「誰も何もしていない世界」だよ パート6

想像してみてごらんよ
宇宙という名の
大きな大きな
それはもう 無限にもひとしい
とてつもない大きさの箱

そこにはね
無量大数にもおよぶ
存在という名の
さまざまな
敷きつめられているんだ

たとえばそれは
有機物だったり
無機物だったりするよ

たとえばそれは
見えるものだったり
見えないものだったりするよ

たとえばそれは
計れるものだったり
計れないものだったりするよ

ある玉は あの人
ある玉は その人

ある玉は オリオン大星雲
ある玉は 馬頭星雲

ある玉は 一匹のアリ
ある玉は 一頭の牛

ある玉は 一尾のマグロ
ある玉は 一枚の油揚げ

ある玉は 一本のイチョウの木
ある玉は 一輪のバラ

ある玉は 子供の遊び場
ある玉は 大人の遊び場

ある玉は 一滴の汗
ある玉は 一個の雹(ひょう)

ある玉は いちアメーバ
ある玉は いちミジンコ

ある玉は 温度や風
ある玉は 湿度や雲

ある玉は 重力
ある玉は 斥力

ある玉は 広さ
ある玉は 狭さ

ある玉は 食感
ある玉は 触感

ある玉は 好き の気持ち
ある玉は 嫌い の気持ち

さらに言うなら
これらの玉は
目には見えないほどの
小さな玉や
目には見えないようにできている
小さな玉が集まることによって
形作られていて──


さ~て!
書き表しきれないほどの
たくさんの玉が入った箱を
あるがままにゆらしてみよう!

810e2989.jpg


ぐわらぐわらぐわらぐわらぐわらぐわらぐわらぐわらぐわらぐわらぐわらぐわらぐわらぐわらぐわらぐわらぐわらぐわら

するとどうだろう
箱の中のひとつひとつの玉は
なにひとつ
他のすべての玉の影響を
避けることはできない

そのことがきみにもわかるかな

一番端にある玉の力は
反対側の端にいる玉にまで
バトンリレーのように伝導し
少ないながらも
なんらかの影響を
必ずやおよぼしている
よね

ひとつの玉の行為を 
定めているものが
ひとつの玉以外の 
すべての玉である

ということ

あらゆるすべての 
存在
自分自身では
誰も何もしていない
 
ということ

そして肝心の 
人類史上最大の謎
宇宙という名の
そのをゆらしているもの
それとは一体 
なんなのだろうと
きみなら思うだろうか










今日はどんな一日になるだろうね
あるいは どんな一日だったかな
きみにいかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
「ふしぎ発見!」は変わらず
きみの奥深くによりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見!」へといざなう楽曲を紹介するね

「MACHINE CIVILIZATION / WORLD ORDER(ワールド・オーダー)」
作詞作曲 須藤元気

singularity
we are all one
are we all one






この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

konchikiさん

リアルイマボーイズ、乞うご期待!笑

No title

わかった。どうもありがとう どみどりくん




じゃあ、また来る!(・∀・)

sayamaさんを筆頭にしたリアルイマボーイズ、楽しみすぎー(笑)

konchikiさん

楽しんでるよ!

気づきがある前は予想もできなかった困難もあるけれど、それでも楽しいことには変わりない(゚∀゚ )

たとえばこのブログを始めることができたのだって、気づきがあったからだし。気づきがあったからこそ、konchikiさんをはじめ、繋がることができた人たちがたくさんいて。世界がぐんっと豊かになって。


面白いことにね、ぼくの過去において、なんて無駄なことしてるんだろ!ってやってたことが、みんな今に活かされてるんだよね。
まだこんなにもネットの動画配信が普及してなかった頃、ミュージックビデオが大好きで、お気に入りだけを収集してマイベストを作ったりしてコレクションすることが趣味だったんだけれど、まさかそれが活かされる日が来るなんて思いもしなかったし、その頃からぼくがこんなことを始めることが決まっていたことにおどろきつつ、もっと言えば、宇宙が始まったときからそれが決まっていたことに、おどろきを隠せなかったよね(゚Д゚`*)エ~

No title

>押し売りされるような「愛」は、ぼくもちょっと苦手(;´Д`)

うん、ね(*´▽`*)
今だってさ、「愛は地球を巣食う」のセンスのが断然好き(笑)


>たぶんぼくも、限りなくこれに近いと思う。
>100が気づきの沸点だとしたら、85くらいまでは、ちょっとずつ、ちょっとずつ、長い年月をかけて、畑を耕すみたいに気づきが進んでいった気がする。
>で、残り15くらいのとこまできたときに、最後、階段を二段飛ばしするみたいに跳んで、小さく「あ」みたいなね。

そっかー・・この言葉を聞きたかったんだ~
そうなんだね、それでいいんだね!
konchikiは、耕してわかった!なんて言っちゃあまた埋め戻して・・てのをサンザンやってきて、もうダメ、konchikiは今生はただ「求める人」をやりに来たんだぜみたいに諦めてみたりだったけど、それでも振り返るとほんとにちょっとずつちょっとずつ耕されてたのね

そして思う、気づきの種の仕込みは「自分」じゃないんだね、誰だ!(笑)

最後の小さく「あ」もいいなあ
ありがとう


>でも、沸点を越したそのあとも、発見することはたくさんあって。
>知らないことがあるってことは、つくづく幸いなことだと思うんだ。
>なんせそれがなくなっちゃったら、生きる楽しみがなくなっちゃうから(゚∀゚ )

だと思うんだ、理論的には(笑)
ねーねー、今もその「生きる楽しみ」、ちゃんとあって楽しんでるよね?

sayamaさん

そうなの。sayamaさんの言うとおり。

二元の世界に在るものだけにおいては、コインの裏表は成立するんだけれど、この記事で書いたことは「一元」のことなんだ。

konchikiさん

ぼくのほうがありがとうだよ。いつも。本当に。


>愛なんてワード、世の中で一番嫌いだったから(笑)

これ、わかるなあ笑
押し売りされるような「愛」は、ぼくもちょっと苦手(;´Д`)
何で見たんだったか忘れちゃったけど、「愛は地球を巣食う」って、うまいこと言った人がいたんだ。



>konchikiの場合は、ドラマチックな気づきでどっかーんというより少しずつ少しずつっていうパターンなのかも(・∀・)

たぶんぼくも、限りなくこれに近いと思う。
100が気づきの沸点だとしたら、85くらいまでは、ちょっとずつ、ちょっとずつ、長い年月をかけて、畑を耕すみたいに気づきが進んでいった気がする。
で、残り15くらいのとこまできたときに、最後、階段を二段飛ばしするみたいに跳んで、小さく「あ」みたいなね。

でも、沸点を越したそのあとも、発見することはたくさんあって。
知らないことがあるってことは、つくづく幸いなことだと思うんだ。
なんせそれがなくなっちゃったら、生きる楽しみがなくなっちゃうから(゚∀゚ )

No title

これは「裏を返せばみんな自分の力で生きてる」とはならない話しな感じがするな。

No title

どみどりくん、ありがとう。

不思議だねー
愛なんてワード、世の中で一番嫌いだったから(笑)

konchikiの中から出てきた自分を赦すものはどこから出てきたんだって
でもそれは、明らかに自分と自分を嫌うものを統合するものだったの

それに気付いたら自分=世界が体感としてわかったんだ


あと、前にどみどりくんが、DJの話をしてくれたよね、
この世界に存在するすべての人がDJと同じことをしているって

あれもすーごく心に残ってるよ、てか、そのあとすぐ思い出して、
毎瞬毎瞬、誰かが「つくってる」っていうのがひらーーーっと来たよ
でもまだひらーーーーだけなんだ(*´▽`*)

konchikiの場合は、ドラマチックな気づきでどっかーんというより少しずつ少しずつっていうパターンなのかも(・∀・)

konchikiさん

konchikiさんおはよ!

>自分を愛すると世界も同時に愛せる

これ、ほんとそうだよね。
で、自分が憎いと、世界も同時に憎いものとして存在することになって。

だから世界は自らを映し出す鏡だって、ぼくだけじゃなく、自然に根差した文化を築く民族や、スピメッセンジャーが口を揃えるんだね。


帰る場所があるって、大事。
この世界で生きる以上は、故郷(一元)を旅立って世界を見て体験する(二元で戯れる)ことを余儀なくされるんだけれども、帰る場所があるっていう、安心があるのと、ないのとでは、世界の見え方がぜんぜんちがうよね。


箱をゆらすもの、なんだと思いますか?って、街頭アンケートなんかしたら、みんなそれぞれいろんな解釈があって面白いんだろうなあ(・∀・)

No title

あのね、いろいろあるんだけどね
最近またまた大きな大きなエゴにガッツリつかまっててね
それでウンウン苦しんでたらさ、なんか体の中から絞り出るような感じで「自分だけは自分を愛してやらないでどうするんだ!!」っていう声にならない強い強い何かが湧いてきてね
その時、あーそーかーって
自分を愛するってこういうことかってほんとにわかったんだよ

そうしたらさ、もう悟りなんかどうでもいいくらいの自分の課題がクリアできたみたいなね
あーよかったねー自分、って

それでね、自分を愛すると世界も同時に愛せる不思議発見に浸っていたら、
あっそうか! ほんとに自分=世界なのか? って
 
自分と世界は分離していると思い込んできたけど、愛を思い出したら世界とつながった
分離って愛の欠如なのかもしれないってなんとなく(^.^)

まあさ、いつもウキウキしてるわけじゃないけどさ、
その瞬間に帰ればいいってわかったってこと


>宇宙という名の
>その箱をゆらしているもの

誰だろうね?(・∀・)

yoku358さん

いつもありがとうございます。

まったくもって、おっしゃるとおりだとぼくも思っています。

ですが同時に、ぼくがここに書き記していることなんて到底理解できないし、理解したくもない、という方もたくさんいるはずですし、そっちの方が圧倒的多数であろうことも、はっきりと自覚しています。

「あなたが目撃したその非情な殺人犯は、あなた自身であり、ぼく自身でもある」

そんなこともぼくはこのブログをとおして伝えていますが、
数年前の自分がその文言を目にしたなら、??????です。

あるいは、「オレとこんな人間のクズを同一視するこいつは狂ってる。忌むべきものだ」そんなふうに思っただろうことは想像にかたくありませんし、中世ヨーロッパなどであれば死刑に処せられてもおかしくありません。

そういう自分を通過してきているので、理解できないという方の気持ちを十分すぎるほどに理解できますし、無理矢理にでもそれを捻じ曲げようだなんていう気はもうとうないんですね。

ぼくが捻じ曲げるまでもなく、それが必要なことであれば、勝手に世界がその人を捻じ曲がるように導きますし、不要なことであれば、勝手に世界がその人を捻じ曲げることなく導きます。

それが、世界のあるがままの姿です。


このブログがマイノリティーのものからマジョリティのものに移り変わるようなことがあるときは(まずないかと思いますが)、移り変わる前に世界に蔓延っていた苦難を、多くの方が乗り越えることになるかと思われますが、また新たに、誰にも想像もできなかったような、そんな苦難が訪れるだろうことを確信しもします。
どこまでいっても、順境半分、逆境半分の比率が変わることはありません。

それが、世界のあるがままの姿です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

(;´Д`)

おっしゃりたい事は、よく解ります~
昨日も、あらゆる偶然が重なって出会い。
そして感じた風でしたから・・・・
嫌々出かけた先に待っていた・・あの瞬間の風
嫌いの先にも望む状況は置かれている!
という衝撃は、何度目の体験だろうか・・・・・・
(嫌いが大きければ、待っている希望の星も比例して大きいのは確か)
最悪の状況の先に待っていた希望の星(これを明けない夜はないと世間でよく耳にする事なのだろうな)
精神世界では、よく好きな事だけをしていれば幸福になれる!というけれど
結局、好きと嫌いは同じ・・・・・全体(宇宙)、全て

だから、嫌いを避けずとも、好きで進んでも
結局、そこ(その状況)へと運ばれて(運命)行くのだろうな~

って、あまり考えずにいよう・・・・・・
昨日は、頭を空っぽにする事が、どれだけ爽やかな気持ちになれるのかという事を改めて感じさせられたのだから・・・・・・

この世界(私の現実世界)は、感じる為の(体験する)世界だから・・

頭で分析(常識や過去の経験)するものと、感じるところでは
どうしても、違いが生じます
その相違が、行動の矛盾となり得るのだけれど
矛盾を受け入れる事、心苦しさや空虚感(何やってるんだろう!私)をしっかり味わう事
そこに居る目的でもあるのだと思います。

人生の目的は、自分ではコントロールできるものではない
私もそう感じてます。

このブログが役に立ってると思った方はぼく↓をクリックしてもらえるとうれしいです。
最新投稿
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
「どみどりくん」あるいは「じゃっく」へのメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
どみどりな応援者
RSSリンクの表示
QRコード
QR
やあやあ、よく来てくれたね。

じゃっく&どみどりくん

Author:じゃっく&どみどりくん
オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』の、姉妹ブログ『どみどりくんの、世界ふしぎ発見』に遊びに来てくださりありがとうございます。管理人のじゃっくと申します。

『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』が「表通り」を行くブログなら、こちらのブログは「裏通り」を行くブログです。
両方合わせてようやく私のメッセージの完成形となりますが、選り好みして「表通り」だけ見てもらってもまったく問題ありません。
来るべきときが訪れたなら、おのずと「裏通り」も歩かされている自分を発見されますから(ニヤリ)

で、この「裏通りブログ」が何故に必要なのかと申しますと、早い話が「表通り」だけでは解決できない、処理しきれない問題(絶体絶命のピンチ)に、人は前触れもなく遭遇するからです。
誰しものそのときのためにこそ、私「じゃっく」が、フシギニストである「どみどりくん」に扮し(チャネリング?)ながら、この「裏通りブログ」は存在し続けます。


「世界ふしぎ発見」とは言っても、某テレビ番組が世界における「目に見えるふしぎ」を発見して紹介するのとは趣がちがい、このブログでは世界における「目には見えないふしぎ」の発見を書き記することを趣旨としています。

ですが、「目には見えない」とは言っても、「UFO」「超能力」「幽霊」といった類のものとは趣が違いますし、「スピリチュアル」ともまたちょっと違うのかもしれません。
「哲学」「宗教」とも言い切れませんし、「自己啓発」「人生哲学」ともまた少し違うかもしれません。

しいて言うなら、みなさんが今まで生きてきた中で、学校教育や家庭教育やマスメディアによって抗いようもなく培われ、育くまれた「常識」「当たり前」「思い込み」「偏見」「先入観」などをとっぱらった先にある「あるがままの世界」あるいは「究極の羅針盤」の発見ってところでしょうか。


たとえばですが、

『きみが何を考え、何に思い悩み、何を行為しようとも、きみ自身は実は何もしていないのさ』

いきなりこんなことを断言されたとしたら、どう思うでしょうか。
「うん、そうだと思ってた!」という方は、おそらくは皆無に近いかと思われます。
おそらくは「あ…ちょっとこの人、ヤバイ宗教とか入ってる感じの人なんだろうな。かかわらないようにしよう…」
おおかたそんなところではないでしょうか。

ですが、私は特定の宗教を信仰していませんし、歴史上の人物や現存するいかなる人物も、敬いはしても崇拝するような対象にはなりません。この先もずっと。




そもそもはこの「裏通りブログ」から私のブログ人生が始まり、私を通路として見い出されるふしぎ発見を、誰かと分かち合い、この「リアル人生ゲーム」に活かしたいがために、2つ目のブログ『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』を作るにまで発展してきました。

「分かち合い」ほどの、いち人生を賭けるに値する究極の財宝、自他一挙両得のベストバイブスは、他に見当たりませんもの。
自分がまずうれしいし、同時に誰かもうれしいだなんて、はっきり言って
最高!

じゃないですか。







「ふしぎ発見!」の終わりに、みなさまを発見へといざなう楽曲も紹介しています。よろしければあわせて楽しんでください。
※和訳した歌詞は、英語力のない私がグーグル翻訳を参考に、個人的解釈で訳したものなので、ちょっとおかしいよっていう訳もあるかと思いますが、大目に見ていただけましたら幸いです。

カテゴリの中の「スーパーふしぎ発見」には、ブログの核となる発見かな、と思われるものを並べています。まあ、だからどうってわけでもありません。

カテゴリの中の「映画」がいざなうふしぎ発見については、ネタバレしているものがほとんどなので、どうか「この映画これから見ようとしてたのに(泣)」なんてことにならないようお気を付けください。

一度投稿した「ふしぎ発見!」も、一年くらい間隔をあけて読み返すと「うーん…なんでこんなふうに書いたんだろう」「この表現は不適切だなあ」「今ならこんな言葉は使わないなあ」といったことがよくあります。
私はまったくいとわず何度でも記事を修正します。
修正することによって、伝えるべきメッセージが進化しつづけていることを私自身実感できますし、過去記事と現在の記事とで違いすぎるがために読者を混乱におとしいれてしまうような事態も軽減されます。
投稿日に対してコメントの日付が古い記事は、「あ、修正した記事なんだな」と思ってください。




ツイッターもやってます。
業者の方や宣伝目的の方じゃなければ、出来うる限りフォロー返ししています。