煙管(キセル)タバコのすすめ 前編

タバコをやめて10年以上経っていた私が
再び吸うきっかけになったものが
煙管(キセル)でした。



保湿剤、燃焼促進剤、香料など
様々な化学物質が添加されているとされる
現在の一般的な紙巻タバコですが
そういったものが添加されていないせいなのか
それとも産地の煙草農家の努力の結晶なのか──








「うまい!」



それが端的な感想でした。
かつて吸っていた紙巻タバコはなんだったのだろうと
そう思えるほどに煙管タバコは美味かったのです。





一般的な紙巻タバコと言えば
増税に次ぐ増税でとにかく高額です。
吸い過ぎれば健康を害する場合もあり
(百害あって一利なしという説は
いくらなんでも悪者にし過ぎと思いますが)
臭いがこびりつき
壁や物にヤニがこびりつき
吸い殻が多く出るうえ
副流煙による健康被害などが
わざとらしいほどに多々取りざたされ
喫煙者の肩身は狭くなるいっぽうです。




マナーのわるい方がいることは
百も承知なのですが
喫煙者への
過剰なまでの社会的圧力は
異常にも思えるほどに
手厳しいものを感じます。

舛添都知事へ行われた
マスメディアによる連日の集中砲火同様
国民にタバコを吸われては困るような裏事情が
マスメディアを牛耳る支配者層側にはあるのだろうか
とも勘繰りたくなります。




話がいささか脱線しましたが
この煙管
タバコについてまわる
それらマイナスな側面
プラスにしうる魅力を備えているのです。





時代劇などで
みなさまも見たことがあるかと思いますが
このフォルム
このたたずまい
なんともたまらないものがあります。

DSCN0050_convert_20160618154546.jpg
DSCN0049_convert_20160618154532.jpg

火皿の付いた金属の雁首
金属の吸い口
その間を繋ぐ竹を羅宇(らう)といい
この形の煙管は「石州」と呼ばれます。
一番よく見るスタンダードタイプですね。

最初は真鍮かどうかもわからないような
真っ黒な状態の煙管でしたが
粗めのやすりと金属磨き剤ピカールで
ここまでになりました。


新品のものではなく
USED品の、古くて傷や汚れがあるような
味わい深い一本が欲しかったので
ヤフオクで良さそうなものを探しました。
この煙管は3000円ほどで落札しましたが
幕末や明治期くらいの
著名な金工師が作ったものは
50万円もの値段が付いていました。

ここでもオークションという経済形式の恩恵を
授かった形です。



江戸時代の中期に誕生したとされる
煙管ですが
明治維新後
西洋文明が流入し
生活様式が変化し
現在の一般的な紙巻タバコが台頭したこともあって
徐々に衰退していってしまいました。

使用してみれば
なるほどその理由はよくわかります。



火皿の部分に
刻み煙草を詰め込む手間があります。
風が強い日など
外でそんなことをしていたら
葉っぱが飛んで行ってしまいます。

また
煙管の火皿は小さいので
たくさんの刻み煙草を詰めることはできず
喫煙時間は紙巻タバコより大幅に短くなります。



ですが──




だからこそいいのです。


現在、日本メーカーの刻み煙草は
二種類しかありません。
「小粋」「宝船」という商品です。
100910koiki01.jpg

「国産」に至っては
現在では「小粋」のみ
です。
タバコ業界全体がそうですが
刻みタバコの需要にいたっては
風前の灯火
と、そう言えるのかもしれません。


私は「小粋」を愛用しておりますが
10gで380円のこの商品
(宝船「ベルギー産」は20gで500円です)
1日に5~6回ほど煙管で吸って
この一箱
吸い切るのに一ヶ月以上かかります。
一度にあまり喫煙できないということは
それだけコストパフォーマンスがよく
財布に優しい
のです。


勘のいい方は
もうお気づきでしょう。
一度にあまり喫煙できないということは
吸う場所やタイミングが限られるということは
必然的に吸い過ぎを防止する
ことになります。

煙管を取り出し
刻み煙草を詰めなければならないというひと手間は
こころに余裕とのびしろをもたらします。
忙しい現代社会だからこそ
煙草を吸うときくらいは
「小粋」に煙管を構え
のびやかに煙を味わう
のです。

加えて冒頭にお話ししたように
添加物無添加だからなのか
煙草農家の皆様のタバコ葉への情熱なのか
とにかくこの「小粋」
抜群に美味しいです。
だからなのか
短い喫煙時間
少ない喫煙量でも
不思議な満足感があります。

さらに加えれば
相方いわく
紙巻タバコよりも嫌な臭いがしないそうです。
なので
非喫煙者から白い目で見られることも
少なくなりそうです。






ところが
衰退の理由はまだ思い当たります。



吸い終わったなら
使い終わったマッチ棒や
つまようじなどを使い
火皿の灰を捨てなければなりません。
↓私の掃除用のつまようじを預かる置物です。
DSCN0056_convert_20160618214711.jpg



また
1日に吸う量が少ない私でも
一週間に一回は
煙管の掃除をしなければなりません。
私はこれ↓を使用してます。
アマゾンで20本×5パックで1080円です。
DSCN0054_convert_20160618164057.jpg

このモールを
薬局などで売ってる無水エタノールにひたし
DSCN0055_convert_20160618172325.jpg


吸い口の方から出し入れします。
DSCN0051_convert_20160618173541.jpg



それをおこたると
中に汚れがたまっていくことになり
味がだんだんわるくなってゆき
最終的には詰まって吸えなくなります。


吸った際に
葉が口に入るのが嫌な方は
慣れるまでパイプスクリーンがあってもいいかもしれません。
これ↓です。
これを火皿にセットします。
DSCN0057_convert_20160618172234.jpg

ですが
本来はパイプスクリーンなど使用しないのが煙管喫煙です。
上手に丸めて葉を火皿に詰められるようになり
吸い方が熟達してくればくるほどに
パイプスクリーンなしでも葉が口に入ることはなくなりますし
パイプスクリーンは無用の長物と化します。

自信がある方は
初めからパイプスクリーンなしで挑戦してみるのもいいかもしれません。





面倒くさそうに思えてきましたか?





ですが──




このこともまた
だからこそいいのです。




パイプスクリーンに関しては
私はヤフオクで安価なものを入手しました。
使わなくなった歯ブラシで擦って洗えば何度でも使いまわせるものです。
早い段階で使わないものになってしまったので
必要な方はメールフォームから連絡くだされば
残っているものを無料で郵送します。
私が持っていても仕方ありませんからね。


無水エタノールも
最初に買った一本から
ほとんど減ってません。


またこの
メンテナンスをするという作業は
車やバイクをメンテナンスしたり
お気に入りのペットや仕事道具の手入れをすると
だんだんとそれに愛着が湧いてくるように
煙管にも同じそれが湧いてきます。
相棒のようにすら思えてきます。
なんせ毎日顔を合わせるものですからね。

こんなことって
使い捨ての紙巻タバコでは考えられませんよね。




そんなわけで
次回後編は実践に移ってみたいと思います!













あなたのその身に、
いかなる逆境や順境が待ち受けているとしても、
どみどりくんは変わらず、
いずれあなたにおとなうであろう「発見」によりそっています。

今日のあなたを「ふしぎ発見」へといざなう音楽

「赤い公園 / 小粋」
作詞 津野米咲

誰もが自分のことで
本当はいっぱいいっぱいなんだ
寂しさに負けそうになって明日がこわくて
それでも優しさを振り絞ってゆく




パクチーの種を差し上げます。
詳しくはこちらの記事↓を読んでみてください。

http://domidorikun.jp/blog-entry-435.html

希望のメールを下さった方へ 
メールを送信してから10日経っても届かないようでしたら、またメールください。




この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

kakidonさん

ああ、上手いですねその例え。
kakidonさんも煙管愛煙家でいらっしゃったのですか。

まだ自宅とベランダでしか吸ったことがないのですが、職務質問を受けたりすることがあるのですね。知りませんでした。
確かに煙管は珍しいし人目に付きますもんね。

私は吸っても吸わなくてもいいくらい、依存度合が低いので、外には持って行かないのです。まだ煙管ケースを持っていないこともありますが。

大人やね~

僕も昔愛用してました。
新宿のカガヤ?で揃えてました。
巻きたばこは例えると、缶ビールぐいぐいな感じですが、キセルは自分で選んだグラスに自分で丸くした氷を入れてシングルモルトのウイスキーなんかチビチビ舐めるかんじっすかね~
ただ外で呑むときも吸いたいので、持っていこうと思ったのですが、職務質問受けた場合、相当面倒な事になりそうなので結局いつの間にか巻きたばこに戻っちゃいました。
じゃっくさんは粋に続けてね~
このブログが役に立ってると思った方はぼく↓をクリックしてもらえるとうれしいです。
最新投稿
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
「どみどりくん」あるいは「じゃっく」へのメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
どみどりな応援者
RSSリンクの表示
QRコード
QR
やあやあ、よく来てくれたね。

じゃっく&どみどりくん

Author:じゃっく&どみどりくん
オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』の、姉妹ブログ『どみどりくんの、世界ふしぎ発見』に遊びに来てくださりありがとうございます。管理人のじゃっくと申します。

『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』が「表通り」を行くブログなら、こちらのブログは「裏通り」を行くブログです。
両方合わせてようやく私のメッセージの完成形となりますが、選り好みして「表通り」だけ見てもらってもまったく問題ありません。
来るべきときが訪れたなら、おのずと「裏通り」も歩かされている自分を発見されますから(ニヤリ)

で、この「裏通りブログ」が何故に必要なのかと申しますと、早い話が「表通り」だけでは解決できない、処理しきれない問題(絶体絶命のピンチ)に、人は前触れもなく遭遇するからです。
誰しものそのときのためにこそ、私「じゃっく」が、フシギニストである「どみどりくん」に扮し(チャネリング?)ながら、この「裏通りブログ」は存在し続けます。


「世界ふしぎ発見」とは言っても、某テレビ番組が世界における「目に見えるふしぎ」を発見して紹介するのとは趣がちがい、このブログでは世界における「目には見えないふしぎ」の発見を書き記することを趣旨としています。

ですが、「目には見えない」とは言っても、「UFO」「超能力」「幽霊」といった類のものとは趣が違いますし、「スピリチュアル」ともまたちょっと違うのかもしれません。
「哲学」「宗教」とも言い切れませんし、「自己啓発」「人生哲学」ともまた少し違うかもしれません。

しいて言うなら、みなさんが今まで生きてきた中で、学校教育や家庭教育やマスメディアによって抗いようもなく培われ、育くまれた「常識」「当たり前」「思い込み」「偏見」「先入観」などをとっぱらった先にある「あるがままの世界」あるいは「究極の羅針盤」の発見ってところでしょうか。


たとえばですが、

『きみが何を考え、何に思い悩み、何を行為しようとも、きみ自身は実は何もしていないのさ』

いきなりこんなことを断言されたとしたら、どう思うでしょうか。
「うん、そうだと思ってた!」という方は、おそらくは皆無に近いかと思われます。
おそらくは「あ…ちょっとこの人、ヤバイ宗教とか入ってる感じの人なんだろうな。かかわらないようにしよう…」
おおかたそんなところではないでしょうか。

ですが、私は特定の宗教を信仰していませんし、歴史上の人物や現存するいかなる人物も、敬いはしても崇拝するような対象にはなりません。この先もずっと。




そもそもはこの「裏通りブログ」から私のブログ人生が始まり、私を通路として見い出されるふしぎ発見を、誰かと分かち合い、この「リアル人生ゲーム」に活かしたいがために、2つ目のブログ『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』を作るにまで発展してきました。

「分かち合い」ほどの、いち人生を賭けるに値する究極の財宝、自他一挙両得のベストバイブスは、他に見当たりませんもの。
自分がまずうれしいし、同時に誰かもうれしいだなんて、はっきり言って
最高!

じゃないですか。







「ふしぎ発見!」の終わりに、みなさまを発見へといざなう楽曲も紹介しています。よろしければあわせて楽しんでください。
※和訳した歌詞は、英語力のない私がグーグル翻訳を参考に、個人的解釈で訳したものなので、ちょっとおかしいよっていう訳もあるかと思いますが、大目に見ていただけましたら幸いです。

カテゴリの中の「スーパーふしぎ発見」には、ブログの核となる発見かな、と思われるものを並べています。まあ、だからどうってわけでもありません。

カテゴリの中の「映画」がいざなうふしぎ発見については、ネタバレしているものがほとんどなので、どうか「この映画これから見ようとしてたのに(泣)」なんてことにならないようお気を付けください。

一度投稿した「ふしぎ発見!」も、一年くらい間隔をあけて読み返すと「うーん…なんでこんなふうに書いたんだろう」「この表現は不適切だなあ」「今ならこんな言葉は使わないなあ」といったことがよくあります。
私はまったくいとわず何度でも記事を修正します。
修正することによって、伝えるべきメッセージが進化しつづけていることを私自身実感できますし、過去記事と現在の記事とで違いすぎるがために読者を混乱におとしいれてしまうような事態も軽減されます。
投稿日に対してコメントの日付が古い記事は、「あ、修正した記事なんだな」と思ってください。




ツイッターもやってます。
業者の方や宣伝目的の方じゃなければ、出来うる限りフォロー返ししています。