とある勤勉家の短い物語だよ

あるところに
熱心な勤勉家がいたんだ

ひたすらに純粋に
おもむくままに
わからないことをわかりたいがために
勤勉家は勉学にいそしんだよ
そんなけなげな勤勉家を
人々はこぞって応援したんだ

勉学にいそしめばいそしむほどに
保有される知識や情報は蓄積し
それは自分の立ち位置を
高いところへと押し上げて行くよ

勤勉家が積み上げる
知識と情報の山は
日を追うごとに高くなってゆき
高くなれば高くなるほどに
世界の隅々を見渡すことができて
ものごとの本質を見とおすこと
それができるようになっていったんだ

十分すぎるほど高くなった
知識と情報の山の頂で
ふと下界を見下ろす勤勉家
それまで気にもしなかった
世界の底辺を
能動性のかけらもなく
受動的に行き交う人々が
気になるようになるのと同時に
侮蔑のまなこを向けるようになったんだ

「彼らは能動的になれないがために
世界を見渡せるだけの
知識と情報の山を持ち合わせておらず
なにひとつ
ものごとの本質が見えちゃいない
もっと能動的に生きなきゃ
あんたら 生きる屍だぜ」


ふと見上げれば
自分よりも高い
知識と情報の山が
そこかしこに点在するのが目に入る
その山々が邪魔なせいで
世界を完全に見渡すことができないことに
勤勉家はあせりを感じたんだ

「もっともっと
知識と情報を積み上げ
高いところに立たなければ
この広い世界を
完全に掌握することはできない」


知識と情報集めの
競争に次ぐ競争に勝ち抜き
誰よりも抜きんでて
高いところに立った勤勉家
もはや自分よりも高い山は
どこにも見当たらなかったし
自分を論破できる存在も
どこにもいなかったよ
この世界に見えないところなんて
なかった
はずだった──

ところがなんと
頂から下界までが
あまりに遠すぎるがために
下界の細部で何が起こっているのか
はっきりと見ることが
できなくなってしまっていることに
勤勉家は気がついたんだ

けれども
せっかくここまで登りつめたのに
今さら下に降りるだなんて
あまりにもったいなかったし
プライドが許さなかった

勤勉家は
下界のやつらと自分とでは
住む世界が違う
そう割り切ることで
この問題に蓋をしてしまったよ

あれほど純粋に
知識と情報を求めていた
勤勉家だったけれども
今となっては
自分を脅かしそうな山がないか
ただそれだけが日々の関心ごと

下界からは
勤勉家を疑問視する声が
届き始めたけれども
下界の連中の声など
耳を貸す気などない勤勉家
自分の山より高い山が現れやしないか
そのことだけが気がかりで
勤勉家は夜も眠れず…

頂の狭いスペースで
血眼になる
そんな勤勉家の頭上を
ゆったりと旋回した
智慧の鳥が言ったんだ

「あんたもこっちに来たらどうだい」

次に
智慧の大地が言ったんだ

「あんたが世界そのものになっちまえば」

次に
智慧の海が言ったんだ

「わざわざそんなところから」

次に
智慧の星が言ったんだ

「世界を見渡す必要もなかろうに」









今日はどんな一日になるだろうね
あるいは どんな一日だったかな
きみにいかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
「ふしぎ発見!」は変わらず
きみの奥深くによりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見!」へといざなう楽曲を紹介するね
「Star Ring Child / Aimer(エメ)」
作詞・作曲 澤野弘之

駆け出した 
無邪気な色は 
ぶつかり合っても
塗り上げる音忘れない
飾られた答えなんてここに必要ないから
1秒に見えた世界を 次へ






この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

映画「007 スカイフォール」が教えてくれたふしぎ発見!だよ

今日は映画に見るふしぎ発見!
サム・メンデス監督作
「007 スカイフォール」

※ネタバレありだよ※

19419915_convert_20150826134703.jpeg

コードネーム「007」
秘密組織MI6

そのエージェントである
ダニエル・クレイグ演じる
ジェームズ・ボンド
MI6のボスであるMのコンピュータをハッキングし
MI6の本部を爆破した犯人を追跡

犯人である
元MI6エージェントであり
Mに対する遺恨に燃える男
ハビエル・バルデム演じる
ラウル・シルヴァ
ボンドとの頭脳戦の果てに
ついに息絶えたんだ

戦いの中で
致命傷を負ったM
ボンドは抱きかかえたよ

「私はひとつ 
正しかった」


死のまぎわ
はそうつぶやいたんだ

過去に
公式に死亡が認定されるほどの
深手を負ったボンド

そのせいもあって
00(ダブルオー)要員への復帰テストでは
満足な結果を出せなかったボンドに対し
ただ一人 周囲の反対を押し切って
職務復帰を承認したことを
「正しかった」
Mはそう言いたかったんだ

けれどもその 
数秒後 
ボンドの腕の中で
静かに息を引き取り
この現象世界を
離脱したは 
真の意味で
理解することになった
はずさ

「私はすべて 
正しかった
私は 
すべてだった」

とね









今日はどんな一日になるだろうね
あるいは どんな一日だったかな
きみにいかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
「ふしぎ発見!」は変わらず
きみの奥深くによりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見!」へといざなう楽曲を紹介するね

「桜流し / 宇多田ヒカル」
作詞 宇多田ヒカル
作曲 宇多田ヒカル、Paul Carter

開いたばかりの花が散るのを
見ていた木立の遣る瀬無きかな
どんなに怖くたって目を逸らさないよ
全ての終わりに愛があるなら






この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

Oh!エライア!エライア!もう信じられないや♪ パート2

ウサイン・ボルト
いかなる偉大な成績を残そうとも
ウサイン・ボルトと
競り合う選手たち
存在しなかったなら
ウサイン・ボルトは
ただの陽気なジャマイカ人だよ

アインシュタイン
いかなる偉業を成し遂げていようと
その理論のすごさが
理解できる人
が存在しなかったなら
アインシュタインは
単なる変わり者のおじさんだよ

羽生善治氏が
この先いかなる偉功を立てようとも
その潜在する能力のすべてを
最後の一滴まで
しぼり出してくれるような相手

存在しなかったなら
羽生善治氏は
将棋を指す意義が見出せなくなり
とっくに将棋を
やめてしまったかもしれないよ

チェ・ゲバラ
いかなる偉人であったことが
いかに語り継がれようとも
起こすべき革命
具現化すべき理想

そこになかったなら
チェ・ゲバラは
人生に退屈し
その能力を持て余し
むなしいだけの
ムダに間延びした生涯を
終えたかもしれないよ

いつ
いかなるときでも
暗幕となる夜空
背景をおおわなかったなら
ひかり輝く星々
誰にも見つけることは
できない
んだ

さて
真の意味で
輝いているものは
だろうか?
それとも
夜空のほうだろうか?

それとも──









今日はどんな一日になるだろうね
あるいは どんな一日だったかな
きみにいかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
「ふしぎ発見!」は変わらず
きみの奥深くによりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見!」へといざなう楽曲を紹介するね

「Enter Sandman / Metallica(メタリカ)」

Exit Light
光よ立ち去れ
Enter Night
闇よやって来い
Take my hand
この手を取れ
We're off to never-never land
夢の国へ行くんだ






この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

「読書すること=いいことずくめ」ではない世界だよ パート2

ある人が
読書をすることの意義深さ
そのことを
体得できるかどうか

それは
当人の力では
どうにもならないこと
だよ

ある人が
知識と情報の保有
としてではなく
その本を
生(なま)の現場で活かせるかどうか

それは
当人の力では
どうにもならないこと
だよ

ある人が
人生の道標となるほどの本
そんな本に
巡り合えるかどうか

それは
当人の力では
どうにもならないこと
だよ

ある人が
読書という行為
それ自体
する気になれるかどうか

それは
当人の力では
どうにもならないこと
だよ

読書に限らないさ
当人の力では
どうにもならないことだけが
もうどうにもとまらない

であれば
ときには
どうにもならないことの
したいようにさせておいて
高みの見物といこうじゃないか











今日はどんな一日になるだろうね
あるいは どんな一日だったかな
きみにいかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
「ふしぎ発見!」は変わらず
きみの奥深くによりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見!」へといざなう楽曲を紹介するね
「どうにもとまらない / 山本リンダ」

作詞 阿久悠
作曲 都倉俊一

ああ蝶になる ああ花になる
恋した夜は あなたしだいなの
ああ今夜だけ ああ今夜だけ
もうどうにもとまらない






この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

「読書すること=いいことずくめ」ではない世界だよ

確かに読書は
先人との出逢いであるし
対話でもあって
同時に
自分自身との出逢いでもあるし
対話でもあって

落ち着きを育ててくれるよ
知識を与えてくれるよ
見識を深めてくれるよ
考える力を養ってくれるよ
おごりを戒めてくれるよ
偏見を破壊してくれるよ
人生を豊かにしてくれるよ
無駄な荷を降ろしてくれるよ
自由の翼を授けてくれるよ
壁を取っ払い 歩ける道を増やしてくれるよ
あたりまえなことに気づかせてくれるよ
本質に近づけてくれるよ
真理の一遍を垣間見せてくれるよ

一見すると
わるいことなんて
なにひとつないように思えるね


けれども
読書は時に
落ち着きを阻害するよ
不要な情報を植え込むよ
不確かな情報を植え込むよ
見識を浅くするよ
考える力を奪うよ
新たなおごりを産み出すよ
新たな偏見を産み出すよ
人生を貧しくするよ
重荷となり 足を引っ張り始めるよ
壁となり 歩ける道を少なくするよ
あたりまえなことを遠ざけ
本質を遠ざけ
真理を遠ざけるよ

前者の人と
後者の人との
 
実はその差は
コインの表と裏
でしかなくて

結局のところ
どんなにたくさんの
本を読もうとも
一冊の本も
読んでいないのであろうとも
いつだってその人は
前者になりえるし
いつだってその人は
後者になりえるんだ











今日はどんな一日になるだろうね
あるいは どんな一日だったかな
きみにいかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
「ふしぎ発見!」は変わらず
きみの奥深くによりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見!」へといざなう楽曲を紹介するね

「Black or White / Michael Jackson(マイケル・ジャクソン)」

it's true
either you're
wrong or you're right
きみが
間違っていようと
正しかろうと
それは真実なんだ






この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

ワンクリックいただけると励みになります。
最新投稿
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
「どみどりくん」あるいは「じゃっく」へのメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
どみどりな応援者
RSSリンクの表示
QRコード
QR
やあやあ、よく来てくれたね。

じゃっく&どみどりくん

Author:じゃっく&どみどりくん
オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』の、姉妹ブログ『どみどりくんの、世界ふしぎ発見』に遊びに来てくださりありがとうございます。管理人のじゃっくと申します。

『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』が「表通り」を行くブログなら、こちらのブログは「裏通り」を行くブログです。
両方合わせてようやく私のメッセージの完成形となりますが、選り好みして「表通り」だけ見てもらってもまったく問題ありません。
来るべきときが訪れたなら、おのずと「裏通り」も歩かされている自分を発見されますから(ニヤリ)

で、この「裏通りブログ」が何故に必要なのかと申しますと、早い話が「表通り」だけでは解決できない、処理しきれない問題(絶体絶命のピンチ)に、人は前触れもなく遭遇するからです。
誰しものそのときのためにこそ、私「じゃっく」が、フシギニストである「どみどりくん」に扮し(チャネリング?)ながら、この「裏通りブログ」は存在し続けます。


「世界ふしぎ発見」とは言っても、某テレビ番組が世界における「目に見えるふしぎ」を発見して紹介するのとは趣がちがい、このブログでは世界における「目には見えないふしぎ」の発見を書き記することを趣旨としています。

ですが、「目には見えない」とは言っても、「UFO」「超能力」「幽霊」といった類のものとは趣が違いますし、「スピリチュアル」ともまたちょっと違うのかもしれません。
「哲学」「宗教」とも言い切れませんし、「自己啓発」「人生哲学」ともまた少し違うかもしれません。

しいて言うなら、みなさんが今まで生きてきた中で、学校教育や家庭教育やマスメディアによって抗いようもなく培われ、育くまれた「常識」「当たり前」「思い込み」「偏見」「先入観」などをとっぱらった先にある「あるがままの世界」あるいは「究極の羅針盤」の発見ってところでしょうか。


たとえばですが、

『きみが何を考え、何に思い悩み、何を行為しようとも、きみ自身は実は何もしていないのさ』

いきなりこんなことを断言されたとしたら、どう思うでしょうか。
「うん、そうだと思ってた!」という方は、おそらくは皆無に近いかと思われます。
おそらくは「あ…ちょっとこの人、ヤバイ宗教とか入ってる感じの人なんだろうな。かかわらないようにしよう…」
おおかたそんなところではないでしょうか。

ですが、私は特定の宗教を信仰していませんし、歴史上の人物や現存するいかなる人物も、敬いはしても崇拝するような対象にはなりません。この先もずっと。




そもそもはこの「裏通りブログ」から私のブログ人生が始まり、私を通路として見い出されるふしぎ発見を、誰かと分かち合い、この「リアル人生ゲーム」に活かしたいがために、2つ目のブログ『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』を作るにまで発展してきました。

「分かち合い」ほどの、いち人生を賭けるに値する究極の財宝、自他一挙両得のベストバイブスは、他に見当たりませんもの。
自分がまずうれしいし、同時に誰かもうれしいだなんて、はっきり言って
最高!

じゃないですか。







「ふしぎ発見!」の終わりに、みなさまを発見へといざなう楽曲も紹介しています。よろしければあわせて楽しんでください。
※和訳した歌詞は、英語力のない私がグーグル翻訳を参考に、個人的解釈で訳したものなので、ちょっとおかしいよっていう訳もあるかと思いますが、大目に見ていただけましたら幸いです。

カテゴリの中の「スーパーふしぎ発見」には、ブログの核となる発見かな、と思われるものを並べています。まあ、だからどうってわけでもありません。

カテゴリの中の「映画」がいざなうふしぎ発見については、ネタバレしているものがほとんどなので、どうか「この映画これから見ようとしてたのに(泣)」なんてことにならないようお気を付けください。

一度投稿した「ふしぎ発見!」も、一年くらい間隔をあけて読み返すと「うーん…なんでこんなふうに書いたんだろう」「この表現は不適切だなあ」「今ならこんな言葉は使わないなあ」といったことがよくあります。
私はまったくいとわず何度でも記事を修正します。
修正することによって、伝えるべきメッセージが進化しつづけていることを私自身実感できますし、過去記事と現在の記事とで違いすぎるがために読者を混乱におとしいれてしまうような事態も軽減されます。
投稿日に対してコメントの日付が古い記事は、「あ、修正した記事なんだな」と思ってください。




ツイッターもやってます。
業者の方や宣伝目的の方じゃなければ、出来うる限りフォロー返ししています。