「勝ち」と「負け」とをジャッジメントする、きみの一番のよき理解者がいるよ

勝利

敗北
それは
すべての個(人間)
意志
願い
希望
理想など
まったくおかまいなしに
容赦なく下される
世界(神)からのジャッジメント

勝敗
ルールにのっとった競技に限らず
寝坊せずに起きれたこととか
恋人と念願のキスを交わせたこととか
定時で仕事を終わらせられたこととか
誰かに見せたいくらいの立派なうんちを出せたこととか
お会計で財布の小銭がぴったりなくなったことだとか
大きなことから小さなことまで
日常のあらゆる出来事が
勝敗の連続
だったりするよ

そしてそのとき出た「事実」としての結果は
今後も決して変わることがないし
点数や成績のような
数字をともなった「事実」となれば
なおのことそれがくつがえることはないんだ



ところがおどろくべきことに
その「事実」とセットで付加された
勝者と敗者が受け取る「意味」はというと
「事実」とはまったくの逆で
時間とともにどんどん変化してゆくんだ
まるで「生きもの」みたいに
「成長しつづけている」かのように


2年前の圧勝で天狗になったことが
1年前の敗北につながった
だから慢心を捨てた今回は勝つことができた

とか

5年前に大失敗したことが
3年前の自分の糧となり
それは別な分野に活かされた
けれども今回はその初心をおろそかにしたため
別な失敗を招いてしまった

とか

敗北ばかりの人生だった気がするけれど
だからといって
わるい人生だったかというと
そうでもない

とか

勝ちつづきの人生を送って来たはずなのに
最期がこれじゃあ
これまで積み上げて来た
数々の勝利はなんだったのだ?

といった具合にね


おもしろいことに
「事実」のほうは
時間の経過とともに
賞味期限の過ぎた調味料みたいに
腐りはしないのに
ゆっくりと地味に色あせていく




まるで生きてるみたいに
きみの勝敗に意味を付加する
きみの中の
解釈者
これからもきみに
勝利
敗北とを
もたらしつづけてゆくよ

解釈者が 
きみに断りもなく
おせっかいおばさんみたいに
解釈をつづけることは
どうしたって
避けられない

なにをかくそう
このおせっかい焼き
きみの一番の理解者だから

だから
どうせなら
そのおせっかい焼き(解釈者)と
友達になってしまうほうが
得策
なんだ
なんせ
おせっかい焼きが出したジャッジメントのすべてには
ちゃんと意味がある
から
おせっかい焼きは
きみの成長を下支えする
きみの一番のよき理解者なんだもの







今日はどんな一日になるだろうね
あるいは どんな一日だったかな
きみにいかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
「ふしぎ発見!」は変わらず
きみの奥深くによりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見!」へといざなう楽曲を紹介するね

「On & On / 環Roy」
作詞 Ryo Tmaki

いちばん最初は力 ひとつだった
線を引き解ろうとするあっち側こっち側
価値観が違う僕たちはぶつかり亡骸を道にした
この上を歩く 正しさを探る すべてを行き先へ委ね託す




「いいね」ボタンの代わりです。


関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

sayamaさん

ね。ほんとそうだよね。

でも、何もかもが変化し続けてくれるからこそ、新たな発見があったり、新たなクリアすべき課題が現れたり、退屈せずに人生ゲームを謳歌できるんだよね。

いかなる感動的な勝利でも、敗北でも、ずっとそれにしがみつく人生なんて、なんだか飽きてきくるし、退屈だもの。

No title

まさにコインの表裏だな。

のりまきさん

良い季節になったなと、うかれてビール片手に夜桜花見を決行したのですが、寒くて逃げるように帰って来てしまいました笑

新しい子供たちとのお付き合いが、のりまきさんへのまた新たな体験や学びをもたらすのでしょうね。

老人ホームの場合は、契約が続く限りは、お亡くなりになるまで何年でも入居者はそこに住み続けます。
そして短期契約の方が、日々頻繁に出入りして行きます。
普段は面倒を見ている家族が、仕事や旅行などの理由で施設に預けて行くわけです。

実はこの短期契約の方が大変だったりします。その人物の情報が少ないがために、どういう行動を取るのか、油断ができないし、先が読めないからです。
子供が全員入れ替わる4月からののりまきさんは、まるっきりその状態に置かれてしまうということでしょうか。
つくづく、大変なことです。


大きな恵みに出逢うための、新たな一年がまた始まったわけですね。

桜満開です

>今にして思えば
>勝った(負けた)かに見えて
>負けてた(勝った)のかもしれない

人生は味わい深いものですね。
今日は保育園の一年の終わりの日。
明日からまた新しい子供達とのお付き合い。
ため息をつくような日の連続が
実は大きな恵みだったことを気づかせてくれる日となるでしょう。


どみどりさんこんにちは
桜がきれいに咲きました。良い季節になりましたね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ワンクリックいただけると励みになります。
最新投稿
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
「どみどりくん」あるいは「じゃっく」へのメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
どみどりな応援者
RSSリンクの表示
QRコード
QR
やあやあ、よく来てくれたね。

じゃっく&どみどりくん

Author:じゃっく&どみどりくん
オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』の、姉妹ブログ『どみどりくんの、世界ふしぎ発見』に遊びに来てくださりありがとうございます。管理人のじゃっくと申します。

『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』が「表通り」を行くブログなら、こちらのブログは「裏通り」を行くブログです。
両方合わせてようやく私のメッセージの完成形となりますが、選り好みして「表通り」だけ見てもらってもまったく問題ありません。
来るべきときが訪れたなら、おのずと「裏通り」も歩かされている自分を発見されますから(ニヤリ)

で、この「裏通りブログ」が何故に必要なのかと申しますと、早い話が「表通り」だけでは解決できない、処理しきれない問題(絶体絶命のピンチ)に、人は前触れもなく遭遇するからです。
誰しものそのときのためにこそ、私「じゃっく」が、フシギニストである「どみどりくん」に扮し(チャネリング?)ながら、この「裏通りブログ」は存在し続けます。


「世界ふしぎ発見」とは言っても、某テレビ番組が世界における「目に見えるふしぎ」を発見して紹介するのとは趣がちがい、このブログでは世界における「目には見えないふしぎ」の発見を書き記することを趣旨としています。

ですが、「目には見えない」とは言っても、「UFO」「超能力」「幽霊」といった類のものとは趣が違いますし、「スピリチュアル」ともまたちょっと違うのかもしれません。
「哲学」「宗教」とも言い切れませんし、「自己啓発」「人生哲学」ともまた少し違うかもしれません。

しいて言うなら、みなさんが今まで生きてきた中で、学校教育や家庭教育やマスメディアによって抗いようもなく培われ、育くまれた「常識」「当たり前」「思い込み」「偏見」「先入観」などをとっぱらった先にある「あるがままの世界」あるいは「究極の羅針盤」の発見ってところでしょうか。


たとえばですが、

『きみが何を考え、何に思い悩み、何を行為しようとも、きみ自身は実は何もしていないのさ』

いきなりこんなことを断言されたとしたら、どう思うでしょうか。
「うん、そうだと思ってた!」という方は、おそらくは皆無に近いかと思われます。
おそらくは「あ…ちょっとこの人、ヤバイ宗教とか入ってる感じの人なんだろうな。かかわらないようにしよう…」
おおかたそんなところではないでしょうか。

ですが、私は特定の宗教を信仰していませんし、歴史上の人物や現存するいかなる人物も、敬いはしても崇拝するような対象にはなりません。この先もずっと。




そもそもはこの「裏通りブログ」から私のブログ人生が始まり、私を通路として見い出されるふしぎ発見を、誰かと分かち合い、この「リアル人生ゲーム」に活かしたいがために、2つ目のブログ『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』を作るにまで発展してきました。

「分かち合い」ほどの、いち人生を賭けるに値する究極の財宝、自他一挙両得のベストバイブスは、他に見当たりませんもの。
自分がまずうれしいし、同時に誰かもうれしいだなんて、はっきり言って
最高!

じゃないですか。







「ふしぎ発見!」の終わりに、みなさまを発見へといざなう楽曲も紹介しています。よろしければあわせて楽しんでください。
※和訳した歌詞は、英語力のない私がグーグル翻訳を参考に、個人的解釈で訳したものなので、ちょっとおかしいよっていう訳もあるかと思いますが、大目に見ていただけましたら幸いです。

カテゴリの中の「スーパーふしぎ発見」には、ブログの核となる発見かな、と思われるものを並べています。まあ、だからどうってわけでもありません。

カテゴリの中の「映画」がいざなうふしぎ発見については、ネタバレしているものがほとんどなので、どうか「この映画これから見ようとしてたのに(泣)」なんてことにならないようお気を付けください。

一度投稿した「ふしぎ発見!」も、一年くらい間隔をあけて読み返すと「うーん…なんでこんなふうに書いたんだろう」「この表現は不適切だなあ」「今ならこんな言葉は使わないなあ」といったことがよくあります。
私はまったくいとわず何度でも記事を修正します。
修正することによって、伝えるべきメッセージが進化しつづけていることを私自身実感できますし、過去記事と現在の記事とで違いすぎるがために読者を混乱におとしいれてしまうような事態も軽減されます。
投稿日に対してコメントの日付が古い記事は、「あ、修正した記事なんだな」と思ってください。




ツイッターもやってます。
業者の方や宣伝目的の方じゃなければ、出来うる限りフォロー返ししています。