いち介護従事者の目をとおして見えて来るものがある世界だよ

川崎で起こった
有料老人施設内での
殺人事件
のこと
みんなは知ってるかな

この一連の報道をとおし
高齢者施設の
介護の現場に
たずさわっている
このブログの管理人
じゃっく
率直に思ったことは

「他人事じゃない」

ということらしいんだ

どういう意味で
他人事ではないのかというと

介護対象者を
ベランダから
投げ落とすことまでは
しないにしても
介護対象者に対し
「怒り」であったり
「憎悪」の念を
抱いたことがある──
という
介護対象者とのあいだに起こる
感情のひずみ

このことは
介護職に
長く携わった者であれば
誰しもが一度は
必ずや
通る道
であることを
介護従事者は
否定できないそうなんだ

人間
ひとりひとりが
千差万別
オンリーワンな
存在であるように

高齢者施設や
高齢者病棟を
頼りにやって来る
様々な高齢者
ひとりひとりが
様々な主観フィルター
様々な人生観
を抱え
そこにプラスアルファ
認知症を抱える者
様々な精神疾患を抱える者
糖尿病に高血圧
体内を蝕む
悪性腫瘍を抱える者
目が見えない者
耳が聞こえない者
歩けない者
立てない者
寝たきりの者
嚥下ができない者
終末期にある者


これだけの個性に
さらに加えて
暴力をふるう者
罵詈雑言を浴びせる者
虚言癖がある者
わがままし放題の者
糞尿をまき散らし
挙げ句にそれを
口に入れる者
だっている

ぼくが言うまでもなく
何の敵意もなく
手がかかることもなく
穏やかで
ものわかりのいい高齢者
だけを
介護するわけじゃないのが
介護従事者の使命だよ

ところがまだまだ
試練は
途絶えることを知らない

介護対象者の家族には
クレーマーがいたりもするし
共同作業で
仕事をする者であれば
誰しもが不可避な
職場の人間関係における
好き嫌いや
合う合わない
その病院や施設の
経営理念や
業務システムとも
折り合いをつけていかなきゃいけない

そしてそして
介護従事者への
とどめの一撃が
給料が安い
てところだったりするのかもしれない

これだけの
攻略すべき
飛び交う試練の数々を
くぐり抜け
マッドマックス的
サバイバルのごとく
手にした「正解」
すぐさま
その手をすり抜け
最善の介護の
その正解

日々変化しつづける
精神鍛錬の
修行場のような仕事
「少なくともぼくにとっては──」
そうじゃっくは言うよ

だからと言って
23歳の
介護従事者がやったことに
じゃっくは
まったく共感ができないんだ
なぜならば
どんなに
介護対象者に
感情的になったとしても
高いところから
人を投げ落とすような真似は
じゃっくには
とてもできないから

この
結局のところ
介護従事者が行った殺人と
介護職の難しさとは
関係がないことを意味し
介護従事者の
歩んできた道のり
23年間の人生の中で
形成されてきた
その思想
その人生哲学が
殺人へと
導いたことが
見えて来る


けれども
自らも
23歳の介護従事者と
同じ肉体を持ち
同じ場所
同じ時代に生まれ育ち
同じ好き嫌い
同じ得手不得手を持ち
同じ人間関係を築き
同じ老人施設で
同じ介護従事者になっていたなら?

そんな
思いを馳せてみれば──

介護従事者がしでかした
今回の悪質な殺人もまた
このブログに
いつも書き記すように
「自分がやっていたかもしれない」
そう
我が身になぞらえることを
じゃっくも ぼくも
抗いようもなく
禁じえないんだ










今日はどんな一日になるだろうね
あるいは どんな一日だったかな
きみにいかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
「ふしぎ発見!」は変わらず
きみの奥深くによりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見!」へといざなう楽曲を紹介するね

「アラサードリーミン/ Charisma.com(カリスマドットコム)」
作詞 いつか

どうしてかなって思うほど うまくはいかなくて
どうしてかなでわかるほど 簡単じゃなくて
どうしてかなって思うほど うまくはいかなくて
どうかしてるって思うと なんかちょっと楽になる






この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ
介護は大変なんだなとこの事件を見て痛感します

konchikiさん

3月だし、もうすぐ桜が開花するよね!

きっとまた来てね!

やまちゃんさん

そうだったのですね。
次元上昇の話があちこちで出ているだなんて、まったく知りませんでした。
2012年に噂されたときにてっきり終わったものだと。
なんせ、最近は特に、悟り関連やスピリチュアル関連の本やブログをまったくと言っていいほど読んでおらず、検索もしてないので、ぼくには何の情報も入って来ないからです。
「非二元」という概念や言葉が去年に流行っていたのは知っているのですが、今はどうなのでしょうかね。

ブログがお役に立てて、とてもうれしいです。
今日の映画の記事のように、時には自分が好きなものに偏りまくり、時には宇宙規模の視点に立ってみて、普遍性を目指します。
そんな「個」と「全」を行き来する好き勝手なブログですが、気が向いたときに、いつでも遊びに来てくださいね。

No title

>あらゆるすべてが繋がってるよ。あらゆるすべてが。
>そして、だからこそ正しいんだ。

うん、なぜか、わかる・・んだよね。
だって、同時だから。すべてまるごと同時だから。
正しさと間違ったものの分け隔てがありようがないというね。


ああ。なんだかね。面白いなあって。

ブログにも桜が咲いたね(*´▽`*)

またね!

ありがとうございます!

丁寧な回答本当に心に染みました、ありがとうございます。

ここ最近やたらと目に入る次元上昇の話ですが、覚醒者の方々が語る「急がないと乗り遅れる」と言う言葉を聞けば聞くほど違和感
を感じ焦る自分がいました。その裏に悟れないものはまだ努力が足りないのか、次元に上がれなくて可哀想なのか、そういうものを読み取ってしまって(これも勝手な自我の思考なのでしょうが)

でもどみどりさんのお話を聞いてやっと腑に落ちました。私もそのスタンスが一番合ってるなぁ~と(笑)私も自分の心に聞いてみれば、自分が例えその波に乗り遅れても正直別にいいやって思いました。だって自分が神ならそれすらも神がもう決めちゃってるってことですもんね(*^^*)じゃあもう決められてるなら人生楽しんだ者勝ちじゃん!って感じですが(笑)今からはあるがまま、目の前に起こる事を自分の心の快、不快を指標に過ごしていきたいと思います。

何だかとても心がスッキリしました、ありがとうございます!どみどりさんの優しさとすべてを包まんばかりの包容力がブログに溢れとても癒される空間です。これからも自分の指標を見失わないようブログ読ませて頂きますね!

やまちゃんさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。
はい。質問にお答えさせていただきます。

ぼくも数年前、スピリチュアル本を読み漁ったりしながら、次元上昇説を本気になって信じ、どうすれば五次元世界に乗り遅れないのだろうかと、夢中になっていた時期がありました。
「自我」というものを汚いものを見るような目で見ていた時期もありました。

いま、次元上昇説の件についてどう思うかと問われれば、「どうでもいいものになってしまった」というのが正直なところです。
次元上昇説が正しいのか、間違っているのか、という問題以前に、そのことに興味がないのです。

仮にもし、次元上昇説が本当だとして、次元上昇に乗り遅れることになってしまったとしても、ぼくはそれで一向に構いません。そこからまた低次元世界で生きて行きますし、乗り遅れたことによって死ぬような運命が待ち受けていたとしても、「損をした」なんて思いませんし、悔いもありません。

仮にもし、核ミサイルが飛んで来たなら、生きるための最善は尽くすと思いますが、それで死ぬような運命を迎えたとしても、悔いはありません。
起きてしまったことは、甘んじて受け入れます。

なぜなら、ブログタイトルの下に「きみが何を考え、何に思い悩み、何を行為しようとも、きみ自身は実は何もしていないのさ。」と記しているように、この世界において起こる、あらゆるすべての現象が必然であることを理解してしまったからです。

なのでぼくは、遠慮なく本当に好きなこと、突き上げるような情熱を注げるものを求めます。
自分の身にふりかかる試練や災難は、それがぼくにとって必要なものであれば、どう足掻いたところで避けては通れないからです。

なのでぼくは、遠慮なく本当に嫌なこと、どうしても興味が持てないものを避けて通ります。
自分の身にふりかかる幸福や追い風は、それがぼくにとって必要なものであれば、どう足掻いたところで避けては通れないからです。



konchikiさん

とても話しにくいことを、打ち明けてくれてありがとう。

自分の場合は仕事として施設に通って介護をやってるだけだから、いくらでも逃げ道があるけれど、父や母を自宅で介護するような状況に置かれたなら、正直自分もどうなるかわからないって、じゃっくは言ってるよ。そうなってみなきゃわからないことって、あるよね。

このkonchikiさんのコメントの答えに、konchikiさんが到達したのは、やっぱりお母様がいたからこそで、それは言ってみればお母様との共同作業で。
お母様との共同作業は、お母様が亡くなられた今も続いているし、konchikiさんがいつか、今の肉体での体験を終えたあとも、続いて行くんだ。
「時間」という概念を取っ払ってしまえば、過去現在未来、ぼくらすべての存在者は「いまこの瞬間」同時に共同作業しているに等しいから。

ぼくが今書いてるこのコメントも、konchikiさんとの共同作業。
konchikiさんなくして、このコメントはなかった。
あらゆるすべてが繋がってるよ。あらゆるすべてが。
そして、だからこそ正しいんだ。

sayamaさん

うん、そうだね。

まず、その人の立場に立ってみるっていうことが、隣人愛という究極の難題への第一歩になっていくのは確かだよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

konchikiも母の最期は同じような葛藤で苦しんだよ。
あんなに愛してたはずなのに、いつ死んでくれるのかっていう思いさえ浮かんだこともあった。
優しくもできなかったこともあったし。
それを亡くなってから悲しみと同時にいつも思い出してまた苦しんでた。

でも、違うんだね。
それがわかったんだ。

苦しみは苦しみとして正しいっていうね。
地獄を味わうこと、それ自体が正しい。

どみどりくんの言う、正しさしかない世界だよっていうあれなんだよね。

今でも、悲しいし、思い出せば辛くて声をあげることもある。
でも、それが、正しいんだ。

No title

隣人を自分のことのように愛すっていう一番むずかしいことのひとつの答えが今回のふしぎ発見にはあるな。
このブログが役に立ってると思った方はぼく↓をクリックしてもらえるとうれしいです。
最新投稿
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
「どみどりくん」あるいは「じゃっく」へのメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
どみどりな応援者
RSSリンクの表示
QRコード
QR
やあやあ、よく来てくれたね。

じゃっく&どみどりくん

Author:じゃっく&どみどりくん
オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』の、姉妹ブログ『どみどりくんの、世界ふしぎ発見』に遊びに来てくださりありがとうございます。管理人のじゃっくと申します。

『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』が「表通り」を行くブログなら、こちらのブログは「裏通り」を行くブログです。
両方合わせてようやく私のメッセージの完成形となりますが、選り好みして「表通り」だけ見てもらってもまったく問題ありません。
来るべきときが訪れたなら、おのずと「裏通り」も歩かされている自分を発見されますから(ニヤリ)

で、この「裏通りブログ」が何故に必要なのかと申しますと、早い話が「表通り」だけでは解決できない、処理しきれない問題(絶体絶命のピンチ)に、人は前触れもなく遭遇するからです。
誰しものそのときのためにこそ、私「じゃっく」が、フシギニストである「どみどりくん」に扮し(チャネリング?)ながら、この「裏通りブログ」は存在し続けます。


「世界ふしぎ発見」とは言っても、某テレビ番組が世界における「目に見えるふしぎ」を発見して紹介するのとは趣がちがい、このブログでは世界における「目には見えないふしぎ」の発見を書き記することを趣旨としています。

ですが、「目には見えない」とは言っても、「UFO」「超能力」「幽霊」といった類のものとは趣が違いますし、「スピリチュアル」ともまたちょっと違うのかもしれません。
「哲学」「宗教」とも言い切れませんし、「自己啓発」「人生哲学」ともまた少し違うかもしれません。

しいて言うなら、みなさんが今まで生きてきた中で、学校教育や家庭教育やマスメディアによって抗いようもなく培われ、育くまれた「常識」「当たり前」「思い込み」「偏見」「先入観」などをとっぱらった先にある「あるがままの世界」あるいは「究極の羅針盤」の発見ってところでしょうか。


たとえばですが、

『きみが何を考え、何に思い悩み、何を行為しようとも、きみ自身は実は何もしていないのさ』

いきなりこんなことを断言されたとしたら、どう思うでしょうか。
「うん、そうだと思ってた!」という方は、おそらくは皆無に近いかと思われます。
おそらくは「あ…ちょっとこの人、ヤバイ宗教とか入ってる感じの人なんだろうな。かかわらないようにしよう…」
おおかたそんなところではないでしょうか。

ですが、私は特定の宗教を信仰していませんし、歴史上の人物や現存するいかなる人物も、敬いはしても崇拝するような対象にはなりません。この先もずっと。




そもそもはこの「裏通りブログ」から私のブログ人生が始まり、私を通路として見い出されるふしぎ発見を、誰かと分かち合い、この「リアル人生ゲーム」に活かしたいがために、2つ目のブログ『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』を作るにまで発展してきました。

「分かち合い」ほどの、いち人生を賭けるに値する究極の財宝、自他一挙両得のベストバイブスは、他に見当たりませんもの。
自分がまずうれしいし、同時に誰かもうれしいだなんて、はっきり言って
最高!

じゃないですか。







「ふしぎ発見!」の終わりに、みなさまを発見へといざなう楽曲も紹介しています。よろしければあわせて楽しんでください。
※和訳した歌詞は、英語力のない私がグーグル翻訳を参考に、個人的解釈で訳したものなので、ちょっとおかしいよっていう訳もあるかと思いますが、大目に見ていただけましたら幸いです。

カテゴリの中の「スーパーふしぎ発見」には、ブログの核となる発見かな、と思われるものを並べています。まあ、だからどうってわけでもありません。

カテゴリの中の「映画」がいざなうふしぎ発見については、ネタバレしているものがほとんどなので、どうか「この映画これから見ようとしてたのに(泣)」なんてことにならないようお気を付けください。

一度投稿した「ふしぎ発見!」も、一年くらい間隔をあけて読み返すと「うーん…なんでこんなふうに書いたんだろう」「この表現は不適切だなあ」「今ならこんな言葉は使わないなあ」といったことがよくあります。
私はまったくいとわず何度でも記事を修正します。
修正することによって、伝えるべきメッセージが進化しつづけていることを私自身実感できますし、過去記事と現在の記事とで違いすぎるがために読者を混乱におとしいれてしまうような事態も軽減されます。
投稿日に対してコメントの日付が古い記事は、「あ、修正した記事なんだな」と思ってください。




ツイッターもやってます。
業者の方や宣伝目的の方じゃなければ、出来うる限りフォロー返ししています。