「受け入れる」という人生訓、それ自体には何の力もない世界だよ

自らをどんなに
自己否定しようとも
その扉の向こう側では
自己肯定
叫びをあげているよ
「ここを開けてくれ~!」
激しく扉を叩いているよ
きみはそれを
誤魔化し生きている

自らをどんなに
自己肯定しようとも
その扉の向こう側では
自己否定
叫びをあげているよ
「ここを開けてくれ~!」
激しく扉を叩いているよ
きみはそれを
誤魔化し生きている

「じゃあなにかい
扉の解放を決行し
否定も肯定も
身に降りかかる
あらゆるすべての
出来事を
受け入れろとでも?」

確かに
「受け入れる」という
人生訓
人生哲学ほど
高貴かつ
高度な教えは
他になかなかないし
いち個人を
鬼をもひれふさせる
最強の存在へと導く
伝説の剣であることは
疑いの余地がないよ
古代哲学者の
老子
荘子
そんなふうに
言い伝えたようにね

ところがね
実を言ってしまえば──
「受け入れる」という言葉
それ自体には
秘めたる力なんて
何もなくて


どんなに崇高な教えだろうと
どんなに正しいと思われる言葉だろうと
どうしたって
受け入れられる人は
出て来るし
どうしたって
受け入れられない人は
出て来る


当の老子だって
徹頭徹尾
受け入れることを
貫けたかどうかは
誰にもわからない

たとえば
道(タオ)の真実
老子
理想に届かぬ自分を
受け入れられず
その反動で
理想とする人間像を
人生哲学として書き記した
それだけのもの
だったのかもしれない

時の流れは
偉大とされる人物を
時に
過剰に
誇大にしていくもの
だからね

じゃあ結局のところ
受け入れられる人
受け入れられない人
でてきてしまうのは
どうしてか

それはというとね
「人」という単位で
問いかけようとするからよくないよ
100%受け入れる人
存在しないのと同様に
100%受け入れられない人だって
存在しないんだもの


誰しもに
受け入れられる時と場合
受け入れられない時と場合

でてきてしまうのは
どうしてか

この問いかけであれば
見えて来るものが
あるんじゃないかな

すべての人に
受け入れられる
時と場合があり
受け入れられない
時と場合がある

その瞬間
その瞬間の
時と場合を決定するものは
きみが授かりし
肉体であり
思考であり
身体能力であり
好き嫌いであり
取り巻く人間関係
時代や文化
環境や状況

それらの要素を抱えた
人間はもちろんのこと
あらゆる生命体
無機物や有機物が
穴のないビリヤード台(世界)のうえで
尽きることなく
ひしめきあい
ぶつかりあい
影響しあってる
きみの行為を
きみの思考を
きみの人生のすべてを──
きみ以外の
その他すべての
世界に散らばった
無尽の玉たちが
導いてゆく


つまりは
きみは
いっさいのことを
何もしていない

行為しているのは
きみでも
行為者は
きみじゃない


そこにこそ
真なるスタートラインがあるんだ

その地点から
スタートを切った
きみはもう
扉を叩く音で
眠れぬ夜を
過ごすことはない










今日はどんな一日になるだろうね
あるいは どんな一日だったかな
きみにいかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
「ふしぎ発見!」は変わらず
きみの奥深くによりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見!」へといざなう楽曲を紹介するね

「スタートライン / 海援隊」
作詞 武田鉄矢
作曲 千葉和臣
編曲 若草恵

今 私達に大切なものは
恋や夢を語りあう事じゃなく
一人ぼっちになる為のスタートライン






この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

takaharaさん

「まえに助けたでしょ」は、住民の方が発した言葉であるのと同時に、もっと高次な何かから発せられたメッセージだったのかもしれませんね。

大事なことは、「そのメッセージの真意」ではなく、takaharaさんが「そのメッセージをどう受け取ったか」だとぼくは思います。

takaharaさんの解釈が正解だろうが間違いだろうが、そんなの関係ありません。

貴重な体験のお話を寄せていただき、ありがとうございました。

神様の声

最近不思議な体験をした。1日の朝10時ごろ掃除していると
したから声がした、わたしは管理人でそのとき、2階をはいていた
1階にいつてみると、青ざめた住民の方が、息できないので
助けてくださいとわたしにいつた。死にたくない、半分パ二ック
だつた。そのとき、一瞬、まえに助けたでしょ、だから助けて、といつた。その時は気にしなかつたけど、あとでわかつたその意味がーー
わたしはすぐ119に電話して、なんとか助かつた。あとから聞いた
話だがもうすこし遅ければ心臓とまつていたそうだ。
去年わたしは事故にあいそうになつて、神様に助けられた、だから
今度はわたしが助ける番だつた。だからわたしも生きていた。神様ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

planetさん

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。

溶け合っている…確かに、溶けてしまいそうなほどの熱量を、いつもコメントから感じています。

planetさんはぼくのことが好きなんだろうな、と思わざるを得ません(^^)

冗談です笑



miss.keyさん

はじめまして。

コメントありがとうございます。

あるいは、害であるはずだったものがのちに益になり、益であるはずだったものがのちに害になり、再び益にもなる。

ぼくには世界がそんなふうにも見えています。

sayamaさん

ありがとう。

ある意味ぼくは、誰かのためのライン引きをしてるみたいなもんだね。

あ~不思議
ここに来て、どみどりくんのブログ読み返してるけど
全てが、ス~ッと入ってくるんだよね(笑)

それって、受け入れるのではなく
なんだか溶け合っているように思えますよ(変な意味ではなく)
これが、統合ってやつですね!親分

って事は、緑色と紫(自分では紫って思ってるのですが)
いったい何色になってるんでやんしょ!

光の三原色は、真ん中は白くなるらしい・・
絵の具の三原色は、真ん中は黒になるらしい・・
???(笑)

総てを受け入れる者には進歩も無い

 現状を受け入れられないから人は努力するんだと思うんだ罠。今の足りない自分を満たしたくて人はがんばる。今の自分を全肯定したら努力は要らん。堕落するだけだろう。かと言って欲張りすぎて今の自分を全否定してたら腐ってしまう。欲は大き過ぎても小さ過ぎても人には害になる。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

いつでもこのブログがスタートラインに立たせてくれる。

何度も(´Д`;)

繋がりの先みえましたよ!
ある人からの電話で、その意味をしりました。
「嫌」を手放したかったら、「好」をも手放せ!
そしたら、その世界は消滅する
どみどりくんの先だってのブログにありましたよね
歯車からの脱出方法ですね(ゝ。∂)
電話番号を変更します。
これが頼みの絆でもあったのです。
(あの人が私へ連絡する唯一の手段)
それを切り離す覚悟があれば、この歯車は消滅する!
そういう事なのでしょう・・・・・
あ~意味しかない・・・・それも理解できますね。
どみどりくんへと繋がっているようにも感じますね~m(_ _)m(笑)

こんにちわ
受け入れるというのも大切だなと思いました。

一度乗ったら降りれない?

これまたつながりですよ。
私の携帯電話番号は、前の持ち主(まつもと りゅう○)が
ネット犯罪に使用しています。
1年以上も前から通販会社の取り立ての電話がきます。
弁護士からもかかってきました。
電話番号を変更しようとしても、こちらも重要な連絡先にした矢先で、結局このまま使い続けて、しばらく連絡もこなくなっていたのですが(宅配便の人から電話あったとき、その犯罪者の顔しってるので、どんな風貌か聞いたことあった。)
今日、このタイミングで取り立ての電話ですよ。
いつこの電話番号が使われたのか?と尋ねても個人情報だからと断られ、って、こっちの個人情報使われてるのだけれども?
これって、私はネット犯罪の歯車の1歯になってるのだろうか?
それとも、どこかまだ知らない何かに繋がっているのでしょうか💦
世界の広さに、もうアングリです。世界って本当にシビアなのかもしれませんね。

No title

それ、今だから良くわかるゎ~

体重がいつの間にか6Kgも増えてて
必死にダイエットしようとしていた時には、まったく食欲が収まらず
外出するのも嫌で、引きこもりを決意
そんな時、昨日の過去の投稿記事を読んで
なんだ~とね。勝手にやってろ!!!って
そして、今朝びっくりの3Kg減。どうなってるの?
(ちなみに、体重計は壊れてません。
以前10Kgの変化も、気づけば10Kg減ってた)
嵐が過ぎ去ってしまえば、全ては消え去り・・・
何がしたいんだか~世界さん!って感じですね。
あまりにも、色んな景色の移ろいに、目を回してますゎ~
ただただ、グルグル回されてるだけなのでは?(玉だけに(笑))
と思わずにはいられない現象ばかりですから(´Д`;)
どみどりくんが言う世界が少し見えましたよ
だって、ただ肉体が太っただけでなく。食欲
食欲を起こさせた何かがあって、
それらを作った人がいて、食べられた家畜がいて、それらを育てた人がいて、
その家畜に食べられた・・・エンドレスで繋がってるんだからね(ゝ。∂)
痩せる為に飲んだ「スピルリナ」や運動に使った「wiiフィット」これらも
ありとあらゆるところで、ありとあらゆる物(人)が繋がり合ってる。
その世界を垣間見る為に、一旦太って、また痩せたのでしょうかね~
でも、これって、とても貴重な体験ですよ。
だって、これらをヒントに息子の状況や夫の現状を観ることができるから・・・
今の現状だから繋がっていく先があって、その先からまた先へと繋がっているのだから。
ただこの現況の中で、悶々としているより、もうすぐ一つ先に繋がるわけで、なぜそこなのか?
それは、結果が教えてくれるでしょう。
その結果が初めに存在していたという事になるのでしょうね。繋がりはプロセス、
プロセスが世界なの?
あ~思考もというのが理解できる。
毎朝、私はヤカンでコーヒーサーバーに水を入れるのだけれど、ヤカンをみたら
「あ、仏さん(義母、義父)にお茶のお初をあげなければ}という思考に支配されるのです。
お初を上げるまで、その思考に支配されるのです。その思考にも繋がりがある(世界が広がる)という流れがある。
だから、その思考すら、自分でしているのではない。
世界がしている!それが理解できますよ。
この理解へ繋がるための、ダイエットだったのかもね(笑)
どこから、どこへ繋がるのか?想像もできませんね。
しかし、完璧な流れに感動すらしますね。本当に!!
ワンクリックいただけると励みになります。
最新投稿
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
「どみどりくん」あるいは「じゃっく」へのメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
どみどりな応援者
RSSリンクの表示
QRコード
QR
やあやあ、よく来てくれたね。

じゃっく&どみどりくん

Author:じゃっく&どみどりくん
オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』の、姉妹ブログ『どみどりくんの、世界ふしぎ発見』に遊びに来てくださりありがとうございます。管理人のじゃっくと申します。

『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』が「表通り」を行くブログなら、こちらのブログは「裏通り」を行くブログです。
両方合わせてようやく私のメッセージの完成形となりますが、選り好みして「表通り」だけ見てもらってもまったく問題ありません。
来るべきときが訪れたなら、おのずと「裏通り」も歩かされている自分を発見されますから(ニヤリ)

で、この「裏通りブログ」が何故に必要なのかと申しますと、早い話が「表通り」だけでは解決できない、処理しきれない問題(絶体絶命のピンチ)に、人は前触れもなく遭遇するからです。
誰しものそのときのためにこそ、私「じゃっく」が、フシギニストである「どみどりくん」に扮し(チャネリング?)ながら、この「裏通りブログ」は存在し続けます。


「世界ふしぎ発見」とは言っても、某テレビ番組が世界における「目に見えるふしぎ」を発見して紹介するのとは趣がちがい、このブログでは世界における「目には見えないふしぎ」の発見を書き記することを趣旨としています。

ですが、「目には見えない」とは言っても、「UFO」「超能力」「幽霊」といった類のものとは趣が違いますし、「スピリチュアル」ともまたちょっと違うのかもしれません。
「哲学」「宗教」とも言い切れませんし、「自己啓発」「人生哲学」ともまた少し違うかもしれません。

しいて言うなら、みなさんが今まで生きてきた中で、学校教育や家庭教育やマスメディアによって抗いようもなく培われ、育くまれた「常識」「当たり前」「思い込み」「偏見」「先入観」などをとっぱらった先にある「あるがままの世界」あるいは「究極の羅針盤」の発見ってところでしょうか。


たとえばですが、

『きみが何を考え、何に思い悩み、何を行為しようとも、きみ自身は実は何もしていないのさ』

いきなりこんなことを断言されたとしたら、どう思うでしょうか。
「うん、そうだと思ってた!」という方は、おそらくは皆無に近いかと思われます。
おそらくは「あ…ちょっとこの人、ヤバイ宗教とか入ってる感じの人なんだろうな。かかわらないようにしよう…」
おおかたそんなところではないでしょうか。

ですが、私は特定の宗教を信仰していませんし、歴史上の人物や現存するいかなる人物も、敬いはしても崇拝するような対象にはなりません。この先もずっと。




そもそもはこの「裏通りブログ」から私のブログ人生が始まり、私を通路として見い出されるふしぎ発見を、誰かと分かち合い、この「リアル人生ゲーム」に活かしたいがために、2つ目のブログ『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』を作るにまで発展してきました。

「分かち合い」ほどの、いち人生を賭けるに値する究極の財宝、自他一挙両得のベストバイブスは、他に見当たりませんもの。
自分がまずうれしいし、同時に誰かもうれしいだなんて、はっきり言って
最高!

じゃないですか。







「ふしぎ発見!」の終わりに、みなさまを発見へといざなう楽曲も紹介しています。よろしければあわせて楽しんでください。
※和訳した歌詞は、英語力のない私がグーグル翻訳を参考に、個人的解釈で訳したものなので、ちょっとおかしいよっていう訳もあるかと思いますが、大目に見ていただけましたら幸いです。

カテゴリの中の「スーパーふしぎ発見」には、ブログの核となる発見かな、と思われるものを並べています。まあ、だからどうってわけでもありません。

カテゴリの中の「映画」がいざなうふしぎ発見については、ネタバレしているものがほとんどなので、どうか「この映画これから見ようとしてたのに(泣)」なんてことにならないようお気を付けください。

一度投稿した「ふしぎ発見!」も、一年くらい間隔をあけて読み返すと「うーん…なんでこんなふうに書いたんだろう」「この表現は不適切だなあ」「今ならこんな言葉は使わないなあ」といったことがよくあります。
私はまったくいとわず何度でも記事を修正します。
修正することによって、伝えるべきメッセージが進化しつづけていることを私自身実感できますし、過去記事と現在の記事とで違いすぎるがために読者を混乱におとしいれてしまうような事態も軽減されます。
投稿日に対してコメントの日付が古い記事は、「あ、修正した記事なんだな」と思ってください。




ツイッターもやってます。
業者の方や宣伝目的の方じゃなければ、出来うる限りフォロー返ししています。