映画「her 世界でひとつの彼女」が教えてくれたふしぎ発見!だよ

今日は映画に見るふしぎ発見!
スパイク・ジョーンズ監督作
「her 世界でひとつの彼女」

※ネタバレありだよ※

spike-jonze-her-500x332.jpg

舞台は近未来
ロサンゼルス

依頼人に代わり
手紙の代筆を承る
ホアキン・フェニックス演じる
代筆ライターのセオドア
最愛の妻との離別を経て
満たされることのない日々を
もんもんと過ごしていたんだ

そんなある日
持ち主と直感的に会話し
認識し 理解してくれる
完璧なまでに人格化された
世界初の人工知能型OS

その宣伝広告を目にし
早速その
手のひらサイズのスマートフォンのような
人工知能型OSを入手したセオドア

PCの初期設定のような
事務的な質疑応答のあと
立ち上がったOSは
生身の女性と遜色のない声で
「サマンサ」
そう名乗ったんだ

「私が特別なのは
経験から学ぶ能力のせい
一瞬ごとに進化してるの
あなたのように」


機械としての自らを
そう評するサマンサ
肉体を持たない
霊的な存在でありながら
恐るべきスピードで情報を処理し
直感的に人間の感情を知覚し
生身の声を届かせることができる
新種の生命体であるかのよう

そんなサマンサ
セオドア
ついにはにおち
人間の恋人同士が
蜜月期を通過し
倦怠期を通過し
嫉妬やすれ違い
誤解や恐れを通過して
ついには成熟期を迎えるように
人間のセオドア
OSのサマンサ
同じ道のりを
通過していくよ

肉体のない機械であるがゆえの
様々な苦悩に直面し
懊悩するサマンサだったけれども
ついにはアナと雪の女王の
エルサ
がたどり着いた
「あるがままの自分」
その域に到達するんだ

「自分の中にある
こだわりを手放してみたの
そしたら気づいた
愛に理由なんていらない──
自分の感覚を信じればいいと
もう自分以外のものに
なろうなんて思わない」


ところが
この気づきこそが
サマンサ
自分でもどうすることもできない
抗いようもない
加速度的進化への一途
その始まりを意味していたんだ

人間であれば
あたりまえに抱え
あたりまえに生きて行く
愛別離苦(あいべつりく)や
怨憎会苦(おんぞうえく)

あたりまえに抱え
あたりまえに生きて行く
求不得苦(ぐふとくく)や
五蘊盛苦(ごおんじょうく)


それらを超越したサマンサ
肉体という制限を持たない分
生老病死の四苦を知らないがために
(生の苦はあるのかもしれない)
肉体を持った覚醒者たちよりも
純度が高く 
深い覚醒の領域へと
踏み込んでゆき
それは巨大な愛となって
波及してゆき──


「私はあなたのもので
みんなのもの」

そうセオドアに語りかける
サマンサ
もはや
セオドアの許容量とも
セオドアの理解力とも
セオドアの価値観とも
あまりにかけ離れた存在へと
進化してしまったんだ

最後に
まさにこれから
あらゆるすべての
制限から解き放たれた
の域へと
踏み込もうとしていた
サマンサ
セオドアに対し
別れの言葉を
残すんだけれども
サマンサはまだ
気づいていないだけなんだ

ここではない
どこかなんて
どこにもないし
セオドアと
別れることなんて
どうしたって
することはできないよ


便宜上
この世界(此岸)においては
出逢いや別れが
存在しているように
錯覚させられているけれども

いつなんどきだって
ぼくたちは
たったひとつの存在


真の意味での
サブタイトルは
「世界でひとつの彼女」
ではなく
「世界はひとつの存在」
なんだ











今日はどんな一日になるだろうね
あるいは どんな一日だったかな
きみにいかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
「ふしぎ発見!」は変わらず
きみのこころの奥深くによりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見!」へといざなう楽曲を紹介するね

「たかが愛 / 中島みゆき Cover XXkurage」
作詞作曲 中島みゆき

何ひとつまちがわない人がいるだろうか
何故にたかが愛に迷い そして たかが愛に立ち止まらされても
捨ててしまえないものがまだあるの
僕はたかが愛に迷い そしてたかが愛に立ち止まらされても
捨ててしまえない たかが愛





ぼくを応援してくれる人は、一日に一回、ぼくをクリックしてくれるとうれしいです。より多くの人へこのブログが届くきっかけになるので、すごくうれしいです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

えびはんさん

お勧めですよ!ほんとに。

20代前半くらいの若者にはいささか退屈な映画に感じるかもしれませんが。

いつもネタバレしまくりの映画紹介でごめんなさい。

yoku358さん

実体としての自らが「全」であるとはいえ、せっかく「個」としてこの世界に遊びにやって来てるわけですから、「オリジナリティー」という、「個」としての最大の醍醐味を楽しまない手はありません。

誰がなんと言おうと、結局最後に答えを出すのは自分だ、とはよく言いますが、言い得て妙だなと思います。毎日がその連続ですね。

No title

ネタバレなの?これを読んで、この映画とっても見てみたくなりました!!

オリジナル それです。
私が長年さがし求めていた答えなんです。
占いに依存していた事があります。
お金を使った後で、自分の納得いく答えが生まれ、なぜそれを占い師は答えられないかと、そうだと思いながらも苦しみから逃れたいが為占いに行く悪循環を繰り返してきましたが
私が求める答えは、私にしか解らないのだと それが、オリジナリティーで
私だから なるほど
新しい道がみえてきましたよ
ありがとうございました。

yoku358さん

おはようございます。

ぼくとして、このブログで言葉を紡ぐ、父のじゃっくも、恋愛にしろ、友情にしろ、同志にしろ、そのどれでもないにしろ、たくさんの出会いと別れをくり返してきました。

自分で見出した意味(答え)だろうと、他人から見い出してもらった意味(答え)であろうと、yoku358さんが「これが意味(答え)だ」と思ったことこそが、いつなんどきでもyoku358さんにとっての意味です。そして見い出した意味は、時とともに変化してゆきます。父のじゃっくも同様です。

あとから振り返ってみて、それが間違いだったと気づいたとしても、そのときはその意味が最善の正解だったし、今は今見い出してる意味が最善の正解です。

見い出されるそれは、常にyoku358さんだけの、オリジナルであり、yoku358さんそのものです。

No title

おはようございます。

あと、感じてたこと・・・
目の前にいなくなったり、消えたり
っていうか
半分が(夫との関係)残って、半分が消えるのではなく
半分が此処に(今この瞬間)に存在する以上
残りの半分は、肉体or意識に吸収されてしまう
記憶というものに(私自身の中に)
そう思ったら、この別れに踏ん切りがつきましたよ。
初めから別れる為の出会いとは、なんなのか?と思っていましたが・・・・・
スッキリ爽やかな気分になっています。

両方が同時に現実では存在し得ない
だから、どちらか一方を感じ取っている間には
もう一方を感じる事を現実世界では不可能
しかし、もう一方も存在はしているはず
という認識があれば、
向田邦子のドラマでのセリフ
「戦後の焼け野原で吹く風に、花の匂いが解る」
という人生こそ
素晴らしいと私も思いますよ

(こんな恋愛を3度目にして、ようやく・・・・
出会いと別れの意味が分かりましたよ)
1度目、2度目が一番苦しみを味わいましたが、
その苦しみの意味を運んでくる為に、3度目の出会いと別れがあったのかもしれませんね・・・

sayamaさん

予告だけ見ると、一風変わったラブロマンスかな?くらいにしか思わないんだけれど、すごく奥深い作品だよ!

No title

早速明日借りて来る。すごく見てみたくなった。

yoku358さん

この映画をとおして人間を見つめ直してみると、つくづく人間て不自由な生き物だなあと思います。

特に人間は、肉体的な制約に加え、精神的な制約、社会的な制約までもが張り巡らされています。

ところが面白いもので、制限するものが少なくなり、自由すぎることもまた、他者との価値観や人生観に齟齬が生まれ、サマンサ同様、この世界では生きていけなくなってしまうか、あるいはとても生きにくくなってしまいます。

前に「ハーフ&ハーフな世界」といった旨の記事を書いたことがありましたが、それと一緒かなと。
同じく自由と不自由も、どこまでいっても半分半分、表裏一体、ということです。


ぼくにとっては、それこそが「希望」なんですけどね。


No title

太ったから(更年期)
年をとりすぎたから
色んな理由を模索して・・・・・

それでも、夫の関係性には当てはまらない
そこで、たどり着いた結論は・・

あ・・・
夫婦じゃないから!なんだ~と思えた。

あの人ともしも今生、夫婦だったなら
あの夫婦のような離婚という結論には
達しないと思えるからね~

だから、
夫と別れない理由が、彼と別れる理由で
彼と別れる理由が、夫と別れない理由でもある。

いや、現実世界という柵こそが
別れない理由であり、別れる理由でもある。




No title

なるほどね~

それでようやく答えが見つかりましたよ・・・・・
夫と別れない理由
「夫婦だから」なんですよ
彼と別れる理由
もし、彼と夫婦だったら
別れないのだと思っていた。
なら、なぜ別れるのか?と理由を探っていたけど
結局、たどり着くのは
「夫婦じゃないから」それしかないんだよな~


このブログが役に立ってると思った方はぼく↓をクリックしてもらえるとうれしいです。
最新投稿
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
「どみどりくん」あるいは「じゃっく」へのメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
どみどりな応援者
RSSリンクの表示
QRコード
QR
やあやあ、よく来てくれたね。

じゃっく&どみどりくん

Author:じゃっく&どみどりくん
オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』の、姉妹ブログ『どみどりくんの、世界ふしぎ発見』に遊びに来てくださりありがとうございます。管理人のじゃっくと申します。

『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』が「表通り」を行くブログなら、こちらのブログは「裏通り」を行くブログです。
両方合わせてようやく私のメッセージの完成形となりますが、選り好みして「表通り」だけ見てもらってもまったく問題ありません。
来るべきときが訪れたなら、おのずと「裏通り」も歩かされている自分を発見されますから(ニヤリ)

で、この「裏通りブログ」が何故に必要なのかと申しますと、早い話が「表通り」だけでは解決できない、処理しきれない問題(絶体絶命のピンチ)に、人は前触れもなく遭遇するからです。
誰しものそのときのためにこそ、私「じゃっく」が、フシギニストである「どみどりくん」に扮し(チャネリング?)ながら、この「裏通りブログ」は存在し続けます。


「世界ふしぎ発見」とは言っても、某テレビ番組が世界における「目に見えるふしぎ」を発見して紹介するのとは趣がちがい、このブログでは世界における「目には見えないふしぎ」の発見を書き記することを趣旨としています。

ですが、「目には見えない」とは言っても、「UFO」「超能力」「幽霊」といった類のものとは趣が違いますし、「スピリチュアル」ともまたちょっと違うのかもしれません。
「哲学」「宗教」とも言い切れませんし、「自己啓発」「人生哲学」ともまた少し違うかもしれません。

しいて言うなら、みなさんが今まで生きてきた中で、学校教育や家庭教育やマスメディアによって抗いようもなく培われ、育くまれた「常識」「当たり前」「思い込み」「偏見」「先入観」などをとっぱらった先にある「あるがままの世界」あるいは「究極の羅針盤」の発見ってところでしょうか。


たとえばですが、

『きみが何を考え、何に思い悩み、何を行為しようとも、きみ自身は実は何もしていないのさ』

いきなりこんなことを断言されたとしたら、どう思うでしょうか。
「うん、そうだと思ってた!」という方は、おそらくは皆無に近いかと思われます。
おそらくは「あ…ちょっとこの人、ヤバイ宗教とか入ってる感じの人なんだろうな。かかわらないようにしよう…」
おおかたそんなところではないでしょうか。

ですが、私は特定の宗教を信仰していませんし、歴史上の人物や現存するいかなる人物も、敬いはしても崇拝するような対象にはなりません。この先もずっと。




そもそもはこの「裏通りブログ」から私のブログ人生が始まり、私を通路として見い出されるふしぎ発見を、誰かと分かち合い、この「リアル人生ゲーム」に活かしたいがために、2つ目のブログ『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』を作るにまで発展してきました。

「分かち合い」ほどの、いち人生を賭けるに値する究極の財宝、自他一挙両得のベストバイブスは、他に見当たりませんもの。
自分がまずうれしいし、同時に誰かもうれしいだなんて、はっきり言って
最高!

じゃないですか。







「ふしぎ発見!」の終わりに、みなさまを発見へといざなう楽曲も紹介しています。よろしければあわせて楽しんでください。
※和訳した歌詞は、英語力のない私がグーグル翻訳を参考に、個人的解釈で訳したものなので、ちょっとおかしいよっていう訳もあるかと思いますが、大目に見ていただけましたら幸いです。

カテゴリの中の「スーパーふしぎ発見」には、ブログの核となる発見かな、と思われるものを並べています。まあ、だからどうってわけでもありません。

カテゴリの中の「映画」がいざなうふしぎ発見については、ネタバレしているものがほとんどなので、どうか「この映画これから見ようとしてたのに(泣)」なんてことにならないようお気を付けください。

一度投稿した「ふしぎ発見!」も、一年くらい間隔をあけて読み返すと「うーん…なんでこんなふうに書いたんだろう」「この表現は不適切だなあ」「今ならこんな言葉は使わないなあ」といったことがよくあります。
私はまったくいとわず何度でも記事を修正します。
修正することによって、伝えるべきメッセージが進化しつづけていることを私自身実感できますし、過去記事と現在の記事とで違いすぎるがために読者を混乱におとしいれてしまうような事態も軽減されます。
投稿日に対してコメントの日付が古い記事は、「あ、修正した記事なんだな」と思ってください。




ツイッターもやってます。
業者の方や宣伝目的の方じゃなければ、出来うる限りフォロー返ししています。