「ポケットなきビリヤード」な世界だよ

宇宙という名の
ビリヤード台には
気が遠くなるほどの
無数の球(粒子)
散らばっているよ

それらのには
科学で確認できる球
科学では確認できない球との
二種類があるんだ

きみ
両方の球の集合体
ぼく
両方の球の集合体

地球だって
両方の球の集合体
太陽だって
両方の球の集合体

あの
両方の球の集合体
あの
両方の球の集合体

あの
あの
あの動物
あの気持ち
あの思考
あれもこれもそれもどれも…
両方の球の集合体
これら
一個一個の球こそが
 
そう呼ばれているものに
他ならないよ

そして
人の数だけ
真実が存在するように
人の数だけ
ビリヤード台は存在していて
人の数だけ
球が織り成す
軌道(人生)
はあって

最初の
手球
何者かに
突かれた瞬間に
宇宙は始まり
一度も停止することなく
は台の上を
転がりつづけているよ

この壮大なビリヤード
俯瞰する視点に
立ってみれば
競争相手なんて
どこにも見当たらないし
勝ちも負けも 
どこにも見当たらないし
幸も不幸も
どこにも見当たらないし
生も死も
どこにも見当たらない
んだ

いつだって世界は
球と球とが
諸行無常をくり返し
球と球とが
接触したり
離れたりすることによって起こる
なんらかの現象だけが
起きつづけているのみ


球と球とは
いくつもの線となって
つながってきたし
これからも
つながってゆく


球と球とは
いくつもの線となって
とを
この世界に
描きつづける















今日はどんな一日になるだろうね
あるいは どんな一日だったかな
きみにいかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
「ふしぎ発見!」は変わらず
きみのこころの奥深くによりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見!」へといざなう楽曲を紹介するね

「Tell Your World / 初音ミク」
作詞作曲 kz

君が伝えたいことは
君に届けたいことは
いくつもの線は円になって
全て繋げてく どこにだって





ぼくを応援してくれる人は、一日に一回、ぼくをクリックしてくれるとうれしいです。より多くの人へこのブログが届くきっかけになるので、すごくうれしいです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

konchikiさん

「どうして自分がこんな目に…」とか「何をやってもうまくいかない…」なんていう問題に直面したときにだけ、このことを拠り所にすればいいんだ。
開いた傷口の痛み止めの役割になるから。

それ以外の日常は、せったん老師が言ったように「花のように何も知らずに生きる」に限ると思う。

また来て!待ってるから^^

No title

>ぼくだって、いつ、どんなところに転がっていくのか、まったく予測がつかないし、konchikiさんもそれはおんなじ。

そうだね。。
でも、そういう覚者目線というか、虚無目線というか、それ持ち出されたらおしまいよみたいな目線。なんだか居心地が悪い、というか正直好きじゃないんだよね。。

だって選挙なんかの時は、やっぱしアイツじゃあだめだとかの主観的な問題意識に自動的に反応して行動するんだよね?
で、それでいい、ていうかそれしかないんだよね?っていう・・


と、ここまで書いて、あ、覚者目線というか(覚者視点というか)も手のひらの中・・ていうか、覚者目線そのものも、覚者目線のいい悪いも、みんなkonchikiが創ってるんだって今気がついた!・・いやはやー
今回はこれを気づきたくてここに来たのかも・・

なんでかわからないんだけど、konchikiは、
東山寺のせったん老師という方の悟後の修行者に向けた言葉に、「花のように何も知らずに生きなさい」ってのがあって、
konchikiはこの言葉になぜか魅かれて正しいと思っていて、それを正しいとしているのが自分だってことに気付かなかったんだ・・
いや、だから間違ってたってことじゃなくて、ただ、そういうことなんだと。。

どみどりくん、ありがとう!

また来る!

konchikiさんありがとう

ほんとkonchikiさんの言うとおり。
こんな世界を創ったっていうこと、それ自体がたいへんなことっていうか、あんた正真正銘の天才だよっていうか。

日々、そのことにたびたび圧倒されているよ。

…でも、まさに自分がその創造した張本人でもあるっていう不思議。



覚者だって一緒だよ、み~んな手のひら。み~んな転がされてるだけ。

konchikiさんがそれをビジネスにする輩が嫌いっていうその気持ちも、精神世界をビジネスにしている人々も、転がされた先にそういう気持ちや行為が待っていただけの話で。ぼくだって、いつ、どんなところに転がっていくのか、まったく予測がつかないし、konchikiさんもそれはおんなじ。

ぼくが今こうして書いている文章それ自体も、konchikiさんとの対話っていう、転がされた先にあったものの結実。

でも、そのことをわかっていてなお、ぼくはこの世界が大好きだし、この世界が魅力的でたまらないよ。

ありがとう

いつかどみどりくんに自由意思のことを確かめてみたいと思ってたので、よかった、ありがとう!


>犯罪を助長するという意見もあるかもしれないけれど、犯罪を助長する可能性のないものなんてこの世界にひとつもないし、デメリットのないメリットはありえないよ。

うん、ていうか、konchukiは、自由意思の有無の話になると、犯罪だけピックアップして語るケースが世間には多いからそれを挙げたまでで、
全部、一切、砂粒まで縁起(一体)なんだから、そこだけ都合よく取り出して言うこと自体が破たんしたおかしな話なんだということはわかってるの。

だって、砂粒一つに、どうしてその浜辺にいるの?って聞いても、聞いてる人も砂粒と同じ立場なんだもんね。


でもいつも思うんだけど、
頭だけで考えたら(悟っていなければ)、どうしたって自分の立場にたって都合よく切り取って都合よく解釈してしまうのが人間だから難しいね。
まあ、それに対してあれこれ問題提起したり対策するのだって、すべてすべて縁起、宇宙の采配、お釈迦様の手の中、の話なんだろうけど。

でも、悟っていなくても、こういうことをじっくり考えるだけでも、許すっていう感覚がなんなのかちょっぴりわかってくるから不思議。
ほとんど許せてないけどね(笑)許せてない自分を許す(笑)

誰だって批判されれば辛いし、褒められればうれしい、こういう感覚がまず<自動的に>生まれること自体が、自分の意思で主体的に生きているっていう信念が自動的に働いているからだよね?
覚者と言われる人もその手の中で生きてるんだよね(そうじゃないフリしてお高いお商売までしてる人もいるけどさあ( 一一))

なーんて横道それちゃったけど(←確信犯だろっ)
ほんとに、だから結局、わー・・この世界をつくった神すげー・・になる今日この頃。。だよ。

ありがとう

yoku358さん

載せるほどのコメントではないとのことで、ぼくはそんなことないのにと思うのですが、yoku358さんがそう希望されているので、公開しないまま置かせてください。

ぼくも同じです。
みんな好きなように好きなことを主張すればいいと思ってます。
ぼくはぼくが伝えたいことをブログなどで主張しますが、誰かと論争(相手を言い負かすような)したりする気はまったくないです。
そんなことに時間を使うくらいなら、家族とお喋りしたり、ふしぎ発見をする時間にあてたいな、そう思います。

そして、人間それ自体が「主観」を出入口にしてしか言葉を扱うことができない存在なので、ぼくが主張するまでもなく、おのずとみんながそれぞれ好きなことを勝手に主張するようにできている、と考えています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

sayamaさん

今回のふしぎ発見、どころか、この世界の仕組みを象徴しているかもしれないね。

No title

初音ミクのミュージックビデオが今回のふしぎ発見!を象徴してるな。

yoku358さん

ありがとうございます。

一日に数回来訪いただいてるなんて、こんなに光栄なことはありません。とはいえ、ぼく自身は「何もしていない存在」でしかないので、ぼくの力はそこに1gも介入していないんですけどね^^;

yoku358さんはもちろん、このブログを見に来てくださるすべての方が、「実はすでに知っていること」を、「知りたい」「なんか気になる」あるいは「わかるようでわからない」「さっぱりわからない」というそれらのことを味わいたいがために、あえて「知らない」という設定を設けて、こうしてぼくのところに遊びに来てくださいます。

おかしな話だなあ。

konchikiさん

うん。究極的な話をしてしまえば、決まってるってことになっちゃう。
何から何まで。
砂埃ひと粒の動きまで。
ぼくが「誰も何もしていない」とくり返し言うのは、だからこそだよ。

でも、それはそうなんだけど、それを言っちゃあお仕舞いよっていうか、それを言ってしまうと、もう、それに続く言葉すべてを無意味にする破壊力を持っているよね、ラピュタでいう「バルス」みたいな。

この前konchikiさんが教えてくれた方の、渦の話もおんなじだよ。
この世界を海だとするなら、形を成して存在してるものは渦になった状態の部分で。単にそこが渦になってるっていうだけで、素粒子クラスの最小限の部分まで元を辿れば、やっぱりそれは海でしかなくて。
でも、ある一カ所で渦ができるときって、広大な海の中で、そのすべての因果関係の中で、ちゃんとできるべくしてできてるんだよね。
性交を経たからこそ新たな生命(新たな渦)が誕生するようにね。

でもね、自分の力で、自由意志でもって自分は生きれてるって強く信じている立場の人に、わざわざ面と向かって「誰も何もしていない」なんて言う気はないし、そういう人にぼくの言葉は必要ないんだ。

過去の出来事に後悔する人や、自己責任の重さに押しつぶされそうな人や、未来に不安や恐れを抱かずには生きられない、そういう立場にある人にこそ、「バルス」は有効活用できると思ってる。
有効活用されなかったとしても、それはそれで仕方ないし、ぼくにできることは、ただ目の前で起き続けることに向き合っていくだけ。

犯罪を助長するという意見もあるかもしれないけれど、犯罪を助長する可能性のないものなんてこの世界にひとつもないし、デメリットのないメリットはありえないよ。

だから、ぼくはぼくのあるがままに、書きたいと思ったことを書き続けるだけだし、したいと思ったことをし続けるだけなんだ。

むずかしく考えることないよ。
「なにをしてもそうならざるをえなかったことの連続」ってことは、
裏を返せば、
HIDEのROCKET DIVEじゃないけれど、
「何にもないってこと、そりゃあ
なんでもアリって事
君の行きたい場所へ何処でも行ける」ってことだから。

おはようございます

本日、1回目の来訪です(笑)
なぜかっていうと、読み返すごとに
初めは、文章をそのまま流し読んで
で、何度か行間を読み
そのうち、多分私はビリヤードの玉になってる。

No title

うーん・・つまり、運命は決まってる、ってこと・・だよね?

てことは、人には自由意思があると思わされてるだけで、ほんとは私が次に何を意図して何を決定するかまでも決まってるってことになり・・・

あるいは、誰かが犯罪を犯してもそれは運命だったってことになり、
だから誰も裁けないのか、というと、それを許さないという規則ができるのも運命として決まってるってことになり・・・
ってこと?

なんかkonchikiのアタマじゃほんとによくわからなくなるけど、
これって結局人間には一寸先が読めないんだから、運命が決まっていようがいまいが関係ないってことになってきそう・・
だって、自分が宝くじに当たるか当たらないか決まっているとしたってその運命が読めないんだから、
やっぱり買ってみるしかない、ってことだもんね?


ていうか、これって頭だけで考えてると、
自分や他人を許せないという苦しみからは解放されるけど、
自分や他人の幸せもそれほど喜ぶほどのことじゃなくなるね(笑)

・・ん?あ、そうか、一切皆苦。
喜びさえも「苦」の元だから、そういう縁起を見抜いちゃえば、一切の苦から解放されて愉快だよって話なのか。。
うーん・・まあわからないや(´▽`)
ワンクリックいただけると励みになります。
最新投稿
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
「どみどりくん」あるいは「じゃっく」へのメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
どみどりな応援者
RSSリンクの表示
QRコード
QR
やあやあ、よく来てくれたね。

じゃっく&どみどりくん

Author:じゃっく&どみどりくん
オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』の、姉妹ブログ『どみどりくんの、世界ふしぎ発見』に遊びに来てくださりありがとうございます。管理人のじゃっくと申します。

『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』が「表通り」を行くブログなら、こちらのブログは「裏通り」を行くブログです。
両方合わせてようやく私のメッセージの完成形となりますが、選り好みして「表通り」だけ見てもらってもまったく問題ありません。
来るべきときが訪れたなら、おのずと「裏通り」も歩かされている自分を発見されますから(ニヤリ)

で、この「裏通りブログ」が何故に必要なのかと申しますと、早い話が「表通り」だけでは解決できない、処理しきれない問題(絶体絶命のピンチ)に、人は前触れもなく遭遇するからです。
誰しものそのときのためにこそ、私「じゃっく」が、フシギニストである「どみどりくん」に扮し(チャネリング?)ながら、この「裏通りブログ」は存在し続けます。


「世界ふしぎ発見」とは言っても、某テレビ番組が世界における「目に見えるふしぎ」を発見して紹介するのとは趣がちがい、このブログでは世界における「目には見えないふしぎ」の発見を書き記することを趣旨としています。

ですが、「目には見えない」とは言っても、「UFO」「超能力」「幽霊」といった類のものとは趣が違いますし、「スピリチュアル」ともまたちょっと違うのかもしれません。
「哲学」「宗教」とも言い切れませんし、「自己啓発」「人生哲学」ともまた少し違うかもしれません。

しいて言うなら、みなさんが今まで生きてきた中で、学校教育や家庭教育やマスメディアによって抗いようもなく培われ、育くまれた「常識」「当たり前」「思い込み」「偏見」「先入観」などをとっぱらった先にある「あるがままの世界」あるいは「究極の羅針盤」の発見ってところでしょうか。


たとえばですが、

『きみが何を考え、何に思い悩み、何を行為しようとも、きみ自身は実は何もしていないのさ』

いきなりこんなことを断言されたとしたら、どう思うでしょうか。
「うん、そうだと思ってた!」という方は、おそらくは皆無に近いかと思われます。
おそらくは「あ…ちょっとこの人、ヤバイ宗教とか入ってる感じの人なんだろうな。かかわらないようにしよう…」
おおかたそんなところではないでしょうか。

ですが、私は特定の宗教を信仰していませんし、歴史上の人物や現存するいかなる人物も、敬いはしても崇拝するような対象にはなりません。この先もずっと。




そもそもはこの「裏通りブログ」から私のブログ人生が始まり、私を通路として見い出されるふしぎ発見を、誰かと分かち合い、この「リアル人生ゲーム」に活かしたいがために、2つ目のブログ『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』を作るにまで発展してきました。

「分かち合い」ほどの、いち人生を賭けるに値する究極の財宝、自他一挙両得のベストバイブスは、他に見当たりませんもの。
自分がまずうれしいし、同時に誰かもうれしいだなんて、はっきり言って
最高!

じゃないですか。







「ふしぎ発見!」の終わりに、みなさまを発見へといざなう楽曲も紹介しています。よろしければあわせて楽しんでください。
※和訳した歌詞は、英語力のない私がグーグル翻訳を参考に、個人的解釈で訳したものなので、ちょっとおかしいよっていう訳もあるかと思いますが、大目に見ていただけましたら幸いです。

カテゴリの中の「スーパーふしぎ発見」には、ブログの核となる発見かな、と思われるものを並べています。まあ、だからどうってわけでもありません。

カテゴリの中の「映画」がいざなうふしぎ発見については、ネタバレしているものがほとんどなので、どうか「この映画これから見ようとしてたのに(泣)」なんてことにならないようお気を付けください。

一度投稿した「ふしぎ発見!」も、一年くらい間隔をあけて読み返すと「うーん…なんでこんなふうに書いたんだろう」「この表現は不適切だなあ」「今ならこんな言葉は使わないなあ」といったことがよくあります。
私はまったくいとわず何度でも記事を修正します。
修正することによって、伝えるべきメッセージが進化しつづけていることを私自身実感できますし、過去記事と現在の記事とで違いすぎるがために読者を混乱におとしいれてしまうような事態も軽減されます。
投稿日に対してコメントの日付が古い記事は、「あ、修正した記事なんだな」と思ってください。




ツイッターもやってます。
業者の方や宣伝目的の方じゃなければ、出来うる限りフォロー返ししています。