数学者「岡潔」が教えてくれたふしぎ発見だよ! パート4

「死なばもろとも」
と言い合っていた同胞が
戦争終結と同時に
食糧を奪い合うのを見て
その人生観
情熱を傾ける矛先
大きく変えていくことになる
後年の岡潔
数学の世界を飛び出し
「1」の意味を求めて
宗教に帰依
アメリカの3S政策
3S =  SCREEN(映画)
      SPORTS(スポーツ)
      SEX(セックス)
(大衆の関心を
政治に向けさせないための
愚民化政策)

その政策にまんまと
大多数の国民が侵食されてゆき
退廃してゆく日本国を憂い
本質(情緒)から遠退いてゆく
功利的な教育現場を憂い
迫りくる危機に対して
警鐘することに急き立てられ──

それまで以上に
精力的に論文を書き
様々な栄誉ある賞を受賞し
随想「春宵十話(しゅんしょうじゅうわ)」をきっかけに
一躍時の人となり
様々な依頼が殺到し
多忙を極める執筆活動に
大学講師や宗教活動
講演活動やセミナー活動
著名人との対談など
多忙を極める
日々を送るようになり
胃の5分の4をも切除する
胃潰瘍を患い
血を吐きながらも
再び超絶的忙殺の日々へと
舞い戻り──

日本の未来を
真剣に考える
そんな若者を育て上げる組織
葦牙会(あしかびかい)
構想したりしながら
最終的には
真理の書
「春雨の曲」を記すこと
そのことに
残されたすべての時間を
費やすことになるんだ

書き上げては
反故にし
書き上げては
反故にし──
何度もそれを
くりかえし

岡潔
唯識的真理世界
15識の世界までをも
見い出すことになったものの
「春雨の曲」
とうとう完成することなく──
1978年3月1日未明
岡潔
老衰によって
死去したよ


こんなブログを
書くことにならなければ
生涯出逢うことなどなかっただろう
岡潔 という
数学者について
4回にわたって
ぼくの数少ない知識や
手持ちの関連書籍を
参考にしながら
書き記したわけなんだけれども

岡さん
もし2015年の
現代を生きていて
コンピューターというツールに
接することがあったなら
数字の「0」「1」だけによって
機能する
眼前の精密機械を前に
この世界が
「0」「1」だけによって
成り立っていること

そのことの象徴を
コンピューターシステムの原理
見たのかもしれないね


「0と1でコンピュータが動くってどういうこと?」
という方は
この↓サイトが参考になるかもしれません
コンピュータが使う言葉「2進数」ってなあに?



なんせ
森羅万象
すべてのもの

ぜんぶまとめてようやく
ひとつ(「1」)であり
その森羅万象を
映し出している
プロジェクターの役割となるものが
「0」
にあるから

何よりぼくの
奥深くに届いた
このブログにふさわしい言葉を
「春宵十話」から
ふたつ引いてきて
岡潔が教えてくれたふしぎ発見!
終わりにしようと思うよ


「宗教の世界には自他の対立はなく、安息が得られる。
しかしまた自他対立のない世界は向上もなく理想もない。
人は何故向上しなければならないのか、と開き直って問われると、
いまの私には「いったん向上の道にいそしむ味を覚えれば、
それなしには何としても物足りないから」としか答えられないが、
向上なく理想もない世界には住めない。
だから私は純理性の世界だけでも、また宗教的世界だけでもやっていけず、
両方をかねそなえた世界で生存し続けるのであろう。」


「よく人から数学をやって何になるのかと聞かれるが、
私は春の野に咲くスミレはただスミレらしく咲いているだけでいいと思っている。
咲くことがどんなによいことであろうとなかろうと、
それはスミレのあずかり知らないことだ。
咲いているのといないのではおのずから違うというだけのことである。
私についていえば、ただ数学を学ぶ喜びを食べて生きているというだけである。
そしてその喜びは「発見の喜び」にほかならない。」











今日はどんな一日になるだろうね
あるいは どんな一日だったかな
きみにいかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
「ふしぎ発見!」は変わらず
きみの奥深くによりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見!」へといざなう楽曲を紹介するね

「ダイナマイトに火をつけろ / BO GOMBOS(ボ・ガンボス)」
作詞 BO GOMBOS

誰も彼も占い師
宗教時代だ大ボラ吹いて
でかい地震でみんな海の底へ
守るルールは何もねえ
死んでしまえば全部おしまい
価値ある人生好き勝手にやるのさ






この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

konchikiさん

「自分ではわからない」か。そうだね。

どんな些細な「わかった」でも、それが起きるそのとき、それは自力でわかることができたわけじゃないんだよね。

ありがとうね、konchikiさん。

No title

刺々しくなくなった、そうなのね~
この前もいとこに「あなた明るくなったね」って言われた(笑)
その時も、そうなのね~って思った

あの頃は、悟ってるのはわかったからだったらその悟り方をさっさと教えてよ!ドン!(←刃物を机に突き立てる音)みたいな勢いだったからなー
びっくりさせてごめんね><

暗さも刺々しさもその「時」は自分ではわからないんだよね
もちろん、明るさも穏やかさも・・
って書いてたら、

「自分ではわからない」

??って、なんだか・・なんだかこれがとっても大事な言葉みたいに頭の中でリフレインし始めたよ

また来るね

ありがと、どみどりくん

konchikiさん

konchikiさん、最初の頃と随分変わったね。

会ったこともないのにわかったようなこと言ってごめんねだけど、今のkonchikiさんからは初期の頃の刺々しいものを感じないんだ。ぼくの勝手な印象かな。

でもだからと言って刺々しいkonchikiさんがいけないって言ってるわけじゃないよ、もちろん。


ありがとうね。

sayamaさん

ぼくは常にsayamaさんには「ありがとう」の言葉しか思い浮かばないよ。

No title

そうだった、そうだったね!

なんていうか、頭の中に湧いてくる言葉ね、「スッキリしない」、「まだ本当にわかっていない」、とかとかね
これもただ脳の神経が反応させられて日本語に翻訳されているだけっていうか?
見ている景色、今ならPC、テーブル、マグカップとかとかね
これは見させられてるっていうか、ただそういう形をした色が目玉に飛び込んできてるだけっていうか?
思考、視覚、感触の鎖がふっとはずれたような?
そういう瞬間にはっと出会って、あって思った時があったんだ
何か、何かがそう思ったのね
でもさ、次の瞬間、いやいや、なんか違う、んなわけはない、あははーみたいに打ち消して
まあ、打ち消せるんだから、そうじゃないんだけれども(笑)

なにかね、なんかわかりたくない抵抗もあるのかな
あんなに必死に追い求めていたのに、なんだか今はどことなく散漫でさ

・・・でもそうだね、それがこのままそうなんだね
そういう多様性を生きてるkonchiki君は、どうも最後の一瞬のツメが甘いんだよね(笑)


・・・なんか書きたくなって書いてみてよかったよ、どみどりくん
ほんとに、ありがとう!

No title

昨日からずっとコメントする言葉を考えてた。結局ありがとうしか思い浮かばなかった。

konchikiさん

その「なんとなく」なkonchikiさんもまた、誰にもあずかり知らないkonchikiさん。

「なんとなく」でもいいんだよ。その「なんとなくぼんやりとしてスッキリしないでいる」ことそのものが、この世界に張り巡らされた「可能性」のひとつだし、「豊かさ」のひとつだから。

ぼくの中のゆるぎないものだって、単なるぼくの勘違いかもしれない。思い込みかもしれない。
でもぼくはそれが勘違いだったとしても構わないし、それを非難されたとしても構わない。
だって、それが真実か否かなんて、決して誰にもわからないし証明することも誰にもできないからね。

ネリムさん

こんばんわ。

自分でも興味深く思います。

Planetさん

Planetさんの本意が別な形でぼくに伝わり、ぼくの本意もまたPlanetさんに別な形で伝わってしまったということもまた、生きるということそのものです。変化しつづけていることそのものです。

これはもう、何が正しいだとか、何が間違っているだとかいうことを超えています。

永劫に安泰な関係性などありえませんし、永劫に危急な関係性もありえません。

決別していた者たちがある日手を組んだとしても、親密な仲だった者たちがある日疎遠になったとしても、なんら不思議なことではない世界であることは、ぼくが説明するまでもないことですが、いざ自分がその身に置かれれば、そのことを見失ってしまうのが人間です。

ただただ、これからも縁は起こり続けてゆきます。

No title

ごめんね、今やっと岡さんのwikiをみてきた
それでフト思った
もし岡さんが敗戦も知らない現代に生まれていたら、あんなに日本の将来を憂えることもなかったのかもしれないって

それからまた思った
スミレがなんでスミレとして生きてるのかわからないまま、
というか、わかる、ということがなんなのかもあずかり知らないまんまでスミレをやっているそのあり方は、ホントは人間もまったく同じなのかもしれないって

なんでこんなザマなんだろう、なんでこんなに後悔ばっかりするんだろう、なんで生きているんだろう、生きるってなんだろう、そもそも命ってなんだろう、
って何かに苦しんで、死にたくなるほど苦しんで考えているつもりのこのまんま、まるまるこのまんま、本当はスミレそのものなんだ
そんなことを、なんだかわかるって言いたくなるんだこの頃、なんだかね、なんだか

なんていうか、ムンクの絵みたいに叫びだしたいくらい苦しい過去が蘇って死にたくなるとき、
あるいはそうやって過去を悔いる自分を自覚したときにあらためて感じる自己嫌悪も、
あの時間あの場所にあの私があったらああなるしかなかったんだ・・
そして、この時間にこの場所でこれを思い出した私はこうなるしかないんだ・・
っていう、どみどりくんのあのグァラグァラの箱の中の自分というか世界がなんとなく、なんとなく、ね
そしてそのなんとなくから脱しきれない不満足な私は相変わらず(*´▽`*)


って、相変わらずのグダグダに拍車がかかってるのは、お酒を飲んじゃってるせいなのは秘密です(*´▽`*)

またね!どみどりくん!ヽ(^o^)丿

こんにちわ
興味深い話だなと思いました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Planetさん

「情報を楽しみにしてます」と言われることはもう、その時点でぼくの敗北を意味してます。
なんせ、一見すると情報を書き記しながらも「情報ではないもの」を露わそうとすることを試みているので。

まだまだ力量不足ですね。




もうひとつのコメントに関しても、そのことを情報や知識としてではなく、「絶対的なもの」として、他者に伝えられるかどうかが、ぼくのリアル人生ゲームにおいての現時点でのミッションです。

konchikiさん

うん!だね。

その頃はその頃で、コンピューターも映写機もない、シンプルで質素な生活だからこそ見えて来るものがあっただろうし、逆にコンピューターやら映写機やら情報やら娯楽に溢れているからこそ、見えて来るものがあるだろうし。

岡さんは憑りつかれたように日本の未来のことを心配してたけれど、今も昔も、日本も外の国も、心の問題に関しては何も進歩してないし、逆に後退もしてないようにぼくには見えるよ。

愚民化政策でダメ人間にされたって言ったって、映画はもはや政策の域を越えて真理を突きつけるような映画がたくさんあるし、スポーツだって、試合によっては真理を垣間見れるような奇跡が起こることがあるし、性行為だって、肉体的快楽をどんなにくり返しても、真の幸福は肉体的快楽にはないっていう気づきの役割になりえるし。

そうやってどんなに真理(0)から遠ざけられるような状況に置かれても、結局人間は「0」から離れられないし、無自覚に「0」を追い求めるようにできてるっていうね。「0」だけはどう足掻いてもこの世界からなくせないもので。
そりゃそうだよね。「0」こそが本当の自分なだけに、なくせるはずもない。

だからぼくは岡さんとちがって、日本の未来も、世界の未来も、特に何も心配してないんだ。

No title

あ、そうそうもう一つ、自分の失敗で失った人達への後悔は、いずれ再び一つになる時が来るんだと思ったら、悲しんだり苦しんだりする必要もなく、今はどうでもいいっか!て感じですね。

No title

神がもしも、この世を創造しているとするなら
岡潔さんを初め、色んな人が個の身を削り平和や統一を図ろうと必死に訴える反面、世を乱す人も必ずいるし・・
ようするに、ありとあらゆる物(者)が存在していて
神は一体何を創造したいんだろうか?と思いますね~
ま、そんな世の中で私は、のほほんと♪向上心の欠片もないですね(・・;)こんな者も存在して・・・答えの出ない事を考えるのが面倒になっちゃいましたね。
それでも、私の知らない存在を知るのは、とても興味深いものです。
また、色んな情報を楽しみにしています。

No title

面白かったよ
岡さんは哲学を語る数学者みたいな印象で名前だけは知ってたんだけど、『春宵十話』読んでみたくなったり
素敵な人だねえ

でもあれだね、コンピューターも映写機もない2000年以上も前のひとたちが0に気付いたり、宇宙の「情」に気付いたり、なんかすごいね~
知識じゃないんだねえ、知識の前にすでにあるものがあるんだ

「はじめに意味があった」、というどみどりくんのあれ、ってこのこと?
このブログが役に立ってると思った方はぼく↓をクリックしてもらえるとうれしいです。
最新投稿
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
「どみどりくん」あるいは「じゃっく」へのメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
どみどりな応援者
RSSリンクの表示
QRコード
QR
やあやあ、よく来てくれたね。

じゃっく&どみどりくん

Author:じゃっく&どみどりくん
オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』の、姉妹ブログ『どみどりくんの、世界ふしぎ発見』に遊びに来てくださりありがとうございます。管理人のじゃっくと申します。

『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』が「表通り」を行くブログなら、こちらのブログは「裏通り」を行くブログです。
両方合わせてようやく私のメッセージの完成形となりますが、選り好みして「表通り」だけ見てもらってもまったく問題ありません。
来るべきときが訪れたなら、おのずと「裏通り」も歩かされている自分を発見されますから(ニヤリ)

で、この「裏通りブログ」が何故に必要なのかと申しますと、早い話が「表通り」だけでは解決できない、処理しきれない問題(絶体絶命のピンチ)に、人は前触れもなく遭遇するからです。
誰しものそのときのためにこそ、私「じゃっく」が、フシギニストである「どみどりくん」に扮し(チャネリング?)ながら、この「裏通りブログ」は存在し続けます。


「世界ふしぎ発見」とは言っても、某テレビ番組が世界における「目に見えるふしぎ」を発見して紹介するのとは趣がちがい、このブログでは世界における「目には見えないふしぎ」の発見を書き記することを趣旨としています。

ですが、「目には見えない」とは言っても、「UFO」「超能力」「幽霊」といった類のものとは趣が違いますし、「スピリチュアル」ともまたちょっと違うのかもしれません。
「哲学」「宗教」とも言い切れませんし、「自己啓発」「人生哲学」ともまた少し違うかもしれません。

しいて言うなら、みなさんが今まで生きてきた中で、学校教育や家庭教育やマスメディアによって抗いようもなく培われ、育くまれた「常識」「当たり前」「思い込み」「偏見」「先入観」などをとっぱらった先にある「あるがままの世界」あるいは「究極の羅針盤」の発見ってところでしょうか。


たとえばですが、

『きみが何を考え、何に思い悩み、何を行為しようとも、きみ自身は実は何もしていないのさ』

いきなりこんなことを断言されたとしたら、どう思うでしょうか。
「うん、そうだと思ってた!」という方は、おそらくは皆無に近いかと思われます。
おそらくは「あ…ちょっとこの人、ヤバイ宗教とか入ってる感じの人なんだろうな。かかわらないようにしよう…」
おおかたそんなところではないでしょうか。

ですが、私は特定の宗教を信仰していませんし、歴史上の人物や現存するいかなる人物も、敬いはしても崇拝するような対象にはなりません。この先もずっと。




そもそもはこの「裏通りブログ」から私のブログ人生が始まり、私を通路として見い出されるふしぎ発見を、誰かと分かち合い、この「リアル人生ゲーム」に活かしたいがために、2つ目のブログ『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』を作るにまで発展してきました。

「分かち合い」ほどの、いち人生を賭けるに値する究極の財宝、自他一挙両得のベストバイブスは、他に見当たりませんもの。
自分がまずうれしいし、同時に誰かもうれしいだなんて、はっきり言って
最高!

じゃないですか。







「ふしぎ発見!」の終わりに、みなさまを発見へといざなう楽曲も紹介しています。よろしければあわせて楽しんでください。
※和訳した歌詞は、英語力のない私がグーグル翻訳を参考に、個人的解釈で訳したものなので、ちょっとおかしいよっていう訳もあるかと思いますが、大目に見ていただけましたら幸いです。

カテゴリの中の「スーパーふしぎ発見」には、ブログの核となる発見かな、と思われるものを並べています。まあ、だからどうってわけでもありません。

カテゴリの中の「映画」がいざなうふしぎ発見については、ネタバレしているものがほとんどなので、どうか「この映画これから見ようとしてたのに(泣)」なんてことにならないようお気を付けください。

一度投稿した「ふしぎ発見!」も、一年くらい間隔をあけて読み返すと「うーん…なんでこんなふうに書いたんだろう」「この表現は不適切だなあ」「今ならこんな言葉は使わないなあ」といったことがよくあります。
私はまったくいとわず何度でも記事を修正します。
修正することによって、伝えるべきメッセージが進化しつづけていることを私自身実感できますし、過去記事と現在の記事とで違いすぎるがために読者を混乱におとしいれてしまうような事態も軽減されます。
投稿日に対してコメントの日付が古い記事は、「あ、修正した記事なんだな」と思ってください。




ツイッターもやってます。
業者の方や宣伝目的の方じゃなければ、出来うる限りフォロー返ししています。