映画「マッドマックス 怒りのデスロード」が教えてくれたふしぎ発見!だよ パート5

今日は映画に見るふしぎ発見!
ジョージ・ミラー監督作
「マッドマックス 怒りのデスロード」

※ブルーレイ&DVDの発売を記念して、パート5をやっちゃうよ!※


Mad-Max-Fury-Road-Pictures_convert_20151011085319.jpg



この映画をとおして開眼する
ふしぎ発見!については
4回の記事で
完結した(つもり)だったんだけれども
パート5を銘打った今回は
「マッドマックス 怒りのデスロード」
ある一人の登場人物をとおした
学ぶべきふしぎ発見を
ここに書き記さずには
いられなかったからなんだ

かつて国家が存在した頃
水と石油を巡って
核兵器による大戦争が勃発
現代文明は崩壊したよ

そしてその45年後──

生き残った者たちは
汚染された世界の中で
物資と資源を武力で奪い合い
砂漠化した荒野を
要塞シタデル(砦)を拠点に
独裁的に支配下に納めたのが
ヒュー・キース・バーン演じる
元軍人のイモータン・ジョー

ImmortanJoePosterTextless_convert_20151009160721.png


ジョーは
物資と資源の独占にとどまらず
あらゆる人々を奴隷化し 洗脳し
自らを崇拝対象の地位にあらしめ
一神教的社会を構築することに
成功したんだ

そんなジョー率いる
戦闘集団ウォーボーイズ
汚染された世界に在って
病に侵され
長くを生きることのできない
希望なき人生を──

よくいえば
イモータンジョーに
拾われた存在
わるくいえば
イモータンジョーに
利用された存在


死をも恐れず
イモータンジョーにその身を捧げ
戦いに玉砕する者の魂は
永遠に光輝く──


イモータンジョーという
神の言葉は
彼らウォーボーイズ
勇猛果敢に死することを
至上のよろこびとする
最強の戦闘集団に
仕立て上げていったんだ

そしてその
ウォーボーイズの一員
ニコラス・ホルト演じる
ニュークス

340_convert_20151020220045.jpg


英雄として
死することができる
二度のチャンスを逃し
挙げ句三度目の
本命的大チャンスには
イモータンジョーの
一番のお気に入りの妻を
死なせてしまうという
大失態を犯し
裏切り者である
フュリオサ大隊長の逃走車(ウォー・リグ)
その中に呆然と残されたまま
絶望の淵で
生きる意味を見失うんだ

そんなニュークス
裏切り者の逃走車の中で
今生において
もっとも大切で
もっとも重要な
覚醒的出会いを果たすよ

その相手が
イモータンジョーの
妻の一人である
ライリー・キーオ演じる
ケイパブル

ジョーを崇拝する
ニュークス
ジョーを唾棄する
ケイパブル
衝突し
その結果──

CGGP_ArU0AAV71j_convert_20151011091055.png

ニュークス
イモータンジョーによる
長き洗脳から解脱し
イモータンジョーの
独裁体制に反旗を翻す
フュリオサ大隊長
ジョーの五人の妻たち
そしてその大逃走劇に
巻き込まれる形になった
主人公マックス
意志を共にすることによって
真に生きる意味を
見い出していく
んだ

そんなニュークス
ケイパブル
二人の友達を
紹介するシーンがあって

IBXsKME_convert_20151011091423.jpg

ラリーとバリー
そう名付けられた
病から誕生した
二人の友達


ニュークス自身を
苦しめはしても
決して快楽を与えはしない
ラリーとバリー
「友達」と親しみを込める
ニュークスのその感性に
人生における
とても大事なこと

開眼せずにはいれられなかったんだ

ニュークスだけじゃないよ
きみにも ぼくにも
すべての人に
肉眼では確認しようがない
ラリーとバリー

存在していて


むろん
どんな人であろうとも
ラリーとバリー
猛威をふるう
そのときには
不自由と不健全を感受し
どうにかその苦痛から
解放されることを
切に願うにちがいないよ
けれども
ラリーとバリーが
大人しくしていてくれるときには
自由と健全の元に
世界に対して行為することができるという
その 一見すると
あたりまえのことでありながあら
果てなく貴いものに
感謝せずにはいられなくて


健全や健康であることをしか
知らぬものが
このよろこびにありつけることは
決してできない
という真実
そのことにニュークス
気づいたにちがいないんだ

でなければ
忌むべき病に
笑っている顔なんて
描けやしない


最後に
釈迦が弟子の阿難
語ったとされる言葉を
少しかみ砕いてみたりしつつ
パート5を終わりにするよ

阿難
「なあブッダ
ぼくたち聖なる道を歩まんとするものたちが
よき友を持ち
よき仲間とともにあるということは
すでにこの聖なる道の半ばまでを
成就したに等しいと思うんだが
ちがうかな?」

釈迦
「アーナンダ
それは違うよ
よき友を持ち
よき仲間とともにあるということは
この道(人生)のすべてさ」











今日はどんな一日になるだろうね
あるいは どんな一日だったかな
きみにいかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
「ふしぎ発見!」は変わらず
きみの奥深くによりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見!」へといざなう楽曲を紹介するね

「リユニオン / RADWIMPS(ラッドウィンプス)」
作詞 野田洋次郎

友達の意味なんか 
俺は知らないけど
もしもこれがそうじゃないなら 
いらないや
もう知らないや






この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

改善の余地があることこそが「救い」であり「パーフェクト」を意味する世界だよ

きみの眼前に
どの角度から覗いてみようとも
いっさい
手をつける必要性がない
聴く必要性がない
嗅ぐ必要性がない
味わう必要性がない
感じる必要性もない
パーフェクトな世界

広がっていることを
想像してごらんよ

まあ
そんな世界を
絵として想像すること自体
不可能なことなんだけれど
ぼくがいったい
何の話をしているのかというと
もはやきみは
なんにもする必要性がないし
もはやそこに
何かをできる余地もない
仮にそんな状態にまでに
到達することができたなら の話さ

そんな状態にあるならば
あらゆる煩悩も
あらゆる苦しみも
存在するはずもなく
完璧に解脱している
のだから
一見すると
それ以上の悦びは
他にはないようにも思えるね

けれどもね
何も見る必要性がない
何も触れる必要性がない
何も聴く必要性がない
何も嗅ぐ必要性がない
何も味わう必要性がない
何も感じる必要性もない
その極地に在る状態のままに
人生を味わうということが
どう足掻いたところで
不可能である
ということに
きみは気がついただろうか

だってね
「人生を味わう」も何も
そこにはもう
味わうための余地はないし
そこにはもう
味わう必要性が残されていないのだから
言ってみれば
その人は
世間一般で言う
「死」
その地点に到達したのと
同じこと

あえて断言するよ
「釈迦」という人物は
存在したかもしれない
けれども
「ブッダ」なんて人物は
存在しないんだ

なぜならば
この世界は
改善の余地がない人物が
存在することが
できない世界だから
物理的に
そういうふうにできてしまっている
世界だから


語り継がれていく中で
勝手に一人歩きしはじめ
勝手に神格化されはじめ
権力者や支配層の都合よく
大衆扇動や
ヒエラルキー維持のツールとして
利用されていったもの
それが「ブッダ」の正体さ

「でもさ
すべての人がブッダなんだよって
どみどりくん言ったじゃない」


そのとおりだよ
でも ぼくが言うブッダは
神格化されたブッダのことじゃなく
人間も 宇宙も あらゆるすべても含む
この世界そのもののこと
を意味していて──

いいかい
つまりはこういうことさ
パーフェクト(であるはずだった)存在は
あるときふと思った?んだ

「何も改善する必要性がなく
何も改善する余地もない
無の状態であるということは
なんと退屈なものなのだろう…
これって本当にパーフェクト?
ん? 待てよ…
退屈と思っちゃってるその時点で
ちっともパーフェクトなんかじゃないじゃん!」

てね

で パーフェクトな存在自身でもある
この世界(二元世界)が誕生


「無」であることが
パーフェクトなんじゃなく
改善へと流動しつづける状態
変化へと流動しつづける状態
ふしぎ発見!へと流動しつづける状態
その流れに身を置き
流転ていくことこそが
永遠であり
「無」を超えた
究極のパーフェクト
だってことに
パーフェクトな存在は
気がついて──


つまりね
この世界は
最初から救われていたし
これからだって
救われつづけていくんだ
最初からパーフェクトだったし
これからだって
パーフェクトでありつづけるんだ










今日はどんな一日になるだろうね
あるいは どんな一日だったかな
きみにいかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
「ふしぎ発見!」は変わらず
きみの奥深くによりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見!」へといざなう楽曲を紹介するね

「years / サカナクション」
作詞 山口一郎

僕たちは薄い布だ
折り目のないただの布だ
影は染まらず通りすぎて行き
悲しみも濡れるだけですぐ乾くんだ






この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

「誰しもが漁師」な世界だよ

世界 とは
生きる とは
幻想大海への船出だよ

でね
狙う獲物はというと
最高鮮度の生(せい)

その
最高鮮度の生(せい)は 
時空の中の
過去 現在 未来
それと
時空を超えうる 
いまとの
その狭間にあって──

ときに
波が荒れ狂い 
ときに
穏やかになることを
くりかえすように
つねに 
新鮮で
ありつづけようとするよ
とわに 
新鮮に
生まれつづけようとするよ


最高鮮度の
生(せい)
最高肉質の
生(せい)
それを捕まえられる
漁場は
きみの中にだけしか
存在しないんだ

なぜならば
きみこそ
きみからもっとも近い
もっとも豊饒な漁場であるし
生(せい) が 
よどみなく 
うまれいづる
どんな密漁船にも
乱獲されえない
究極の漁場だから


燃費の浪費ばかりで
いいとこなしの漁船を乗りまわし
果ての見えない
海をさまよいながら
目新しいこともなく
一匹も釣れなくて
いい加減にうんざりして
いい加減に疲れちゃったときは
ぼくがここに記したことを
思い出してみて

いつだってきみは
いままさに 
きみが立っているその漁場

最高鮮度の生(せい)を
こうしてるいまも
釣り上げつづけているし──

いつの日か
きみだけの
オリジナルの
超大物を
釣り上げる可能性だって
なきにしもあらずなんだ









今日はどんな一日になるだろうね
あるいは どんな一日だったかな
きみにいかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
「ふしぎ発見!」は変わらず
きみの奥深くによりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見!」へといざなう楽曲を紹介するね

「GWIG GWIG GWIG / ZEN-LA-ROCK(ゼン・ラ・ロック)」
LYRICS ZEN-LA-ROCK
MUSIC DJ KAYA
MIXED BY ZKA for GRUNTERZ

そこの点と つなぐ線を
セレブレート 保て鮮度
超えろ限度 飲み干せよ
セレブレート 保て鮮度






この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

「宝石」だけしかない世界だよ

いじめって
いったいなんだろうね

ぼくはというとね
いじめたことがある
いじめられたこともあるから
両方の気持ちが
わかるつもりでいるんだけれど

何がきっかけで
いじめることになったのか
なにがきっかけで
いじめられることになったのか
ふと気がついたら
そうなっていたがために
明確な原因みたいなものが
まったくと言っていいほど
見えて来ないんだ

「やめなよ」
そう言えたなら
それは確かに
立派なことだと
賞賛されるにちがいないし
勇気ある行動なのかもしれない
けれども
言ったその人は
実はなんにもしていなくて


いじめに加担したなら
それは確かに
のちにその人は
後悔することになるのかもしれないし
いじめたつもりもないのかもしれない
けれども
いじめたその人は
実はなんにもしていなくて


見て見ぬふりをしたなら
それは確かに
残念なことなのかもしれないし
ことなかれ主義なのかもしれない
けれども
見て見ぬふりをしたその人は
実はなんにもしていなくて


いじめ 
いち個では起こりえない
その複合的な出来事は
前触れもなく
きみの眼前に 
繰り広げられ
きみ という一個の歯車が
世界 という名の
無数の歯車との
噛み合いの中で
きみが何を思い
どう行動するのかが
導きだされる


ぼくが 
いま言った 
世界 とは
過去も 
未来も 
宇宙をも
すべて をふくめた
森羅万象を意味して

一個の歯車として
ただそこに 
在ること
 である
ぼくらにできることは
たったのそれだけしか
ないみたいなんだ

いじめ
それが起こった
そのとき
一個の歯車として
きみにおとなう
その行動
その気持ち
その体験だけが
他のものでは
決して代用することができない
きみだけの
オリジナルの
大切な 
大切な
宝石なんだ









今日はどんな一日になるだろうね
あるいは どんな一日だったかな
きみにいかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
「ふしぎ発見!」は変わらず
きみの奥深くによりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見!」へといざなう楽曲を紹介するね

「宝石 / タテタカコ」
作詞 タテタカコ

心からしみでた黒い空に
今夜も星は輝くだけ
やがてくる春の光
息をすいこんだ






この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

映画「マッドマックス 怒りのデスロード」が教えてくれたふしぎ発見!だよ パート4

今日は映画に見るふしぎ発見!
ジョージ・ミラー監督作
「マッドマックス 怒りのデスロード」

※ブルーレイ&DVDの発売目前を記念して、パート4をやっちゃうよ!※


__convert_20151009160659.jpeg


この映画をとおして開眼する
ふしぎ発見!については
3回の記事で
完結した(つもり)だったんだけれども
パート4を銘打った今回は
「マッドマックス 怒りのデスロード」
ある一人の登場人物をとおした
学ぶべきふしぎ発見を
ここに書き記さずには
いられなかったからなんだ

かつて国家が存在した頃
水と石油を巡って
核兵器による大戦争が勃発
現代文明は崩壊したよ

そしてその45年後──

生き残った者たちは
汚染された世界の中で
物資と資源を武力で奪い合い
砂漠化した荒野を
要塞シタデル(砦)を拠点に
独裁的に支配下に納めたのが
ヒュー・キース・バーン演じる
元軍人のイモータン・ジョー

ImmortanJoePosterTextless_convert_20151009160721.png


ジョー
物資と資源の独占にとどまらず
あらゆる人々を奴隷化し 洗脳し
自らを崇拝対象の地位にあらしめ
一神教的社会を構築することに
成功したんだ

そんなジョーが
奴隷化した人々を
意のままに操るために
自らの力の象徴として
大仰に誇示するものが
資源

砦の高い場所に位置する
用水路から
大量の水を放出し
われ先にと群がる人々へと
ジョーはこんな警告を発するんだ

「水に心を奪われるな
禁断症状で生ける屍になるぞ」


この警告を
現代社会になぞらえるならば
水=お金

水にむらがる人々は
言わば
空から大量に舞い降りて来る
福沢諭吉
むらがる様子を
隠喩にしたも同然なんだ

言うまでもなく
お金はあくまでお金
独りでに歩き出したりするものじゃなくて
砦の高みで
貯水タンクのレバー(通貨発行権)
握る者こそが
「人間社会」という名の砦の支配者であり
イモータンジョーは つまりは
支配者の立場から
ぼくらが今
こうして生活してる
人間社会の仕組みのヒント
それをこっそり
教えてくれているってわけ



なにゆえ
現代社会を生きる人々は
働かざるをえないのか
性懲りもなく戦争は勃発するのか
芸術で食べる人々は
表現で食べる人々は
自らの理想と
大衆が求める需要とを
天秤にかけなければならないのか
プロスポーツ選手は
勝ちつづけなければならないのか
人口密度が高い場所ほど
広告は張り巡らされるのか
政治家や官僚の多くは
自分たちにとって都合のよい
法的基盤を構築していくのか
そう
すべては
「お金」を得るため

動脈から出た血液は
必ずや静脈へと
吸い込まれてゆくように──

どんなキレイごとを並べても
動脈と静脈を循環する
血液(お金)で構築された
心臓(人間社会)というポンプ構造の中で
切り離すことのできない
生命線であるものが
血液であること
人々が最も恐れているものが
「血液を失うこと」であることを
支配者こそが
誰よりも熟知しているし

血液とイコールである
水(お金)の供給加減を
自由に決められる立場から
この社会を俯瞰したなら
大衆を操ることが
いかに容易なことかが
はっきりと見えて来るんだ

「生きること」
そのことをするために
この世界に存在しているはずの
ぼくら人間であるはずなのに

まず初めに
「お金」を経由せずして
生きることが許されないような
ぬかりなき奴隷システムが
人間社会に
構築されていること

ほんの少しでも
垣間見れたなら
幸いさ

支配者を引きずり下ろせとか
奴隷システムを破壊せよとか
そんなことが言いたいわけじゃないんだ

「お金」という
奴隷システムもまた
酸いも甘いも噛み分けさせ
リアル人生ゲームを面白くし
「体験」という名の
豊かさをもたらしてくれる
ユニークかつ重要なアイテムであることに
疑いの余地はなくて

だからぼくにとって
奴隷であるかどうかという問題は
差し迫って重要な問題ではないんだ

社会構造そのものの問題は
差し迫って重要な問題であると
そう判断(解釈)
動き出さずにはいられなかった
そういう宿命にある人々が
動き出せばいいだけのこと

きみにはきみの
ぼくにはぼくの
やるべきことがある


イモータンジョー
言ったでしょう?
たとえシステムの枠からは
逃れられないのだとしても
心を奪われることなく
お金に利用されることなく
きみがお金を
利用する側であればいいさ
たとえ物質的には
貧しくとも──

真なるきみ
お金で制限されるような
そんな些末な存在ではないし
肉体や煩悩で制限されるような
そんな些末な存在でもない


そのことを
肝に銘じて
きみによる
きみだけのデスロード(人生)を
思う存分に
駆け抜けきるがいいさ











今日はどんな一日になるだろうね
あるいは どんな一日だったかな
きみにいかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
「ふしぎ発見!」は変わらず
きみの奥深くによりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見!」へといざなう楽曲を紹介するね

「Wildflower / Superfly」
作詞 越智志帆
作曲 多保孝一

咲き誇れ ワイルドフラワー 荒野のど真ん中で
過ぎ去っていく毎日に 根を張り生きる
どこまでも 探してる 一粒の涙を
静かに 深く呼吸をして
また 歩き出す






この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

ワンクリックいただけると励みになります。
最新投稿
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
「どみどりくん」あるいは「じゃっく」へのメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
どみどりな応援者
RSSリンクの表示
QRコード
QR
やあやあ、よく来てくれたね。

じゃっく&どみどりくん

Author:じゃっく&どみどりくん
オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』の、姉妹ブログ『どみどりくんの、世界ふしぎ発見』に遊びに来てくださりありがとうございます。管理人のじゃっくと申します。

『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』が「表通り」を行くブログなら、こちらのブログは「裏通り」を行くブログです。
両方合わせてようやく私のメッセージの完成形となりますが、選り好みして「表通り」だけ見てもらってもまったく問題ありません。
来るべきときが訪れたなら、おのずと「裏通り」も歩かされている自分を発見されますから(ニヤリ)

で、この「裏通りブログ」が何故に必要なのかと申しますと、早い話が「表通り」だけでは解決できない、処理しきれない問題(絶体絶命のピンチ)に、人は前触れもなく遭遇するからです。
誰しものそのときのためにこそ、私「じゃっく」が、フシギニストである「どみどりくん」に扮し(チャネリング?)ながら、この「裏通りブログ」は存在し続けます。


「世界ふしぎ発見」とは言っても、某テレビ番組が世界における「目に見えるふしぎ」を発見して紹介するのとは趣がちがい、このブログでは世界における「目には見えないふしぎ」の発見を書き記することを趣旨としています。

ですが、「目には見えない」とは言っても、「UFO」「超能力」「幽霊」といった類のものとは趣が違いますし、「スピリチュアル」ともまたちょっと違うのかもしれません。
「哲学」「宗教」とも言い切れませんし、「自己啓発」「人生哲学」ともまた少し違うかもしれません。

しいて言うなら、みなさんが今まで生きてきた中で、学校教育や家庭教育やマスメディアによって抗いようもなく培われ、育くまれた「常識」「当たり前」「思い込み」「偏見」「先入観」などをとっぱらった先にある「あるがままの世界」あるいは「究極の羅針盤」の発見ってところでしょうか。


たとえばですが、

『きみが何を考え、何に思い悩み、何を行為しようとも、きみ自身は実は何もしていないのさ』

いきなりこんなことを断言されたとしたら、どう思うでしょうか。
「うん、そうだと思ってた!」という方は、おそらくは皆無に近いかと思われます。
おそらくは「あ…ちょっとこの人、ヤバイ宗教とか入ってる感じの人なんだろうな。かかわらないようにしよう…」
おおかたそんなところではないでしょうか。

ですが、私は特定の宗教を信仰していませんし、歴史上の人物や現存するいかなる人物も、敬いはしても崇拝するような対象にはなりません。この先もずっと。




そもそもはこの「裏通りブログ」から私のブログ人生が始まり、私を通路として見い出されるふしぎ発見を、誰かと分かち合い、この「リアル人生ゲーム」に活かしたいがために、2つ目のブログ『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』を作るにまで発展してきました。

「分かち合い」ほどの、いち人生を賭けるに値する究極の財宝、自他一挙両得のベストバイブスは、他に見当たりませんもの。
自分がまずうれしいし、同時に誰かもうれしいだなんて、はっきり言って
最高!

じゃないですか。







「ふしぎ発見!」の終わりに、みなさまを発見へといざなう楽曲も紹介しています。よろしければあわせて楽しんでください。
※和訳した歌詞は、英語力のない私がグーグル翻訳を参考に、個人的解釈で訳したものなので、ちょっとおかしいよっていう訳もあるかと思いますが、大目に見ていただけましたら幸いです。

カテゴリの中の「スーパーふしぎ発見」には、ブログの核となる発見かな、と思われるものを並べています。まあ、だからどうってわけでもありません。

カテゴリの中の「映画」がいざなうふしぎ発見については、ネタバレしているものがほとんどなので、どうか「この映画これから見ようとしてたのに(泣)」なんてことにならないようお気を付けください。

一度投稿した「ふしぎ発見!」も、一年くらい間隔をあけて読み返すと「うーん…なんでこんなふうに書いたんだろう」「この表現は不適切だなあ」「今ならこんな言葉は使わないなあ」といったことがよくあります。
私はまったくいとわず何度でも記事を修正します。
修正することによって、伝えるべきメッセージが進化しつづけていることを私自身実感できますし、過去記事と現在の記事とで違いすぎるがために読者を混乱におとしいれてしまうような事態も軽減されます。
投稿日に対してコメントの日付が古い記事は、「あ、修正した記事なんだな」と思ってください。




ツイッターもやってます。
業者の方や宣伝目的の方じゃなければ、出来うる限りフォロー返ししています。