「宝石」だけしかない世界だよ

いじめって
いったいなんだろうね

ぼくはというとね
いじめたことがある
いじめられたこともあるから
両方の気持ちが
わかるつもりでいるんだけれど

何がきっかけで
いじめることになったのか
なにがきっかけで
いじめられることになったのか
ふと気がついたら
そうなっていたがために
明確な原因みたいなものが
まったくと言っていいほど
見えて来ないんだ

「やめなよ」
そう言えたなら
それは確かに
立派なことだと
賞賛されるにちがいないし
勇気ある行動なのかもしれない
けれども
言ったその人は
実はなんにもしていなくて


いじめに加担したなら
それは確かに
のちにその人は
後悔することになるのかもしれないし
いじめたつもりもないのかもしれない
けれども
いじめたその人は
実はなんにもしていなくて


見て見ぬふりをしたなら
それは確かに
残念なことなのかもしれないし
ことなかれ主義なのかもしれない
けれども
見て見ぬふりをしたその人は
実はなんにもしていなくて


いじめ 
いち個では起こりえない
その複合的な出来事は
前触れもなく
きみの眼前に 
繰り広げられ
きみ という一個の歯車が
世界 という名の
無数の歯車との
噛み合いの中で
きみが何を思い
どう行動するのかが
導きだされる


ぼくが 
いま言った 
世界 とは
過去も 
未来も 
宇宙をも
すべて をふくめた
森羅万象を意味して

一個の歯車として
ただそこに 
在ること
 である
ぼくらにできることは
たったのそれだけしか
ないみたいなんだ

いじめ
それが起こった
そのとき
一個の歯車として
きみにおとなう
その行動
その気持ち
その体験だけが
他のものでは
決して代用することができない
きみだけの
オリジナルの
大切な 
大切な
宝石なんだ









今日はどんな一日になるだろうね
あるいは どんな一日だったかな
きみにいかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
「ふしぎ発見!」は変わらず
きみの奥深くによりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見!」へといざなう楽曲を紹介するね

「宝石 / タテタカコ」
作詞 タテタカコ

心からしみでた黒い空に
今夜も星は輝くだけ
やがてくる春の光
息をすいこんだ






この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

sayamaさん

多面的であることこそが、この世界の豊かさの象徴であると、感受し続ける日々です。

No title

いじめに限らずあらゆることが多面的だよな。

ネリムさん

ぼくも「好き」と「嫌い」の定義で「いじめ」をとらえるなら、それは疑いの余地なく「嫌い」なものです。自分がされたってちっともうれしくありません。

それは行き過ぎれば、時に人を死に追いやりもします。

大きな悲しみや憎しみが波及することにもなります。


ですが、時にそれは、弱き者に寄り添う力になります。

向かい風に立ち向かう力になります。

多少の攻撃じゃへこたれなくなります。

それらもまたある種の「救い」で、ダイアモンドの断面のように、とても多面的なものであると、ぼくは思うのです。

率直なコメント、ありがとうございます。

No title

こんにちわ
いじめというのは悲しいことだと思います。
「やめなよ」という言葉が救うと感じます。

yoku358さん

鏡の中の自分が、自分の動きとは違う動きをし始めて、「騙されたな!yoku358は実はこの私だったのだ!」と高笑う妄想をしてしまいました(汗)

No title

ここに来て、子供の頃
私は、能動的でどみどりくんが受動態的だったという事が理解できるよね(^_-)-☆
小学生の頃、弟の洋服を着て、刈り上げだった私
よく「僕!」と言われてた頃を思い出します。
その頃は、近所のおばちゃんが兄弟姉妹の中でも私を名指しで
(おばちゃんは、パン屋さんに勤めてたので)
余ったパンを持って来てくれてたっけ~
私が、私らしくいることで、ファンもいたし可愛がられてもいたのだと思い出しましたよ
常識や育つなかで枠にはめられてきて、自分らしさを失いかけていたのかもしれませんね~押し殺していたと思います。
こうでなければならない!という世界で生きてきた。
自分という人間は、自分以下にも自分以上にも表現しようもなく
それに伴う感情こそが、今生体験すべき事なんじゃないかと思いますよ・・・・・・・
そう考えると、どみどりくんの世界とは裏の世界に私は本来存在しているのかもしれませんね。
裏と表をつなぐトンネルがあって、出会ってしまった~みたいな
面白いですね。
鏡の世界みたいなね。

yoku358さん

ここでぼくがよく使う「体験」というキーワードと、「表現」というキーワードは、同時進行されているものなのかもしれないと、前にもふと思ったことがあります。

一方は受け身で、一方は働きかける意味合いですが、実はコインの表裏なのではないかと。

kakidonさん

そもそも昨今の情報化社会でなかったなら、「いじめ」という概念がなかったかもしれませんね。

No title

実は、先日私は
こう思ったのです。
ある人のある行動によって
ちょっと嫌な部分ばかりを出している自分に嫌気がさして
こんな人と関わっているから、自分に嫌気がさすのだと
もっと自分を表現できる事を探すべきではないのか?とね
で、音楽とか芸術とか・・・って。習い事でもしよっかな~とね。
それで、ふと思ったんですよ~
あ、なんだ、さっきの嫌な自分も、実はもうすでに
自分を表現しているに過ぎないんだってね
昨日お巡りさんに悪態ついた自分も
息子の医療費を保険会社が打ち切ります!と
突然言ってきたので、イラついていた。
そのちょっと前にauでヤクザ風の自己中男の暴言や大きな声に
迷惑していて、イラついていた。
そんなこんなで、怒りモードピーク時に、パトカーに止められた。
このシチュエーションが、どみどりくんのブログに表されていたんじゃないかな
で、私はお巡りさんに悪態をついた!これも私を表現していたに違いない。
それが、家族に及ぼす迷惑となる事を百も承知で・・・・・

「おい!そこのおまえ!その子に乱暴するのはやめたまえ」
 「なんだ~貴様~!まずはおまえからだ!」
「エイ!ヤァ!」
「お嬢さん、お怪我はないですか?」
って言う気持ち(妄想)はありますが…
実際どーなんでしょうね?
ワンクリックいただけると励みになります。
最新投稿
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
「どみどりくん」あるいは「じゃっく」へのメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
どみどりな応援者
RSSリンクの表示
QRコード
QR
やあやあ、よく来てくれたね。

じゃっく&どみどりくん

Author:じゃっく&どみどりくん
オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』の、姉妹ブログ『どみどりくんの、世界ふしぎ発見』に遊びに来てくださりありがとうございます。管理人のじゃっくと申します。

『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』が「表通り」を行くブログなら、こちらのブログは「裏通り」を行くブログです。
両方合わせてようやく私のメッセージの完成形となりますが、選り好みして「表通り」だけ見てもらってもまったく問題ありません。
来るべきときが訪れたなら、おのずと「裏通り」も歩かされている自分を発見されますから(ニヤリ)

で、この「裏通りブログ」が何故に必要なのかと申しますと、早い話が「表通り」だけでは解決できない、処理しきれない問題(絶体絶命のピンチ)に、人は前触れもなく遭遇するからです。
誰しものそのときのためにこそ、私「じゃっく」が、フシギニストである「どみどりくん」に扮し(チャネリング?)ながら、この「裏通りブログ」は存在し続けます。


「世界ふしぎ発見」とは言っても、某テレビ番組が世界における「目に見えるふしぎ」を発見して紹介するのとは趣がちがい、このブログでは世界における「目には見えないふしぎ」の発見を書き記することを趣旨としています。

ですが、「目には見えない」とは言っても、「UFO」「超能力」「幽霊」といった類のものとは趣が違いますし、「スピリチュアル」ともまたちょっと違うのかもしれません。
「哲学」「宗教」とも言い切れませんし、「自己啓発」「人生哲学」ともまた少し違うかもしれません。

しいて言うなら、みなさんが今まで生きてきた中で、学校教育や家庭教育やマスメディアによって抗いようもなく培われ、育くまれた「常識」「当たり前」「思い込み」「偏見」「先入観」などをとっぱらった先にある「あるがままの世界」あるいは「究極の羅針盤」の発見ってところでしょうか。


たとえばですが、

『きみが何を考え、何に思い悩み、何を行為しようとも、きみ自身は実は何もしていないのさ』

いきなりこんなことを断言されたとしたら、どう思うでしょうか。
「うん、そうだと思ってた!」という方は、おそらくは皆無に近いかと思われます。
おそらくは「あ…ちょっとこの人、ヤバイ宗教とか入ってる感じの人なんだろうな。かかわらないようにしよう…」
おおかたそんなところではないでしょうか。

ですが、私は特定の宗教を信仰していませんし、歴史上の人物や現存するいかなる人物も、敬いはしても崇拝するような対象にはなりません。この先もずっと。




そもそもはこの「裏通りブログ」から私のブログ人生が始まり、私を通路として見い出されるふしぎ発見を、誰かと分かち合い、この「リアル人生ゲーム」に活かしたいがために、2つ目のブログ『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』を作るにまで発展してきました。

「分かち合い」ほどの、いち人生を賭けるに値する究極の財宝、自他一挙両得のベストバイブスは、他に見当たりませんもの。
自分がまずうれしいし、同時に誰かもうれしいだなんて、はっきり言って
最高!

じゃないですか。







「ふしぎ発見!」の終わりに、みなさまを発見へといざなう楽曲も紹介しています。よろしければあわせて楽しんでください。
※和訳した歌詞は、英語力のない私がグーグル翻訳を参考に、個人的解釈で訳したものなので、ちょっとおかしいよっていう訳もあるかと思いますが、大目に見ていただけましたら幸いです。

カテゴリの中の「スーパーふしぎ発見」には、ブログの核となる発見かな、と思われるものを並べています。まあ、だからどうってわけでもありません。

カテゴリの中の「映画」がいざなうふしぎ発見については、ネタバレしているものがほとんどなので、どうか「この映画これから見ようとしてたのに(泣)」なんてことにならないようお気を付けください。

一度投稿した「ふしぎ発見!」も、一年くらい間隔をあけて読み返すと「うーん…なんでこんなふうに書いたんだろう」「この表現は不適切だなあ」「今ならこんな言葉は使わないなあ」といったことがよくあります。
私はまったくいとわず何度でも記事を修正します。
修正することによって、伝えるべきメッセージが進化しつづけていることを私自身実感できますし、過去記事と現在の記事とで違いすぎるがために読者を混乱におとしいれてしまうような事態も軽減されます。
投稿日に対してコメントの日付が古い記事は、「あ、修正した記事なんだな」と思ってください。




ツイッターもやってます。
業者の方や宣伝目的の方じゃなければ、出来うる限りフォロー返ししています。