「合格死体」だけしかない世界だよ BYどみどりくん

「合格したい」

「合格死体」
うっかり誤変換し
送信した
うっかり者がいたんだ



メッセージを受信したぼくは
思わず「キタ!」
膝を打たずにはいられなかったよ




だってね
この世界には
「合格死体」はあっても
「不合格死体」はない世界だから




あるとき
人類史が幕を開けた
そのときから
現在まで
数え切れないほどの
無二の人生があって
数え切れないほどの
無二の最期があった
はずさ

そして人類史は
これから先も
数え切れないほどの
無二の人生を創造し
数え切れないほどの
無二の最期を創造してゆく
んだ




どこの誰とも同じじゃない
「無二の体験」
果たし終えた
あまたの「死体」たちに
「合格」の判を
押しつづけながら──








──ま

別に
「合格」の判がほしくて
リアル人生ゲーム
やってるわけじゃないけどね
決して

IMG_20160807_175324_convert_201608071940501.jpg














きみのその身に
いかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
ぼくは変わらず
いずれきみにおとなうだろう「発見」によりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見」へといざなう音楽

「笑連隊 / 人間合格」
作詞 笑連隊

他人を騙して今日は得した だけどお酒が不味かった
明日は謝り損するかもな だけどお酒は美味いかな
明日は良いことがあるかな それより皆が生きてりゃ良いや
そんな幸せ噛み締めながら 歩いて帰った2時間半



パクチーの種を差し上げます。
詳しくはこちらの記事↓を読んでみてください。

http://domidorikun.jp/blog-entry-435.html

希望のメールを下さった方へ 
メールを送信してから10日経っても届かないようでしたら、またメールください。




この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

「仏」という字。「私」という字に隠された秘密がある世界だよ

「仏」っていう字はね
もともとは中国の「佛」っていう字が
発展していったものなんだそう



でね
「人」「弗」「佛」になるんだけれども
「人」「人間」を意味して
「弗」
打ち消しの意での「ない」ってことが
ひとつの意味なんだって



つまりね
「人間という存在は
ゆめまぼろしみたいなもので
ほんとはなんの実体もない存在なんだよ」

そんなふしぎ発見が
たったの一字に
隠されてることになる





もうひとつ
「私」「禾」
「穂」を意味するらしいんだけれども



仮にもし「私」って
そう言い表すときの
「禾」
「人間」「稲穂」
なぞらえたものだとしたら



「ム」「弗(ない)」だから
「私」
「私が”ワタシ”と呼ぶそれは
ゆめまぼろしみたいなもので
ほんとはなんの実体もない存在なんだよ」

そんなふしぎ発見が
この一字にも
隠されてるってことなのかもしれないね





インディージョーンズもびっくりの究極の秘宝
たったの一字の中に

無題

仏教の神髄
そして
世界中の人々が「人生」と呼んでやまないそれが
「ゲーム」であるという
とっておきの秘密
一字の中に込められている
漢字ってやつはすごいね









きみのその身に
いかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
ぼくは変わらず
いずれきみにおとなうだろう「発見」によりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見」へといざなう音楽

「TELL ME / hide」
作詞 hide

幻覚に踊る身体は
心とは裏腹のパントマイム
ほころびてる傷を埋めるのは
僕が僕で在り続けるため Wow



パクチーの種を差し上げます。
詳しくはこちらの記事↓を読んでみてください。

http://domidorikun.jp/blog-entry-435.html

希望のメールを下さった方へ 
メールを送信してから10日経っても届かないようでしたら、またメールください。




この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

Oh!エライア!エライア!もう信じられないや♪(修正版)

人間てやつはさ 
偉人にめっぽう弱いよね
偉大にもめっぽう弱いし
偉業にもてんでダメ
偉勲にもまるでダメだし
偉功と聞けば
すぐに「ま…まぶしい!」

とにもかくにも 
「偉」がつくものが大好物

でもね
実のところここにこそ
有史以来の
最大のライア!(欺瞞)
ひそんでいるんだ
 





だって
偉大も 
偉業
それを成しえた人物は
自分自身の力だけでは 
指先を動かすことすらも
することができない
んだ
残念ながらね

決して
偉人たちそのもの
偉い
わけじゃないんだよ




 
釈迦も 借金取りも
イエスも レイシストも
ガンジーも 助平じじいも
エアケイも 死刑囚も
お笑いビッグ3も 財閥ビッグ3も
すべての存在が 
無理非の存在
すべての存在が 
無優劣の存在
究極的にはね





いかなる存在であろうとも 
その存在自身は 
いっさいな~んにもしていない
となるとね
 
その
何もしていないはずのその人に
何かをさせているもの
 
それとはなんだと
きみなら思うだろう
人生という名の
生なる体験
それをさせているもの 

それとはなんだと
きみなら思うだろう



 
 
 
 


IMG_20160717_172852.jpg
ベランダで採れるうちのミニトマトは格別!ですが
このミニトマトたちもまた
自分たちの力だけでは
へたひとつ形成することもできません
 





 
 
 
 
きみのその身に
いかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
ぼくは変わらず
いずれきみにおとなうだろう「発見」によりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見」へといざなう音楽
 
「Liar! Liar! / B'z(ビーズ)」
作詞 稲葉浩志
 
Oh! ライア!ライア!もう信じられないや
迷路みたいだ オトナのパラダイス
いいか悪いか それだけじゃ甘いや
アレやコレで地球だって回らぁ




パクチーの種を差し上げます。
詳しくはこちらの記事↓を読んでみてください。

http://domidorikun.jp/blog-entry-435.html

希望のメールを下さった方へ 
メールを送信してから10日経っても届かないようでしたら、またメールください。




この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

すべての人に「相対認識アプリケーション」がインストールされた世界だよ

この世の
あらゆる苦しみの元凶
それは──




「好き」と
「嫌い」とを
認識できてしまうことにあるよ





「上がる」と
「下がる」とを
認識できてしまうことにあるよ




「多い」と
「少ない」とを
認識できてしまうことにあるよ




「羨望」と
「嫉妬」とを
認識できてしまうことにあるよ




「広い」と
「狭い」とを
認識できてしまうことにあるよ





「快楽」と
「苦痛」とを
認識できてしまうことにあるよ




「明」と
「暗」とを
認識できてしまうことにあるよ




「進展」と
「停滞」とを
認識できてしまうことにあるよ




「繋がり」と
「孤独」とを
認識できてしまうことにあるよ




「うれし涙」と
「くやし涙」とを
認識できてしまうことにあるよ







イヤなほうだけを
削ぎ落とすことは
きみがどう足掻いたところで
泣きわめいて叫んだところで
どうしたって
かなわないんだ





なぜならば
昇りつづけるだけの太陽なんて
存在しえない
ように
打ち寄せるだけの波なんて
存在しえない
ように
すべての人の肉体には
あらかじめ
相対するそれらすべての概念が
必ずや『両方セット』で認識されるプログラムが
寸分の狂いなくインストールされている
から




すべての相対が認識可能となる
その基本アプリケーションは
PCで言えばOSに値するけれども
その人の顔や体のカタチ
得手不得手や好き嫌い
生まれ育った環境や人間関係が
オリジナルのその人(主観フィルター)
形成していくよ




なになに
悟りの境地にいたった人は
そのアプリケーションが
アンインストールされたことに
なるんじゃないかって?




いやいや
仮にもし
相対認識アプリケーションが
アンインストールされたなら
その人はもう
この世界には存在していないし
その人の
「その人としてのリアル人生ゲーム」は
終了したことを意味する
んだ




考えてもごらんよ
相対するすべての概念が
ひとつも認識できないその人に
認識できる何かが
相対世界であるこの世界に
たったのひとつでも
残されているだろうかね

──あるはずもないよ



釈迦だって
イエスだって
最期の時は
肉体的苦痛にさいなまれ
今生のリアル人生ゲームを
終えていった
んだもの




アプリケーションの
一時的なフリーズ状態

そういうことが起こりえることは
ぼくも認めるよ
ぼくに起きたこともおそらくは
それだったんだと思ってる

けれども
生命活動を続けている
一人の人間から
アプリケーション全体が
きれいさっぱりに
アンインストールされるなんてことは
まず起こりえない

きみがきみとして
この世界を
リアル人生ゲームを
体験し
プレーしている
その限りは





もし
プレーが続行できなくなったなら
ゲームを強制終了してしまいたくなったなら
ぼくのところへおいでよ
なにができるわけでもないんだけれども
話を聞くぐらいならできるよ

DSCN0120_convert_20160726004252.jpg











きみのその身に
いかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
ぼくは変わらず
いずれきみにおとなうだろう「発見」によりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見」へといざなう音楽

「マルシェ / Kick The Can Crew (キック・ザ・カン・クルー)」

上がってんの? 下がってんの? 皆はっきり言っとけ(上がってる!)
上がってんの? 下がってんの? 皆はっきり言っとけ(上がってる!)
Yeah 誰も置いてかない こっちの世界も覗いてかない?
連れてきたい 触れてみたい てか すべてが見たいんだ




パクチーの種を差し上げます。
詳しくはこちらの記事↓を読んでみてください。

http://domidorikun.jp/blog-entry-435.html

希望のメールを下さった方へ 
メールを送信してから10日経っても届かないようでしたら、またメールください。




この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

大海原へとサーフィンをしに来た世界だよ

「現状に満足することなかれ
現状に満足し
安住することは
後退を意味する」




いつだったか
とある会社で
いかにもやり手経営者らしい 
こんな経営理念を
目にしたんだけれども
でも



現状に安住する者は
現状に満足しているから
そうして安住しているわけではなく
安住からの転落
そのことを体験し
学ぶための
その下準備として
今は安住している

それだけのことさ



現状に安住しない者は
現状に満足しないから
そうして安住を嫌うわけではなく
転落からの向上
そのことを体験し
学ぶための
その下準備として
今は向上心を発揮している

それだけのことさ




リアル人生ゲーム
その大きな海原で
あがきつづける限り
荒波はうねり
さざ波はうれい
上がったり 
下がったり
上がったり 
下がったり
そのくりかえし




 
ひとつ
秘密を明かしておこうか





すべての人の
その足首には
リーシュがあって
サーフボード
つながっているよ
kyle-leash_674756a6-402a-49a8-9646-9aee99b81977-e1453606945115_convert_20160723220347.jpg




にもかかわらず
気づいていない人が
ほとんどみたいだ




まれに
その真実に気がつき
高波も
低波も
逃さずエンジョイ
体験と発見の水しぶきを散らしながら
波乗りし始める

そんな人を見かけるよ

なにもそれは
いい大学を出てるとか
難しい資格を持ってるとか
IQが高いかどうかとか
栄誉ある賞を受賞してるとか
健常者かどうかとか
勝ち組かどうかとか
悟ってるかどうかとか
そんなことが
そういう人になるための条件では
ぜんぜんない
みたいで




そんな人は
現状から後退するどころか──

前進することからも超越し
真なる安住と 
一体化するんだ


そんな人
とは
実を言えば
未来のきみのこと



いかなる
優劣や良否や
是非や理非の荒波が
きみに押し寄せようとも
きみの足首と
サーフボードとをつなぐ
見えないリーシュを切断することは
誰にも
どんな人にも
絶対にすることなんてできない
から
だからね
遠慮なく大海原で
サーフィンしておいでよ
P1030869_convert_20160723214606.jpg




ある日
気がつけばきみは
大海原そのもの
なっているはずだから










きみのその身に
いかなる逆境や順境が待ち受けているとしても
ぼくは変わらず
いずれきみにおとなうだろう「発見」によりそっているよ

今日のきみを「ふしぎ発見」へといざなう音楽

「ファイト! / 中島みゆき cover by 満島ひかり」
作詞 中島みゆき

勝つか負けるかそれはわからない 
それでもとにかく
闘いの出場通知を抱きしめて 
あいつは海になりました




パクチーの種を差し上げます。
詳しくはこちらの記事↓を読んでみてください。

http://domidorikun.jp/blog-entry-435.html

希望のメールを下さった方へ 
メールを送信してから10日経っても届かないようでしたら、またメールください。




この土壌(ブログ)に植えられた種(言葉)は、訪れたその人が読むことによってのみ、開花します。
ふたつと同じ花が咲くことはなく、訪れたその人だけの、その人に出逢う運命を担っていた花です。
この土壌に意義を見い出した方は、ご支援のワンクリックをいただけましたら幸いです。

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

このブログが役に立ってると思った方はぼく↓をクリックしてもらえるとうれしいです。
最新投稿
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
「どみどりくん」あるいは「じゃっく」へのメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
どみどりな応援者
RSSリンクの表示
QRコード
QR
やあやあ、よく来てくれたね。

じゃっく&どみどりくん

Author:じゃっく&どみどりくん
オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』の、姉妹ブログ『どみどりくんの、世界ふしぎ発見』に遊びに来てくださりありがとうございます。管理人のじゃっくと申します。

『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』が「表通り」を行くブログなら、こちらのブログは「裏通り」を行くブログです。
両方合わせてようやく私のメッセージの完成形となりますが、選り好みして「表通り」だけ見てもらってもまったく問題ありません。
来るべきときが訪れたなら、おのずと「裏通り」も歩かされている自分を発見されますから(ニヤリ)

で、この「裏通りブログ」が何故に必要なのかと申しますと、早い話が「表通り」だけでは解決できない、処理しきれない問題(絶体絶命のピンチ)に、人は前触れもなく遭遇するからです。
誰しものそのときのためにこそ、私「じゃっく」が、フシギニストである「どみどりくん」に扮し(チャネリング?)ながら、この「裏通りブログ」は存在し続けます。


「世界ふしぎ発見」とは言っても、某テレビ番組が世界における「目に見えるふしぎ」を発見して紹介するのとは趣がちがい、このブログでは世界における「目には見えないふしぎ」の発見を書き記することを趣旨としています。

ですが、「目には見えない」とは言っても、「UFO」「超能力」「幽霊」といった類のものとは趣が違いますし、「スピリチュアル」ともまたちょっと違うのかもしれません。
「哲学」「宗教」とも言い切れませんし、「自己啓発」「人生哲学」ともまた少し違うかもしれません。

しいて言うなら、みなさんが今まで生きてきた中で、学校教育や家庭教育やマスメディアによって抗いようもなく培われ、育くまれた「常識」「当たり前」「思い込み」「偏見」「先入観」などをとっぱらった先にある「あるがままの世界」あるいは「究極の羅針盤」の発見ってところでしょうか。


たとえばですが、

『きみが何を考え、何に思い悩み、何を行為しようとも、きみ自身は実は何もしていないのさ』

いきなりこんなことを断言されたとしたら、どう思うでしょうか。
「うん、そうだと思ってた!」という方は、おそらくは皆無に近いかと思われます。
おそらくは「あ…ちょっとこの人、ヤバイ宗教とか入ってる感じの人なんだろうな。かかわらないようにしよう…」
おおかたそんなところではないでしょうか。

ですが、私は特定の宗教を信仰していませんし、歴史上の人物や現存するいかなる人物も、敬いはしても崇拝するような対象にはなりません。この先もずっと。




そもそもはこの「裏通りブログ」から私のブログ人生が始まり、私を通路として見い出されるふしぎ発見を、誰かと分かち合い、この「リアル人生ゲーム」に活かしたいがために、2つ目のブログ『オルタナティヴ・スピリチュアルの時代へ。みんなと。』を作るにまで発展してきました。

「分かち合い」ほどの、いち人生を賭けるに値する究極の財宝、自他一挙両得のベストバイブスは、他に見当たりませんもの。
自分がまずうれしいし、同時に誰かもうれしいだなんて、はっきり言って
最高!

じゃないですか。







「ふしぎ発見!」の終わりに、みなさまを発見へといざなう楽曲も紹介しています。よろしければあわせて楽しんでください。
※和訳した歌詞は、英語力のない私がグーグル翻訳を参考に、個人的解釈で訳したものなので、ちょっとおかしいよっていう訳もあるかと思いますが、大目に見ていただけましたら幸いです。

カテゴリの中の「スーパーふしぎ発見」には、ブログの核となる発見かな、と思われるものを並べています。まあ、だからどうってわけでもありません。

カテゴリの中の「映画」がいざなうふしぎ発見については、ネタバレしているものがほとんどなので、どうか「この映画これから見ようとしてたのに(泣)」なんてことにならないようお気を付けください。

一度投稿した「ふしぎ発見!」も、一年くらい間隔をあけて読み返すと「うーん…なんでこんなふうに書いたんだろう」「この表現は不適切だなあ」「今ならこんな言葉は使わないなあ」といったことがよくあります。
私はまったくいとわず何度でも記事を修正します。
修正することによって、伝えるべきメッセージが進化しつづけていることを私自身実感できますし、過去記事と現在の記事とで違いすぎるがために読者を混乱におとしいれてしまうような事態も軽減されます。
投稿日に対してコメントの日付が古い記事は、「あ、修正した記事なんだな」と思ってください。




ツイッターもやってます。
業者の方や宣伝目的の方じゃなければ、出来うる限りフォロー返ししています。