このこととおんなじさ

自らの肉体の外側に
幸福(緑の地)を求め
探し求めて 探し求めて
探し求め尽くしても
緑の地が見つかることは
決してないんだ

緑の地はないことを悟った
フュリオサのように
肉体の外側には
幸福は存在しないことを悟った
その人の
その引き返した道の先には
「自分」という
地上最強の敵が待ち受けていて──


さ~て
きみの映画(人生)のクライマックス
どう締めくくろうか?




ざっくりざくざくと
映画の中盤までの流れを
書き記してみたけれど
ここまで
完膚なきまでに
言語化されることを許さない
そんな映画を
久々に目撃したんだ

「私がアクションを愛してやまないのは
映画言語の最もピュアな形だからだ。」

そうジョージ・ミラー監督が
豪語するように
ぼくがここで
何を書いたところで
この映画が発する言語の
何かを表せたことには
まったくならないのかもしれない

そんなアクションの領域を超越し
視覚体験の領域をも超越したかのような
圧倒的な何か

音響の領域を超越し
聴覚体験の領域をも超越したかのような
解き放たれた先にある何か
そこにはあって──

この映画を
目撃する者の
生存本能を鷲掴みにし
銃口を突きつけ
この場所で
今まさに

それは訴えかけるんだ
「LIVE(生きろ)」
ではなく
「SURVIVE(生きろ)」






この映画を
家でDVDで見るだなんて
あまりにもったいないよ
上映している映画館は
少なくなってきているけれども
まだあるにはあるから
もし見れるチャンスがある方は是非!









今日はどんな一日になるだろうね
あるいは どんな一日だったかな
きみにいかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
「ふしぎ発見!」は変わらず
きみの奥深くによりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見!」へといざなう楽曲を紹介するね

「Right Here, Right Now / Fatboy Slim(ファットボーイ・スリム)」

Right Here, Right Now
この場所で 今まさに
Right Here, Right Now
この場所で 今まさに






この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

「いまのここ」からはみ出すために、ぼくらはこの世界にいるよ

どこを見渡そうと
どこを掘り返そうと
在るものは
いつだって
いまのここ
それだけ

想い出のアルバム
歴史書
記憶
それらは過去の記録だけれども
過去そのもの 
ではなくて 
いまのここにあるものだよ

将来の夢
2020年 
東京オリンピック
遺書
それらは未来の展望だけれども
未来そのもの 
ではなくて 
いまのここにあるものだよ

過去も 
未来も
どこにもそんなものは
落ちてやしないし
この先も
それらのものが
きみの前に現れることは
決してないよ

けれども人は
在りもしないものに
未練を残し
在りもしないものを
追い求め
さまよいつづけるよ
上り坂も
下り坂も
歩きつづけるよ

いまのここ
それしかないにもかかわらず
いのまここ
そこを生きることができない
…だなんて
なんたる矛盾に
満ちた世界だろう!

だからときには
たまらなく苦しいよね
何のために 
生きるのか
生きなければ
ならないのか
わけが分からなくなるよね
おもいどおりに
ならないこと
そればかりで
疲れてしまうよね
いっそのこと
死んでしまえば楽だろうかと
考えたくもなるよね

けれども世界が
明けぬ夜を許した覚えなんか
いまだかつて
一度としてないことさ

きみは
人生の山あいから
光が突き抜けるのを
目にしたそのとき
こう思うことになるんだ

「それがどうした
わたしにとっての理想郷
その地に至るまでの 
もがき
あがき
それらがあるからこそ
人生はおもしろいに決まってる」










今日はどんな一日になるだろうね
あるいは どんな一日だったかな
きみにいかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
「ふしぎ発見!」は変わらず
きみのこころの奥深くによりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見!」へといざなう楽曲を紹介するね

「Get Yourself High / The Chemical Brothers(ザ・ケミカル・ブラザーズ)feat K-OS」
Writer(s) Tom Rowlands, Ed Simons & Kevin Brereton
Producer(s) The Chemical Brothers

Yo、 can you watch what you do
Yo、自らの行為が見えているか
and live in the now best believe there's only a few
今に生きろ、今を信じろ、ほんのわずかでも
Sometimes you've got to get inside to get it high
喜びを得るためには
内側に潜入することも
時には必要なのさ


Chemical Brothers "Get Yourself High" from Joseph Kahn on Vimeo.




ぼくを応援してくれる人は、一日に一回、ぼくをクリックしてくれるとうれしいです。より多くの人へこのブログが届くきっかけになるので、すごくうれしいです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

このブログが役に立ってると思った方はぼく↓をクリックしてもらえるとうれしいです。
最新投稿
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
「どみどりくん」あるいは「じゃっく」へのメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
どみどりな応援者
RSSリンクの表示
QRコード
QR
やあやあ、よく来てくれたね。

じゃっく&どみどりくん

Author:じゃっく&どみどりくん
オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』の、姉妹ブログ『どみどりくんの、世界ふしぎ発見』に遊びに来てくださりありがとうございます。管理人のじゃっくと申します。

『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』が「表通り」を行くブログなら、こちらのブログは「裏通り」を行くブログです。
両方合わせてようやく私のメッセージの完成形となりますが、選り好みして「表通り」だけ見てもらってもまったく問題ありません。
来るべきときが訪れたなら、おのずと「裏通り」も歩かされている自分を発見されますから(ニヤリ)

で、この「裏通りブログ」が何故に必要なのかと申しますと、早い話が「表通り」だけでは解決できない、処理しきれない問題(絶体絶命のピンチ)に、人は前触れもなく遭遇するからです。
誰しものそのときのためにこそ、私「じゃっく」が、フシギニストである「どみどりくん」に扮し(チャネリング?)ながら、この「裏通りブログ」は存在し続けます。


「世界ふしぎ発見」とは言っても、某テレビ番組が世界における「目に見えるふしぎ」を発見して紹介するのとは趣がちがい、このブログでは世界における「目には見えないふしぎ」の発見を書き記することを趣旨としています。

ですが、「目には見えない」とは言っても、「UFO」「超能力」「幽霊」といった類のものとは趣が違いますし、「スピリチュアル」ともまたちょっと違うのかもしれません。
「哲学」「宗教」とも言い切れませんし、「自己啓発」「人生哲学」ともまた少し違うかもしれません。

しいて言うなら、みなさんが今まで生きてきた中で、学校教育や家庭教育やマスメディアによって抗いようもなく培われ、育くまれた「常識」「当たり前」「思い込み」「偏見」「先入観」などをとっぱらった先にある「あるがままの世界」あるいは「究極の羅針盤」の発見ってところでしょうか。


たとえばですが、

『きみが何を考え、何に思い悩み、何を行為しようとも、きみ自身は実は何もしていないのさ』

いきなりこんなことを断言されたとしたら、どう思うでしょうか。
「うん、そうだと思ってた!」という方は、おそらくは皆無に近いかと思われます。
おそらくは「あ…ちょっとこの人、ヤバイ宗教とか入ってる感じの人なんだろうな。かかわらないようにしよう…」
おおかたそんなところではないでしょうか。

ですが、私は特定の宗教を信仰していませんし、歴史上の人物や現存するいかなる人物も、敬いはしても崇拝するような対象にはなりません。この先もずっと。




そもそもはこの「裏通りブログ」から私のブログ人生が始まり、私を通路として見い出されるふしぎ発見を、誰かと分かち合い、この「リアル人生ゲーム」に活かしたいがために、2つ目のブログ『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』を作るにまで発展してきました。

「分かち合い」ほどの、いち人生を賭けるに値する究極の財宝、自他一挙両得のベストバイブスは、他に見当たりませんもの。
自分がまずうれしいし、同時に誰かもうれしいだなんて、はっきり言って
最高!

じゃないですか。







「ふしぎ発見!」の終わりに、みなさまを発見へといざなう楽曲も紹介しています。よろしければあわせて楽しんでください。
※和訳した歌詞は、英語力のない私がグーグル翻訳を参考に、個人的解釈で訳したものなので、ちょっとおかしいよっていう訳もあるかと思いますが、大目に見ていただけましたら幸いです。

カテゴリの中の「スーパーふしぎ発見」には、ブログの核となる発見かな、と思われるものを並べています。まあ、だからどうってわけでもありません。

カテゴリの中の「映画」がいざなうふしぎ発見については、ネタバレしているものがほとんどなので、どうか「この映画これから見ようとしてたのに(泣)」なんてことにならないようお気を付けください。

一度投稿した「ふしぎ発見!」も、一年くらい間隔をあけて読み返すと「うーん…なんでこんなふうに書いたんだろう」「この表現は不適切だなあ」「今ならこんな言葉は使わないなあ」といったことがよくあります。
私はまったくいとわず何度でも記事を修正します。
修正することによって、伝えるべきメッセージが進化しつづけていることを私自身実感できますし、過去記事と現在の記事とで違いすぎるがために読者を混乱におとしいれてしまうような事態も軽減されます。
投稿日に対してコメントの日付が古い記事は、「あ、修正した記事なんだな」と思ってください。




ツイッターもやってます。
業者の方や宣伝目的の方じゃなければ、出来うる限りフォロー返ししています。