「元気の出るアイス」の作り方だよ

やあやあ
みんな元気かい

面倒くさがり屋なぼくが
面倒くさがり屋なみんたのために
抜けるだけ手を抜きながらも
財布にも身体にもやさしく
家族や友人にも喜ばれる
微生物活用法やお料理を紹介する
どみどりクックパッドの時間だよ!



今日はというと
数日前に紹介した
元気の出るジュースの応用編
その名も
「元気の出るアイス」!


このブログを見てくれている
きみのことだから
当然
元気の出るジュースは
作ってみたんでしょう?
という想定のもとに
早速レシピを紹介していくよ


あまりに簡単すぎて
卒倒必至!




まずはこれ

IMG_20160612_095024.jpg
IMG_20160612_095051_convert_20160615000055.jpg


100円ショップでも売ってる
これがないと
元気の出るアイスは始まらないよ




次に
きみの家の冷蔵庫に眠る
アイツ(元気の出るジュース)を取り出し

IMG_20160608_130616.jpg





8分目か7分目まで注ぐよ

IMG_20160612_095315_convert_20160615000106.jpg




なぜ満タンまで入れないのかというと
満タンまで入れると
あふれた状態で凍っちゃうから
(凍ると入れた位置より嵩が増すんだ)



だからね
このくらいにとどめるのが正解

IMG_20160612_095339_convert_20160615000119.jpg




その日の気温や機嫌によって
やたら泡立って注ぎにくいときや
言うことを聞いてくれないときもあるけれど
できあがりのアイスを食べたなら
そんな微生物のちょっとした気まぐれなんて──


「かわいいもんさ💛」
そう思えること請け合い!




さあ
そんなわけで
あとはただ冷凍庫に投入するのみ!

数時間もすれば──








ほうらね

IMG_20160613_084635_convert_20160615000129.jpg




このとおり!

IMG_20160613_084700.jpg




見よ!
この美しいシャーベット状のアイスを!

ただのジュースを凍らせても
固くて噛めやしない
単なる甘い氷ができあがるだけだけれども
このアイスは断じてちがうよ!



ほうらね!

IMG_20160613_084716.jpg





ほどよい食感!
微生物がいい具合に糖分を分解してくれているから
ほどよい甘さ!
しかも微生物は凍ったって死なないから
整腸作用も発揮!


アイス製造メーカーに
恨まれなきゃいいけどっていうくらいの
死角なしのアイスのできあがり




さあて
みんなも子供たちも
元気の出るアイスで
暑い夏を乗り切ろう!





補足をひとつ
アイスを1本
ケースから取り出すときは
無理に引っ張らず(プラスチックの棒が折れるから)
取り出したいアイスの下を
利き手と反対の手で
温めながら
利き手で耳を持って
やさしく左右にずらそうとすると
上手に抜けるよ














きみのその身に
いかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
ぼくは変わらず
いずれきみにおとなうだろう「発見」によりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見」へといざなう音楽

「Cokiyu(コキユ) / Hedgehog's Wedding」



パクチーの種を差し上げます。
詳しくはこちらの記事↓を読んでみてください。

http://domidorikun.jp/blog-entry-435.html

希望のメールを下さった方へ 
メールを送信してから10日経っても届かないようでしたら、またメールください。




この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

sayamaさん

でしょ!

これってけっこう大発明だと思うんだけどなあ。

chachachaさん

初めましてchachachaさん。
いつも遊びに来てくださっているとのことで、ありがとうございます。

塩麹、ぼくも試したことがないのですが、滅菌処理がされてない塩麹であれば、きっと成功すると思います。

ぼくも少食をしたり発酵食を意識する前は、病気がちな人生を歩んでいました。そのたびに、健康であることのありがたみを実感してきました。健康のありがたみをわかるために病気はあるんじゃないか、などとよく思ったものですが、今ではそのことに疑いの余地がありません。

No title

ただ注いで凍らせるだけでできるってすごいな。

No title

初めまして、いつも記事を読ませて頂いています。

今の飲んでいる炭酸飲料1.5リットルボトルが空けば
作って見ようと思います。

ただ、玄米が手元にないので塩麹でと思っています。
出来るかどうかわかりませんが。

昨年、心筋梗塞をやってしまい入退院を繰り返しました。
ぶっ壊れてわかる健康の有難さです。

これからも記事を読ませていただきます。
ありがとうございました。

このブログが役に立ってると思った方はぼく↓をクリックしてもらえるとうれしいです。
最新投稿
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
「どみどりくん」あるいは「じゃっく」へのメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
どみどりな応援者
RSSリンクの表示
QRコード
QR
やあやあ、よく来てくれたね。

じゃっく&どみどりくん

Author:じゃっく&どみどりくん
オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』の、姉妹ブログ『どみどりくんの、世界ふしぎ発見』に遊びに来てくださりありがとうございます。管理人のじゃっくと申します。

『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』が「表通り」を行くブログなら、こちらのブログは「裏通り」を行くブログです。
両方合わせてようやく私のメッセージの完成形となりますが、選り好みして「表通り」だけ見てもらってもまったく問題ありません。
来るべきときが訪れたなら、おのずと「裏通り」も歩かされている自分を発見されますから(ニヤリ)

で、この「裏通りブログ」が何故に必要なのかと申しますと、早い話が「表通り」だけでは解決できない、処理しきれない問題(絶体絶命のピンチ)に、人は前触れもなく遭遇するからです。
誰しものそのときのためにこそ、私「じゃっく」が、フシギニストである「どみどりくん」に扮し(チャネリング?)ながら、この「裏通りブログ」は存在し続けます。


「世界ふしぎ発見」とは言っても、某テレビ番組が世界における「目に見えるふしぎ」を発見して紹介するのとは趣がちがい、このブログでは世界における「目には見えないふしぎ」の発見を書き記することを趣旨としています。

ですが、「目には見えない」とは言っても、「UFO」「超能力」「幽霊」といった類のものとは趣が違いますし、「スピリチュアル」ともまたちょっと違うのかもしれません。
「哲学」「宗教」とも言い切れませんし、「自己啓発」「人生哲学」ともまた少し違うかもしれません。

しいて言うなら、みなさんが今まで生きてきた中で、学校教育や家庭教育やマスメディアによって抗いようもなく培われ、育くまれた「常識」「当たり前」「思い込み」「偏見」「先入観」などをとっぱらった先にある「あるがままの世界」あるいは「究極の羅針盤」の発見ってところでしょうか。


たとえばですが、

『きみが何を考え、何に思い悩み、何を行為しようとも、きみ自身は実は何もしていないのさ』

いきなりこんなことを断言されたとしたら、どう思うでしょうか。
「うん、そうだと思ってた!」という方は、おそらくは皆無に近いかと思われます。
おそらくは「あ…ちょっとこの人、ヤバイ宗教とか入ってる感じの人なんだろうな。かかわらないようにしよう…」
おおかたそんなところではないでしょうか。

ですが、私は特定の宗教を信仰していませんし、歴史上の人物や現存するいかなる人物も、敬いはしても崇拝するような対象にはなりません。この先もずっと。




そもそもはこの「裏通りブログ」から私のブログ人生が始まり、私を通路として見い出されるふしぎ発見を、誰かと分かち合い、この「リアル人生ゲーム」に活かしたいがために、2つ目のブログ『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』を作るにまで発展してきました。

「分かち合い」ほどの、いち人生を賭けるに値する究極の財宝、自他一挙両得のベストバイブスは、他に見当たりませんもの。
自分がまずうれしいし、同時に誰かもうれしいだなんて、はっきり言って
最高!

じゃないですか。







「ふしぎ発見!」の終わりに、みなさまを発見へといざなう楽曲も紹介しています。よろしければあわせて楽しんでください。
※和訳した歌詞は、英語力のない私がグーグル翻訳を参考に、個人的解釈で訳したものなので、ちょっとおかしいよっていう訳もあるかと思いますが、大目に見ていただけましたら幸いです。

カテゴリの中の「スーパーふしぎ発見」には、ブログの核となる発見かな、と思われるものを並べています。まあ、だからどうってわけでもありません。

カテゴリの中の「映画」がいざなうふしぎ発見については、ネタバレしているものがほとんどなので、どうか「この映画これから見ようとしてたのに(泣)」なんてことにならないようお気を付けください。

一度投稿した「ふしぎ発見!」も、一年くらい間隔をあけて読み返すと「うーん…なんでこんなふうに書いたんだろう」「この表現は不適切だなあ」「今ならこんな言葉は使わないなあ」といったことがよくあります。
私はまったくいとわず何度でも記事を修正します。
修正することによって、伝えるべきメッセージが進化しつづけていることを私自身実感できますし、過去記事と現在の記事とで違いすぎるがために読者を混乱におとしいれてしまうような事態も軽減されます。
投稿日に対してコメントの日付が古い記事は、「あ、修正した記事なんだな」と思ってください。




ツイッターもやってます。
業者の方や宣伝目的の方じゃなければ、出来うる限りフォロー返ししています。