映画「アナと雪の女王」が教えてくれたふしぎ発見!だよ

今日は映画に見るふしぎ発見!
クリス・バック、 ジェニファー・リー監督作
「アナと雪の女王」

※ネタバレありだよ※

f3e3a6988cd19bafea76d5fb1883dbcd.jpg



いきなりだけれど
映画「アナと雪の女王」の名台詞と言えば
やっぱり──

ありの~ままの~
じぶん~にな~るぅ~の~♪


ってことになるんだと思うんだけれども




でもね
だいじょうぶ
そんな宣言をするまでもないよ

どうあがいたってね
「ありのままの自分」
以外の何者かになるなんてことは
どうしたってできないから




だってね
「ありのままの自分」
それを受け入れられずにいる
「ありのままではいられない自分」
そのよるべなきあがきも含めて
「ありのままの自分」なんだもの




努力できない自分
ねたみ ひがみだらけの自分
ウソだらけの自分
強欲な自分
人を見下す自分
媚びへつらう自分
勇気を持てない自分
罪を犯してなお
罪の意識も持てない自分
鏡を見るのもイヤな自分
心の隅に
ひきこもりっぱなしの自分
なんのために 
生きているのかもわからない自分




結局のところ
それこそがきみが
日々「自分」と呼んでいる
何かであることには
違いない

きみが「自分」と呼ぶ
自分
とは
いまここにいるこの自分でしかない
という事実からは
確かに逃れられやしないさ




ところが
きみは 
「自分」「私」「ぼく」という配役
それを演じているにすぎず
「自分」「私」「ぼく」という配役を
とっぱらったそこに在る
真なるきみ自身
「いっさい何もしていない」
そう言ったなら
きみはおどろくだろうか
それとも
「意味わからん」
「そんなわけあるか」
「妄言も大概にしろ」

そんなところだろうか



最初はきっと
ほとんどの人がそうかもしれないね
あるいは
最期までそう思いつづける人が
9割以上だろうね
このブログにだって
二度と来ない人もたくさんいるだろうね


でもね
自分の力で
理想を勝ちえたと
信じてうたがわない
あの人だって同じ


自分の失敗で
人生を棒に振ったと
信じてうたがわない
あの人だって同じ


いかなる人間であろうとも
例外なく
まばたきをすることすらも
自分の力だけでは
何もできない世界
なんだ
この世界は



この世界における
すべてのできごとは
究極的視点に立ったなら
きみのせいではなく
その人のせいでもなく
あの人のせいでもなく
その他の誰のせいでもない

それがこの世界の
「ありのままの姿」




そのことを理解できたなら──

ほうらね
少しだけ
寒くなくなるんだ












きみのその身に
いかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
ぼくは変わらず
いずれきみにおとなうだろう「発見」によりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見」へといざなう音楽

「Let It Go(レット・イット・ゴー) / 天童よしみ」
作詞 クリスティン・アンダーソン=ロペス(英語版)、ロバート・ロペス



[聽到吐系列] 天童よしみ - Let It Go ~ありのままで~ (14.08.21... 投稿者 g61921

パクチーの種を差し上げます。
詳しくはこちらの記事↓を読んでみてください。

http://domidorikun.jp/blog-entry-435.html

希望のメールを下さった方へ 
メールを送信してから10日経っても届かないようでしたら、またメールください。




この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

こちらこそ!

お礼が言いたいのはぼくの方だよ。

こんなこと誰にも伝わりっこないよなってことが、ちゃんと伝わることをりゅうかさんは教えてくれたよ。りゅうかさんだけじゃなく、コメントをくれる他の読者のみんなも。

伝わったのを垣間見た瞬間は、宝物のようさ。
こころの奥深くが、静かに満たされるんだ。

とてもありがたいことだなあって、しみじみ思っているよ。

りゅうかさん、本当にありがとう。

はじめましてよろしくお願いします

思わず反射的に書き込みしちゃいました
インパクト強すぎて(笑)

>これだからふしぎ発見!はやめられない!
…確かに!(≧∇≦)
このブログを読んですごくいろいろ考えたし、わくわくしました!

どみどりくんに何か質問しようと思ったのですがよく考えるとちゃんと答えが書いてあって、お見事すぎてもう楽しくなりました
なんて言っていいのかうまく表現できないけど、この気持ちを体験させてくれてありがとうございます

りゅうかさん、はじめまして!

わいわいわーい!

また新たな出逢いがここに!

これだからふしぎ発見!はやめられない!

ぞくっとなった
言葉に無駄がない的確すぎ怖いです((((;゚Д゚)))))))

No title

醤油うこと!

No title

結局なんでもありってことか!
このブログが役に立ってると思った方はぼく↓をクリックしてもらえるとうれしいです。
最新投稿
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
「どみどりくん」あるいは「じゃっく」へのメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
どみどりな応援者
RSSリンクの表示
QRコード
QR
やあやあ、よく来てくれたね。

じゃっく&どみどりくん

Author:じゃっく&どみどりくん
オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』の、姉妹ブログ『どみどりくんの、世界ふしぎ発見』に遊びに来てくださりありがとうございます。管理人のじゃっくと申します。

『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』が「表通り」を行くブログなら、こちらのブログは「裏通り」を行くブログです。
両方合わせてようやく私のメッセージの完成形となりますが、選り好みして「表通り」だけ見てもらってもまったく問題ありません。
来るべきときが訪れたなら、おのずと「裏通り」も歩かされている自分を発見されますから(ニヤリ)

で、この「裏通りブログ」が何故に必要なのかと申しますと、早い話が「表通り」だけでは解決できない、処理しきれない問題(絶体絶命のピンチ)に、人は前触れもなく遭遇するからです。
誰しものそのときのためにこそ、私「じゃっく」が、フシギニストである「どみどりくん」に扮し(チャネリング?)ながら、この「裏通りブログ」は存在し続けます。


「世界ふしぎ発見」とは言っても、某テレビ番組が世界における「目に見えるふしぎ」を発見して紹介するのとは趣がちがい、このブログでは世界における「目には見えないふしぎ」の発見を書き記することを趣旨としています。

ですが、「目には見えない」とは言っても、「UFO」「超能力」「幽霊」といった類のものとは趣が違いますし、「スピリチュアル」ともまたちょっと違うのかもしれません。
「哲学」「宗教」とも言い切れませんし、「自己啓発」「人生哲学」ともまた少し違うかもしれません。

しいて言うなら、みなさんが今まで生きてきた中で、学校教育や家庭教育やマスメディアによって抗いようもなく培われ、育くまれた「常識」「当たり前」「思い込み」「偏見」「先入観」などをとっぱらった先にある「あるがままの世界」あるいは「究極の羅針盤」の発見ってところでしょうか。


たとえばですが、

『きみが何を考え、何に思い悩み、何を行為しようとも、きみ自身は実は何もしていないのさ』

いきなりこんなことを断言されたとしたら、どう思うでしょうか。
「うん、そうだと思ってた!」という方は、おそらくは皆無に近いかと思われます。
おそらくは「あ…ちょっとこの人、ヤバイ宗教とか入ってる感じの人なんだろうな。かかわらないようにしよう…」
おおかたそんなところではないでしょうか。

ですが、私は特定の宗教を信仰していませんし、歴史上の人物や現存するいかなる人物も、敬いはしても崇拝するような対象にはなりません。この先もずっと。




そもそもはこの「裏通りブログ」から私のブログ人生が始まり、私を通路として見い出されるふしぎ発見を、誰かと分かち合い、この「リアル人生ゲーム」に活かしたいがために、2つ目のブログ『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』を作るにまで発展してきました。

「分かち合い」ほどの、いち人生を賭けるに値する究極の財宝、自他一挙両得のベストバイブスは、他に見当たりませんもの。
自分がまずうれしいし、同時に誰かもうれしいだなんて、はっきり言って
最高!

じゃないですか。







「ふしぎ発見!」の終わりに、みなさまを発見へといざなう楽曲も紹介しています。よろしければあわせて楽しんでください。
※和訳した歌詞は、英語力のない私がグーグル翻訳を参考に、個人的解釈で訳したものなので、ちょっとおかしいよっていう訳もあるかと思いますが、大目に見ていただけましたら幸いです。

カテゴリの中の「スーパーふしぎ発見」には、ブログの核となる発見かな、と思われるものを並べています。まあ、だからどうってわけでもありません。

カテゴリの中の「映画」がいざなうふしぎ発見については、ネタバレしているものがほとんどなので、どうか「この映画これから見ようとしてたのに(泣)」なんてことにならないようお気を付けください。

一度投稿した「ふしぎ発見!」も、一年くらい間隔をあけて読み返すと「うーん…なんでこんなふうに書いたんだろう」「この表現は不適切だなあ」「今ならこんな言葉は使わないなあ」といったことがよくあります。
私はまったくいとわず何度でも記事を修正します。
修正することによって、伝えるべきメッセージが進化しつづけていることを私自身実感できますし、過去記事と現在の記事とで違いすぎるがために読者を混乱におとしいれてしまうような事態も軽減されます。
投稿日に対してコメントの日付が古い記事は、「あ、修正した記事なんだな」と思ってください。




ツイッターもやってます。
業者の方や宣伝目的の方じゃなければ、出来うる限りフォロー返ししています。