「台風の目」の外には出られない世界だよ

「きみ」という存在が
そこでそうして
在る限り
どんなときでも
きみの芯(しん)
鎮静する
台風の目

嵐(心)が吹き荒れ
傘が吹き飛ばされ
服はずぶ濡れ
立ち上がれず
行く先が
何も見えず
身動きすらできない
そんなきみ

そんなときは
一体どうすればいいというのか
嵐(心)
その身を任せればいい?
台風の目(芯)に 
避難してしまえばいい?

もちろん
嵐(不快な心)が過ぎ去るときは
必ずややって来るよ
けれども
嵐(不快な心)が再来するときも
必ずややって来るよ
生きる とは 
どうやらそういうことさ

確かに
台風の目の中なら 
安全
何が起きたって 
平気
その場所を
侵略することは
いかなる強敵にも
悪魔にさえも 
することができないから

傷が癒えたなら
再び
嵐の中へと
出向こうか
嵐の中を
波乗りしようか
そのままそこで
じっとしていようか
きみはとても悩むかもしれないね

けれどももし
きみが台風の目から
動いたことなんて
かつて一度もないし
動くことだって
これから先もずっとないって
そうぼくが言ったなら
きみはおどろくだろうか

芯(きみ)はね
芯(きみ)でしかないだけに
心(きみ)としてのきみのことも
この世界(きみ)のゆくすえも
ぜ~んぶ
ぜんぶ知ってる
そりゃそうだよね
ぜんぶがきみなんだもの

あわてなくても大丈夫
誰もきみを
せかしてなんていないよ
無理に成そうとしなくても大丈夫
誰もきみに
求めてなんていないよ

きみにとって
必要なことは
きみの実体である
芯(神)
何もかもを
すべて知っている

きみにとって
必要なことは
きみの実体である
芯(神)
何もかもをすべて
完璧に用意してくれている

きみがいま
逆境にあろうとも
きみがいま
順境にあるとも
いつ いかなるときでも
きみは
台風の目(神)から
一歩たりとも
動いてなんていないし
これから先も
動くことはないんだ










今日はどんな一日になるだろうね
あるいは どんな一日だったかな
きみにいかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
「ふしぎ発見!」は変わらず
きみの奥深くによりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見!」へといざなう楽曲を紹介するね

「イキルサイノウ / plenty(プレンティー)」
作詞 江沼郁弥

器用にならずに正直でいるのさ
イキルことにサイノウはいらない






この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。
関連記事

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

ネリムさん

こんばんは。
ありがとうございます。

「自分」

これに勝る強敵をぼくは知りません。まさにラスボスですね。

No title

konchikiさん。いえ、オレは別になにもしてないす。この場所やどみどりくんが好きでただ言いたいこと書いてるだけだし。自分のためにそうしてるだけだし。ありがとうなんて言ってもらえるほどのことなんてなにも。オレが書いたことがなにか役に立ったんだとしたら礼を言わなきゃなんないのははオレのほうです。

こんにちわ
素敵な詩だなと思いました。
強敵が現れても負けないようにしたいです。

yoku358さん

ドボン!!!

yoku358さん、本当にありがとうございます。

島さん

お久しぶりです。
詳しいことはわかりませんが、様々な探求を経て、ここに戻ってきてくださったのですね。

ひとつ、お言葉なのですが、
目の前の岩を動かしたいんだけど、ぼくの力だけじゃ動かせないから力を貸してほしい。
あるいは、この数学の問題を解きたいんだけど、その方法を教えてほしい。
そういうときに誰かを必要とすることはこれからも何度もあるかと思いますが、「真理」という問題に関して、ぼくが誰かに教えを乞うたり、誰かを必要とすることは、この先二度とありません。

陰ながら応援してます。
ありがとう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

konchikiさん

konchikiさん、いつも見てくれていて、心配してくれていたんだね。

ブログの更新、まちまちになっちゃってごめんね。
個人的な事情で、なかなかブログに手が回らなくてね。

でも、まちまちでもなんとか続けて行くからさ。ぼくにインスピレーションが起こる限りは(これが途絶えたらさすがにわからないけれど)。

なるだけ初心を忘れず、なるだけ工夫を凝らすことを忘れず、なるだけ驕らず、最善を尽くしていく心積もりだからさ。

いつも。いつも。本当にありがとう。

sayamaさん

sayamaさんのコメントがぼくを何度でもよみがえらせるよ!

yoku358さん

振り返れば、あらゆる不幸や逆境は「笑い話」だったり、あるいは「今の自分までを形成するに必要だったパーツ」です。

ぼくは殺人を犯したりだとか、冤罪で何十年も閉じ込められたとか、取り返しのつかない事故を起こしてしまっただとか、果たしてのちに笑い話にできるのかどうか?というような過去を持っていないので、果たしてそんな体験を経てもそう思えたのかどうか、定かではありません。

いや、きっと思えなかったにちがいありません。
こんなブログも書けなかったにちがいありません。
けれどもこうしてぼくは、このブログを書いています。
こうしてこのブログを書くことが、ぼくに用意された順路だったからです。「もし」は本当はないからです。
そして、目にする少ない人々の中に、このブログがきっかけで「そう思える人」が現れるかもしれませんし、現れないかもしれません。

ぼくはどちらでもいいと思っています。
最善は尽くします。そのうえで、どちらでもいいと思うのです。
それはブログに限りません。様々なことがそうです。
投げやりになっているわけではなく、
自分が何を求め、何を拒絶し、その結果何が待ち受けていようとも、甘んじて引き受ける心積もりがある、という意味です。

ただただ、「ぼく」という人間を通じて起きつづける体験を、最期の時まで享受しつづける。
ぼくにできることはそれだけです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

そろそろ、私も存在を消す時がきたようですね
存在は、そこに在る必要もなく
自分が、自分で在ればいい・・・・・

No title

これ、やっぱり言いたかった

sayamaさん いつもありがとう

No title

なんだかsayamaさんのコメに泣いたよ

なんどでも蘇る。私も


どみどりくん、元気そう
いつもありがとね

No title

人生最大級のピンチに遭遇してる。でもこのふしぎ発見が何度でもオレをよみがえらせる。

No title

台風(思いもよらない状況)が過ぎ去った後に残るのは、「傷」ではなく
「智慧」なのだと、今回の経験で思いました。
どみどりくん的に言うと、思い出す!という事になるのでしょうか?
詳しくはブログに書きましたので、お暇なときにでも覗いてみてくださいな~
そして、あの時土足で首根っこを踏んづけられた思いが今分かりました。
今回の経験と繋がっていたんだね。どんなに相手に罵倒されても
自分の意思を貫き通す勇気と、本当は誰からも傷つけられてさえ無かったのだという事が、確信に変わりました。
だって、今こうして振り返ると「あ~あんな事もあったわ」くらいの事だからです。
このブログが役に立ってると思った方はぼく↓をクリックしてもらえるとうれしいです。
最新投稿
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
「どみどりくん」あるいは「じゃっく」へのメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
どみどりな応援者
RSSリンクの表示
QRコード
QR
やあやあ、よく来てくれたね。

じゃっく&どみどりくん

Author:じゃっく&どみどりくん
オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』の、姉妹ブログ『どみどりくんの、世界ふしぎ発見』に遊びに来てくださりありがとうございます。管理人のじゃっくと申します。

『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』が「表通り」を行くブログなら、こちらのブログは「裏通り」を行くブログです。
両方合わせてようやく私のメッセージの完成形となりますが、選り好みして「表通り」だけ見てもらってもまったく問題ありません。
来るべきときが訪れたなら、おのずと「裏通り」も歩かされている自分を発見されますから(ニヤリ)

で、この「裏通りブログ」が何故に必要なのかと申しますと、早い話が「表通り」だけでは解決できない、処理しきれない問題(絶体絶命のピンチ)に、人は前触れもなく遭遇するからです。
誰しものそのときのためにこそ、私「じゃっく」が、フシギニストである「どみどりくん」に扮し(チャネリング?)ながら、この「裏通りブログ」は存在し続けます。


「世界ふしぎ発見」とは言っても、某テレビ番組が世界における「目に見えるふしぎ」を発見して紹介するのとは趣がちがい、このブログでは世界における「目には見えないふしぎ」の発見を書き記することを趣旨としています。

ですが、「目には見えない」とは言っても、「UFO」「超能力」「幽霊」といった類のものとは趣が違いますし、「スピリチュアル」ともまたちょっと違うのかもしれません。
「哲学」「宗教」とも言い切れませんし、「自己啓発」「人生哲学」ともまた少し違うかもしれません。

しいて言うなら、みなさんが今まで生きてきた中で、学校教育や家庭教育やマスメディアによって抗いようもなく培われ、育くまれた「常識」「当たり前」「思い込み」「偏見」「先入観」などをとっぱらった先にある「あるがままの世界」あるいは「究極の羅針盤」の発見ってところでしょうか。


たとえばですが、

『きみが何を考え、何に思い悩み、何を行為しようとも、きみ自身は実は何もしていないのさ』

いきなりこんなことを断言されたとしたら、どう思うでしょうか。
「うん、そうだと思ってた!」という方は、おそらくは皆無に近いかと思われます。
おそらくは「あ…ちょっとこの人、ヤバイ宗教とか入ってる感じの人なんだろうな。かかわらないようにしよう…」
おおかたそんなところではないでしょうか。

ですが、私は特定の宗教を信仰していませんし、歴史上の人物や現存するいかなる人物も、敬いはしても崇拝するような対象にはなりません。この先もずっと。




そもそもはこの「裏通りブログ」から私のブログ人生が始まり、私を通路として見い出されるふしぎ発見を、誰かと分かち合い、この「リアル人生ゲーム」に活かしたいがために、2つ目のブログ『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』を作るにまで発展してきました。

「分かち合い」ほどの、いち人生を賭けるに値する究極の財宝、自他一挙両得のベストバイブスは、他に見当たりませんもの。
自分がまずうれしいし、同時に誰かもうれしいだなんて、はっきり言って
最高!

じゃないですか。







「ふしぎ発見!」の終わりに、みなさまを発見へといざなう楽曲も紹介しています。よろしければあわせて楽しんでください。
※和訳した歌詞は、英語力のない私がグーグル翻訳を参考に、個人的解釈で訳したものなので、ちょっとおかしいよっていう訳もあるかと思いますが、大目に見ていただけましたら幸いです。

カテゴリの中の「スーパーふしぎ発見」には、ブログの核となる発見かな、と思われるものを並べています。まあ、だからどうってわけでもありません。

カテゴリの中の「映画」がいざなうふしぎ発見については、ネタバレしているものがほとんどなので、どうか「この映画これから見ようとしてたのに(泣)」なんてことにならないようお気を付けください。

一度投稿した「ふしぎ発見!」も、一年くらい間隔をあけて読み返すと「うーん…なんでこんなふうに書いたんだろう」「この表現は不適切だなあ」「今ならこんな言葉は使わないなあ」といったことがよくあります。
私はまったくいとわず何度でも記事を修正します。
修正することによって、伝えるべきメッセージが進化しつづけていることを私自身実感できますし、過去記事と現在の記事とで違いすぎるがために読者を混乱におとしいれてしまうような事態も軽減されます。
投稿日に対してコメントの日付が古い記事は、「あ、修正した記事なんだな」と思ってください。




ツイッターもやってます。
業者の方や宣伝目的の方じゃなければ、出来うる限りフォロー返ししています。