時系列王国とイマボーイズの短い物語だよ

そのころ
その大陸は
時系列王国
支配されていたんだ

時系列王国
象徴ともいえる
信条が これ

「結果がすべて」

この一言を提示されれば
大陸の誰しもが
反論の余地がなくて
ぐうの音も出なくて
それはそれは
おそろしく威圧的で
おそろしく残酷なひびきが
そこにはあって

その言葉の
破壊力でもって
時系列王国
支配者として君臨する
その名も
「ケッカ(結果)大王」

ケッカ大王の前には 
原因一族も 
プロセス一族
ただただ
ひれ伏すしかなくて

思うような結果が
得られずに苦しむ
大陸中の人々は
ケッカ大王にだけは
どうしても逆らうことができなかった
なにを隠そう
「結果がすべて」だから

そんな中
そんな時系列王国
おびやかす勢力が
台頭してくるんだ

それこそが
イマボーイズ

流浪の旅をつづける
イマボーイズたちにとって
時間という概念は
脇役であって
主役ではなく

いま 目の前のこと
紡ぎつづけること
それをこそとし
重要視する者たち

「結果」ではなく
「解釈」
それだけがあると
イマボーイズの者たちは
支配者であるケッカ大王によって
結果こそが絶対価値
洗脳され
思うような結果を得られず
苦しんでいる
大陸中の人々に向け
訴えつづけたよ

原因があって
プロセスがあって
結果があること
それこそが
世界であるはずだった
にもかかわらず
それらのものは
お菓子の包み紙のようなもので
本当に大事なものは
お菓子の中身だ
という
流浪のイマボーイズたちの価値基準に
大陸中の人々は
興味を持ち始めたんだ

「たとえば
あと一歩のところで
届いたはずの
栄光の瞬間
そんな過去があったとしよう
このことは
このときだけを 
切り取るならば
確かに結果は 
敗北かもしれない

ところがそののち
その悔恨の反動によって
生まれえた
這いあがらんとする力によって
栄光の瞬間を
つかむことができたならば
たちまち 
過去における
敗北の結果は消し飛んで
時空を超えて
勝利の結果だけが 
その人の過去も含めたすべてを
勝利の二文字で満たしてしまう
オセロの終盤での
逆転劇のように」


イマボーイズの者たちは
訴えつづけたよ

「人生の
いくつもの岐路において
結果はふたたび
敗北と入れ替わるだろう
そしてふたたび
勝利と入れ替わるだろう
負けたはずが 
勝ちもするだろう
勝ったはずが 
負けもするだろう
潮が満ちて 引きもするように
陽が昇り 沈みもするように
ただただ 
解釈の変化が
起こりつづけるだけ
勝利も 敗北も 
一時的なまやかしでしかない」


この世界には 
解釈
それだけしかないことを見抜かれた
ケッカ大王は 
不安な日々にさいなまれ
悩みもだえたよ

満を持し 
イマボーイズ
時系列王国の牙城への
討ち入りを決行
自分は遅かれ早かれ
首を取られるにちがいない
そんな 最悪の結果
ケッカ大王の脳裏をよぎり
夜もおちおち寝られなかったんだ

王である ケッカ大王
結果にこだわるあまり
いま 目の前のこと 
それをついぞ見ることができず
ついには発狂し
もろくも自滅

茫然自失する
結果に毒された人々
イマボーイズ
手を差し伸べたんだ

「結果だけがすべてじゃない
でも だからと言って
いま 目のまえのこと
それだけがすべてでもない
ひとつの物語を
成立させるためには
主役と脇役の
両方が必要なんだ」


こうして大陸は
長きにわたる洗脳を解かれ
いま と 時系列 の
両方を紡ぐ者たちによる
協和がもたらされた
んだ

生まれ変わった大陸は
「時系列王国」改め
「いまと時を紡ぐ国」となり
その国の象徴となる
新たなる信条が生まれたよ
それはというと──

「解釈がすべて」









今日はどんな一日になるだろうね
あるいは どんな一日だったかな
きみにいかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
「ふしぎ発見!」は変わらず
きみの奥深くによりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見!」へといざなう楽曲を紹介するね

「Hoppipolla / Sigur Rós(シガー・ロス)」
Writer(s) Sigur Rós
Producer(s) Sigur Rós, Ken Thomas

笑おうよ
ぐるんぐるんとまわろうよ
手をつなごうよ
世界は幻想さ
けれども君は 
そこに立ってる






この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

sayamaさん

じゃあsayamaさんを筆頭にリアルイマボーイズ結成しよっか!

yoku358さん

こんばんは!


>昔は、結果を出す!でしたが
最近は、結果を観る!という
感じになってます。

ぼくもそんな感じです。
そして自分の感情の変化も合わせて観ていきます。

すると快も不快も、必ずしも状況や原因が前提としてあって起こっているわけではないことが見えて来るんですね。
同じ状況にあっても、快になることがあれば、不快になることもあって。
風が吹くように、どこからともなく勝手にやって来るのです。


あれもこれもそれもと体験したがりで困っちゃいますね、ぼくらの実体さんは、欲張りで笑

kakidonさん

マッドマックス怒りのデスロード越えの作品をぼくが作ることは、針の穴に地球をとおすより難しいです!

イマボーイ!イマボーイ!

No title

このブログに出逢ってしまったた日からイマボーイズの一員。

こんばんは

昔は、結果を出す!でしたが
最近は、結果を観る!という
感じになってます。
何かを始めたら、そこから結果に繋がる最後まで見届ける
たぶん結果が初めから決まっていて、その為の今
という観点から見ています。
前にコメントしましたよね~自殺してしまった彼女の事
そういう観点から、結果の為の今の状況(現況)を捉えたら
結果も自ずと見えてくる・・・・・・
そうそう、夫にずっと言ってきたけど
聞きやしない!そんな現状の末、結果は・・・・・
じゃじゃじゃじゃ~ん・・・見通したままの結果となりにけり~
そこで、自業自得と責めるより、そんなカルマで生まれた夫を
憐れむ・・・・・
そして、そんな人を夫とした私は
夫のその後をサポートするのが仕事・・これが結果で
初めから決まっていた事なんだろうな~
で、ここから始まるプロセスこそが、私が初めから決まっていた結果なのだろうな~
でも、とりあえず、努力も必要(結果をもたらす為の)
なんだろうな~って思う。初めから結果オンリーにしときゃ
無駄な努力やプロセスが必要ないって!!!
でも、それもこれも体験したいんでしょ!!!って感じです。
はい!

この物語

で映画作って下さい~どみどりくん!
マッドマックス超えるかも?!
イマボーイ!イマボーイ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ワンクリックいただけると励みになります。
最新投稿
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
「どみどりくん」あるいは「じゃっく」へのメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
どみどりな応援者
RSSリンクの表示
QRコード
QR
やあやあ、よく来てくれたね。

じゃっく&どみどりくん

Author:じゃっく&どみどりくん
オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』の、姉妹ブログ『どみどりくんの、世界ふしぎ発見』に遊びに来てくださりありがとうございます。管理人のじゃっくと申します。

『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』が「表通り」を行くブログなら、こちらのブログは「裏通り」を行くブログです。
両方合わせてようやく私のメッセージの完成形となりますが、選り好みして「表通り」だけ見てもらってもまったく問題ありません。
来るべきときが訪れたなら、おのずと「裏通り」も歩かされている自分を発見されますから(ニヤリ)

で、この「裏通りブログ」が何故に必要なのかと申しますと、早い話が「表通り」だけでは解決できない、処理しきれない問題(絶体絶命のピンチ)に、人は前触れもなく遭遇するからです。
誰しものそのときのためにこそ、私「じゃっく」が、フシギニストである「どみどりくん」に扮し(チャネリング?)ながら、この「裏通りブログ」は存在し続けます。


「世界ふしぎ発見」とは言っても、某テレビ番組が世界における「目に見えるふしぎ」を発見して紹介するのとは趣がちがい、このブログでは世界における「目には見えないふしぎ」の発見を書き記することを趣旨としています。

ですが、「目には見えない」とは言っても、「UFO」「超能力」「幽霊」といった類のものとは趣が違いますし、「スピリチュアル」ともまたちょっと違うのかもしれません。
「哲学」「宗教」とも言い切れませんし、「自己啓発」「人生哲学」ともまた少し違うかもしれません。

しいて言うなら、みなさんが今まで生きてきた中で、学校教育や家庭教育やマスメディアによって抗いようもなく培われ、育くまれた「常識」「当たり前」「思い込み」「偏見」「先入観」などをとっぱらった先にある「あるがままの世界」あるいは「究極の羅針盤」の発見ってところでしょうか。


たとえばですが、

『きみが何を考え、何に思い悩み、何を行為しようとも、きみ自身は実は何もしていないのさ』

いきなりこんなことを断言されたとしたら、どう思うでしょうか。
「うん、そうだと思ってた!」という方は、おそらくは皆無に近いかと思われます。
おそらくは「あ…ちょっとこの人、ヤバイ宗教とか入ってる感じの人なんだろうな。かかわらないようにしよう…」
おおかたそんなところではないでしょうか。

ですが、私は特定の宗教を信仰していませんし、歴史上の人物や現存するいかなる人物も、敬いはしても崇拝するような対象にはなりません。この先もずっと。




そもそもはこの「裏通りブログ」から私のブログ人生が始まり、私を通路として見い出されるふしぎ発見を、誰かと分かち合い、この「リアル人生ゲーム」に活かしたいがために、2つ目のブログ『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』を作るにまで発展してきました。

「分かち合い」ほどの、いち人生を賭けるに値する究極の財宝、自他一挙両得のベストバイブスは、他に見当たりませんもの。
自分がまずうれしいし、同時に誰かもうれしいだなんて、はっきり言って
最高!

じゃないですか。







「ふしぎ発見!」の終わりに、みなさまを発見へといざなう楽曲も紹介しています。よろしければあわせて楽しんでください。
※和訳した歌詞は、英語力のない私がグーグル翻訳を参考に、個人的解釈で訳したものなので、ちょっとおかしいよっていう訳もあるかと思いますが、大目に見ていただけましたら幸いです。

カテゴリの中の「スーパーふしぎ発見」には、ブログの核となる発見かな、と思われるものを並べています。まあ、だからどうってわけでもありません。

カテゴリの中の「映画」がいざなうふしぎ発見については、ネタバレしているものがほとんどなので、どうか「この映画これから見ようとしてたのに(泣)」なんてことにならないようお気を付けください。

一度投稿した「ふしぎ発見!」も、一年くらい間隔をあけて読み返すと「うーん…なんでこんなふうに書いたんだろう」「この表現は不適切だなあ」「今ならこんな言葉は使わないなあ」といったことがよくあります。
私はまったくいとわず何度でも記事を修正します。
修正することによって、伝えるべきメッセージが進化しつづけていることを私自身実感できますし、過去記事と現在の記事とで違いすぎるがために読者を混乱におとしいれてしまうような事態も軽減されます。
投稿日に対してコメントの日付が古い記事は、「あ、修正した記事なんだな」と思ってください。




ツイッターもやってます。
業者の方や宣伝目的の方じゃなければ、出来うる限りフォロー返ししています。