マイケル・ジャクソン マネー支配者に立ち向かった戦士たち その1  BYイモータン・ジョー

このブログを訪れる者において
マイケル・ジャクソン
知らぬ者はいないだろう
hisface.jpg




どみどりくんや
じゃっくの出番を差し置いて
危機意識や不安を煽り立てる
オレさまの言ってることが
「トンデモ」だとか
「オカルト」だとか
「都市伝説」だとか
「陰謀論」だと揶揄する者でも
マイケル・ジャクソン
この曲「MONEY」の歌詞を見たなら
その凝り固まった思考回路に
風穴が空けられることになるにちがいない





これが
キング・オブ・ポップこと
世界的スーパースター
マイケル・ジャクソンの
真実のメッセージ






そして彼は
生涯に渡って──

マネーシステムの支配者
超財閥
金融エリート
国際金融資本
エリート主義者
フリーメーソン
イルミナティ
サタニスト
悪魔崇拝者
NWO実現を目論む者たち

など
様々な呼び方が飛び交う
地球人間社会の黒幕と
戦い続けてきた
人生
を送ったのだ




己の為
そして──
世界中の
99・9%の
支配される側の人々
のために








今回
最後に紹介する動画は
オレ様の見立てでは
シリーズ20まで存在する

マイケル・ジャクソン
あらゆるミュージックビデオや
アルバムジャケットや
コンサート演出などに
込められた一貫した意味

(MTVにおいて
黒人のビデオが流れるようになったことや
ミュージックビデオのその
表現の可能性を広げたこともまた
実はマイケル・ジャクソンの功績)
そして
マネー支配者の息のかかった
コンラッド・マーレイ医師に殺害されるまでの
そのライフワークにおける
あらゆる行動や発言

「イスラム教信者としてのマイケル」
        VS
「フリーメーソン(マネー支配者)」

であったことが
緻密に考察され
詳細に分析された動画である



「え?あのマイケルが
あの横暴なイスラム教を信仰してた?」

率直にそう思った貴様は
真のイスラム教の姿を知ることなく
支配者の飼い犬である
マスメディアがしつこく垂れ流す
横暴で残虐なイスラム教のイメージに
完全に洗脳されてしまっている


の動画にも
その証拠が示されているように
奴らは
都合の悪いことならば
youtubeの動画再生数すら
改ざんすることができる




2016年の8月現在
熱心に翻訳作業にあたってくれたのだろう
Jessica0701さんによって
シリーズ⑱までが
日本語字幕付きで視聴することができる
(シリーズ②だけが
どういうわけか見ることができない)

下の①③④だけでも
拝見する価値がある
時間に余裕がある者は
それ以後のシリーズも
拝見することをお勧めする



















イモータン・ジョー!
「支配者視点」
「支配の種明かし」をしてくれる
我らがジョーさまのお人よしコーナーでした。

ですが
忘れないでください。
この世は自由意志なき
体験型リアル人生ゲームです。
マイケルも
支配する側も
あなた自身もまた
「縁起」という名の
創造主が定めたレールの上を
走っているにすぎない存在であり
だからこそ心置きなく
存分にゲーム(人生)に遊べるということを。












あなたのその身に、
いかなる逆境や順境が待ち受けているとしても、
どみどりくんは変わらず、
いずれあなたにおとなうであろう「発見」によりそっています。

今日のあなたを「ふしぎ発見」へといざなう音楽

「Michael Jackson(マイケル・ジャクソン) / BAD」
作詞 Michael Jackson

お前のやり方はお見通しさ
可能性は無限だと言われる
まったく同感だ
でもお前はまだ何も見ちゃいない
オレを見てるがいい




パクチーの種を差し上げます。
詳しくはこちらの記事↓を読んでみてください。

http://domidorikun.jp/blog-entry-435.html

希望のメールを下さった方へ 
メールを送信してから10日経っても届かないようでしたら、またメールください。




この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

sayamaさん

全世界で1%いればいいほうではないだろうか。

インターネットの言論統制体制が整う前に、マイケルのメッセージを一人でも多くに波及させねばならない。

えびはんさん

どうもスマートフォン環境だと日本語字幕が表示されないらしい。

パソコンでなら字幕が出るはずだ。

No title

マイケル・ジャクソンファンでこの真実を知ってるやつが果たして全体の何%いることか。

No title

こんにちは、曲を聴いてみたら、日本語字幕がないのでちょっと意味を理解できませんが、マイケルジャクソンも、そういうメッセージをわたしたちに送ってくれていたんですね!
このブログが役に立ってると思った方はぼく↓をクリックしてもらえるとうれしいです。
最新投稿
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
「どみどりくん」あるいは「じゃっく」へのメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
どみどりな応援者
RSSリンクの表示
QRコード
QR
やあやあ、よく来てくれたね。

じゃっく&どみどりくん

Author:じゃっく&どみどりくん
オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』の、姉妹ブログ『どみどりくんの、世界ふしぎ発見』に遊びに来てくださりありがとうございます。管理人のじゃっくと申します。

『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』が「表通り」を行くブログなら、こちらのブログは「裏通り」を行くブログです。
両方合わせてようやく私のメッセージの完成形となりますが、選り好みして「表通り」だけ見てもらってもまったく問題ありません。
来るべきときが訪れたなら、おのずと「裏通り」も歩かされている自分を発見されますから(ニヤリ)

で、この「裏通りブログ」が何故に必要なのかと申しますと、早い話が「表通り」だけでは解決できない、処理しきれない問題(絶体絶命のピンチ)に、人は前触れもなく遭遇するからです。
誰しものそのときのためにこそ、私「じゃっく」が、フシギニストである「どみどりくん」に扮し(チャネリング?)ながら、この「裏通りブログ」は存在し続けます。


「世界ふしぎ発見」とは言っても、某テレビ番組が世界における「目に見えるふしぎ」を発見して紹介するのとは趣がちがい、このブログでは世界における「目には見えないふしぎ」の発見を書き記することを趣旨としています。

ですが、「目には見えない」とは言っても、「UFO」「超能力」「幽霊」といった類のものとは趣が違いますし、「スピリチュアル」ともまたちょっと違うのかもしれません。
「哲学」「宗教」とも言い切れませんし、「自己啓発」「人生哲学」ともまた少し違うかもしれません。

しいて言うなら、みなさんが今まで生きてきた中で、学校教育や家庭教育やマスメディアによって抗いようもなく培われ、育くまれた「常識」「当たり前」「思い込み」「偏見」「先入観」などをとっぱらった先にある「あるがままの世界」あるいは「究極の羅針盤」の発見ってところでしょうか。


たとえばですが、

『きみが何を考え、何に思い悩み、何を行為しようとも、きみ自身は実は何もしていないのさ』

いきなりこんなことを断言されたとしたら、どう思うでしょうか。
「うん、そうだと思ってた!」という方は、おそらくは皆無に近いかと思われます。
おそらくは「あ…ちょっとこの人、ヤバイ宗教とか入ってる感じの人なんだろうな。かかわらないようにしよう…」
おおかたそんなところではないでしょうか。

ですが、私は特定の宗教を信仰していませんし、歴史上の人物や現存するいかなる人物も、敬いはしても崇拝するような対象にはなりません。この先もずっと。




そもそもはこの「裏通りブログ」から私のブログ人生が始まり、私を通路として見い出されるふしぎ発見を、誰かと分かち合い、この「リアル人生ゲーム」に活かしたいがために、2つ目のブログ『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』を作るにまで発展してきました。

「分かち合い」ほどの、いち人生を賭けるに値する究極の財宝、自他一挙両得のベストバイブスは、他に見当たりませんもの。
自分がまずうれしいし、同時に誰かもうれしいだなんて、はっきり言って
最高!

じゃないですか。







「ふしぎ発見!」の終わりに、みなさまを発見へといざなう楽曲も紹介しています。よろしければあわせて楽しんでください。
※和訳した歌詞は、英語力のない私がグーグル翻訳を参考に、個人的解釈で訳したものなので、ちょっとおかしいよっていう訳もあるかと思いますが、大目に見ていただけましたら幸いです。

カテゴリの中の「スーパーふしぎ発見」には、ブログの核となる発見かな、と思われるものを並べています。まあ、だからどうってわけでもありません。

カテゴリの中の「映画」がいざなうふしぎ発見については、ネタバレしているものがほとんどなので、どうか「この映画これから見ようとしてたのに(泣)」なんてことにならないようお気を付けください。

一度投稿した「ふしぎ発見!」も、一年くらい間隔をあけて読み返すと「うーん…なんでこんなふうに書いたんだろう」「この表現は不適切だなあ」「今ならこんな言葉は使わないなあ」といったことがよくあります。
私はまったくいとわず何度でも記事を修正します。
修正することによって、伝えるべきメッセージが進化しつづけていることを私自身実感できますし、過去記事と現在の記事とで違いすぎるがために読者を混乱におとしいれてしまうような事態も軽減されます。
投稿日に対してコメントの日付が古い記事は、「あ、修正した記事なんだな」と思ってください。




ツイッターもやってます。
業者の方や宣伝目的の方じゃなければ、出来うる限りフォロー返ししています。