「ミラーボール」こそが、この世界そのものだよ

なにゆえ
少年
少女
陰湿ないじめをくり返すのか
逃げ道を見い出す前に
自殺する者が絶えないのか

インターネットのせいだとか
家庭環境のせいだとか
学校教育のせいだとか
競争社会のせいだとか
腐敗政治のせいだとか
大人はあれこれ
原因となるものを
ピックアップするんだけれども
お手上げ状態ってことが
正直なところかもしれない

なんせ
原因とおぼしき
どんなものを
そこに持ち込んだとしても
どれもこれも
それもあれも
ミラーボールの中の
いち鏡面(いち主観)のこと
でしかないから

ぼくのこのブログ
ふしぎ発見!もおんなじ
ひとつの記事で
言い表せるものは
ミラーボールの中の
いち鏡面(いち主観)
ただそれだけ


ミラーボールの全体
見ることに徹してみれば
少年少女がしたことは
きみがしたことでもあり
世界がしたことでもある

そのことが見えて来るんだ

原発問題も
戦争問題も
人権問題も
環境汚染問題も
その他の
ありとあらゆる
問題と銘打たれた
問題の数々も同じ

天文学的数字を
超えるほどの数の
鏡面でできた
世界 という名の
巨大ミラーボール

そのすべての鏡面に
光があたってこそ
初めて
世界は
踊りだす


ていうより
世界はすでに
踊っているし
踊りつづけてきたし
これからも踊りつづけてゆくんだ

フロアには
音楽が
こだますし

存在者たちのパーティーは
今夜も止まらないさ









きみのその身に
いかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
ぼくは変わらず
いずれきみにおとなうだろう「発見」によりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見」へといざなう音楽

「Stayin' Alive(生き続けてる) / Bee Gees(ビージーズ)」
作詞 バリー・ギブ、ロビン・ギブ、モーリス・ギブ

Life goin' nowhere,
人生は
どこかに行ったりなんかしない
somebody help me, yeah
オレは生かされてる いぇあ
I'm stayin' alive
オレは生き続けてる




パクチーの種を差し上げます。
詳しくはこちらの記事↓を読んでみてください。

http://domidorikun.jp/blog-entry-435.html

希望のメールを下さった方へ 
メールを送信してから10日経っても届かないようでしたら、またメールください。




この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます

たとえばぼくは、「完璧じゃない自分が許せない」ことに苦痛を感じたなら、そのことをまんま観察します。
ああ、今自分は「完璧じゃない自分が許せない」ことに苦痛を感じている…。
この苦痛から抜け出たくてたまらないと思ってる…。
この苦痛のせいでイラついている…。
悲観的になってる…。
自暴自棄になってる…。
人のわるいところばかり目についてる…。
人や物に八つ当たりしてる…。
こんな具合に、変化していく様を観察していきます。
そしてこの苦しみもまた、この世界に無限に散りばめられた「豊かさ」のひとつであることを、思い起こそうとするでもなく勝手に思い起こします。調子がいい時は、この時点で「苦しみ」は切り離されます。
そのとき切り離されなくとも、時間の経過とともに、いつの間にか苦痛は消えてなくなってます。
もちろん、それは前触れもなく再びやって来ます。両極の間の中で、常に変化し続ける世界なだけに。
その時はまた、その時起きていることを観察するのみです。

ある意味、作家やミュージシャンや絵描きは、yoku358さんのように内から湧き出るものをアウトプットすることによって、同じように内面が整理され、収拾されることをしていると言って過言ではないと思います。
そういう意味では、ぼくもそれと同じだと思います。
ただ、それをビジネスにしていくとなると、話はまた別で。
自分がアウトプットしたい純度100%のものに、「大人の事情」というフィルタリングがかけられていきます。妥協し、自分に嘘をつかなければ、多くの人に身銭を切ってもらえるような作品をアウトプットするのは至難の業ですからね。偽りなき自分と、お金や地位や名誉を天秤にかけながら、人によっては収拾されるどころか、精神に支障をきたすことにもなりかねませんし、表向きは華やかで幸せそうに見える表現者たちでも、その内実は…という人は結構いると思います。
ですが、Yoku358さんは、書きたいことをまんまアウトプットできる立場にあります。
言葉は、ぼくから出て来るものでも、yoku358さんから出て来るものでもなく、彼方からやって来ては通過していくものです。
ここを通してくれ!と扉を叩いている者がいるのであれば、通してやるのがやはり健全だと思います。
通りたがってる者を通してやることに自責の念なんて不要で、「だって通りたいって言うんだから仕方ないじゃん!」て話です。
どんどん通して通して通しまくって、枯渇するまで通し切ってあげてしまえば、答えはきっとそこにあると思います。
そのことによって誰かに迷惑をかけてしまうこともあるのかもしれませんが、誰かに迷惑をかけずには生きることができない世界(縁起の世界)に在る以上、迷惑をかけ、かけられることは必須の定めです。
じゃんじゃん人に迷惑かけましょう(なるべく社会的な制裁を受けない程度に!)。

「きっと」だなんて、無責任な言葉を投げかけてしまってごめんなさい。

こちらこそ、この場を通してyoku358さんと繋がることができることに感謝します。

No title

ですね~
あ、10円足りない!貸して・・みたいな

結局、なるようになる事は解っているのだけれど
結果は、必ず案ずるより産むが易し!になっている。私の場合
しかし・・・・
なにが嫌って、そこでエアー抜きしなければならない自分がいる事なんですよ。
起こってくること事態より、その結果までの間に制御不能になる自分がいる事
これが一番イラつくことですね~
このエアー抜きをしなければならない自分、それを許せない自分がいる。それがしばらく続く。
どうにもならないって解っているけど・・・・・完璧じゃない自分が一番許せないですね~なんで、こうなのか?自分が自分である事
それが、こういう事態が起こった時始まる苦痛なんですよ。
こういう事、どみどりくんにはないですか?
この地獄も、時間が経つと収まってくるのですが・・・・
って、こうして書いていると、自然に冷静になっていく自分もいる。
私の中には、沢山の私がいて、それがみな勝手な行動をとる。
そして、最期には冷静な自分に収拾されていくのを感じてます。
って、べつに心の病では無いですが・・・
多重人格的感覚を目覚めながら味わっている。まさにそんな苦痛ですね。だから、書く事を止められないんですよ。
書く事(ブログ)で、最後は一つになっていくからです。
やっぱり多重人格なのかな~(;´Д`)疲れる~
事象とその中で作り上げていく自分との時間差
この微妙な時間差が、自分の中に新たな自分を創造してしまうのだけれど、この時間差がなければいや、時間差より冷静さなのかな・・・・・何度も何度も同じ事を繰り返している
そんな自分に気づきながら、制御できない自分への自責の念ですね。これがはじまると、針のむしろ・・・・・
すいません。またはじまった。
こちらで、こんな事書いても始まらないというのに・・・・・・
いつも、コメント書いては削除をお願いするのは
こういう事なのです。
だから、今回はあえて削除をしてください!とは言いません。
もしかしたら、この針のむしろから脱出できる時が来たのかもしれませんね。
どみどりくんには、不快な思いをさせて申し訳ないのですが
なんだか、今その底なし沼から抜け出そうな感覚がきています。
この場をお借りできたこと、心から感謝します。

yoku358さん

「こんにちは」ではなく、もはや「こんばんは」ですね。

失礼しました!

yoku358さんこんにちは

前の記事にも書いたことがあるのですが、自分が防御態勢のできてることって、あんまりふりかかって来ないし、起こらないものなんですよね。自分にとって大きな出来事に関しては、特に。

想定内のことがふりかかっても、その人にとってなんの学びにも刺激にもならないから、なんだと僕は見てます。

いやあ、仲間由紀恵さんではありませんが、「何もかも全部お見通しだ!」とは、まさにこのこと(;´Д`)

でも見方を変えれば、自分だけがそのことを抱えてるわけじゃないし、自分のためにそうしてくれてる存在がいるっていう、安心感になるんです。

こんにちは

本当に、呆れるほど
世の中「なんでこんな事になってるの!」
という理解不能な事ばかりでありんす。
忙しい時は、本当に忙しいもんですね
暇なときは、暇で暇でしょうが無い~と思っていたけど
起こってくる事は、予測不可能な事が、自分の知識や常識を飛び越えてやって来る。こういう時は、焦るわ~(;´Д`)
このブログが役に立ってると思った方はぼく↓をクリックしてもらえるとうれしいです。
最新投稿
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
「どみどりくん」あるいは「じゃっく」へのメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
どみどりな応援者
RSSリンクの表示
QRコード
QR
やあやあ、よく来てくれたね。

じゃっく&どみどりくん

Author:じゃっく&どみどりくん
オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』の、姉妹ブログ『どみどりくんの、世界ふしぎ発見』に遊びに来てくださりありがとうございます。管理人のじゃっくと申します。

『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』が「表通り」を行くブログなら、こちらのブログは「裏通り」を行くブログです。
両方合わせてようやく私のメッセージの完成形となりますが、選り好みして「表通り」だけ見てもらってもまったく問題ありません。
来るべきときが訪れたなら、おのずと「裏通り」も歩かされている自分を発見されますから(ニヤリ)

で、この「裏通りブログ」が何故に必要なのかと申しますと、早い話が「表通り」だけでは解決できない、処理しきれない問題(絶体絶命のピンチ)に、人は前触れもなく遭遇するからです。
誰しものそのときのためにこそ、私「じゃっく」が、フシギニストである「どみどりくん」に扮し(チャネリング?)ながら、この「裏通りブログ」は存在し続けます。


「世界ふしぎ発見」とは言っても、某テレビ番組が世界における「目に見えるふしぎ」を発見して紹介するのとは趣がちがい、このブログでは世界における「目には見えないふしぎ」の発見を書き記することを趣旨としています。

ですが、「目には見えない」とは言っても、「UFO」「超能力」「幽霊」といった類のものとは趣が違いますし、「スピリチュアル」ともまたちょっと違うのかもしれません。
「哲学」「宗教」とも言い切れませんし、「自己啓発」「人生哲学」ともまた少し違うかもしれません。

しいて言うなら、みなさんが今まで生きてきた中で、学校教育や家庭教育やマスメディアによって抗いようもなく培われ、育くまれた「常識」「当たり前」「思い込み」「偏見」「先入観」などをとっぱらった先にある「あるがままの世界」あるいは「究極の羅針盤」の発見ってところでしょうか。


たとえばですが、

『きみが何を考え、何に思い悩み、何を行為しようとも、きみ自身は実は何もしていないのさ』

いきなりこんなことを断言されたとしたら、どう思うでしょうか。
「うん、そうだと思ってた!」という方は、おそらくは皆無に近いかと思われます。
おそらくは「あ…ちょっとこの人、ヤバイ宗教とか入ってる感じの人なんだろうな。かかわらないようにしよう…」
おおかたそんなところではないでしょうか。

ですが、私は特定の宗教を信仰していませんし、歴史上の人物や現存するいかなる人物も、敬いはしても崇拝するような対象にはなりません。この先もずっと。




そもそもはこの「裏通りブログ」から私のブログ人生が始まり、私を通路として見い出されるふしぎ発見を、誰かと分かち合い、この「リアル人生ゲーム」に活かしたいがために、2つ目のブログ『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』を作るにまで発展してきました。

「分かち合い」ほどの、いち人生を賭けるに値する究極の財宝、自他一挙両得のベストバイブスは、他に見当たりませんもの。
自分がまずうれしいし、同時に誰かもうれしいだなんて、はっきり言って
最高!

じゃないですか。







「ふしぎ発見!」の終わりに、みなさまを発見へといざなう楽曲も紹介しています。よろしければあわせて楽しんでください。
※和訳した歌詞は、英語力のない私がグーグル翻訳を参考に、個人的解釈で訳したものなので、ちょっとおかしいよっていう訳もあるかと思いますが、大目に見ていただけましたら幸いです。

カテゴリの中の「スーパーふしぎ発見」には、ブログの核となる発見かな、と思われるものを並べています。まあ、だからどうってわけでもありません。

カテゴリの中の「映画」がいざなうふしぎ発見については、ネタバレしているものがほとんどなので、どうか「この映画これから見ようとしてたのに(泣)」なんてことにならないようお気を付けください。

一度投稿した「ふしぎ発見!」も、一年くらい間隔をあけて読み返すと「うーん…なんでこんなふうに書いたんだろう」「この表現は不適切だなあ」「今ならこんな言葉は使わないなあ」といったことがよくあります。
私はまったくいとわず何度でも記事を修正します。
修正することによって、伝えるべきメッセージが進化しつづけていることを私自身実感できますし、過去記事と現在の記事とで違いすぎるがために読者を混乱におとしいれてしまうような事態も軽減されます。
投稿日に対してコメントの日付が古い記事は、「あ、修正した記事なんだな」と思ってください。




ツイッターもやってます。
業者の方や宣伝目的の方じゃなければ、出来うる限りフォロー返ししています。